サーブ

テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

テニスにおけるサーブは、なぜか「失敗」ばかりが注目される。

ダブルフォルト、は確かに失点ですが、「入れること」だけがサーブの価値になっているような気がしてならないのは、私だけでしょうか?

レベルが上がれば、サーブの力が勝敗を決するケースは多い。

だからこそ、練習からたくさんの「失敗」を経験することが、サーブにおいては大事なのです。

 

テニスにおけるサーブこそ、一番多くの「失敗」が求められる技術である

 


 

■自分のサーブのゴールを、とてつもなく高く設定してみよう

サーブが得意な人、実際に少ない。

これはある意味、チャンスです。

周りのレベルが低いからこそ、チャレンジしたい。

ですが、周りのレベルが低いと、自分も「サーブはこれくらいで、良いか・・・」となってしまうのが、テニスの怖いところ。

とてつもなく、上のレベルをサーブで一度、目指してみませんか?

たくさんの失敗を繰り返していきながら。

 

■アナタが打てるサーブは、もっともっと、種類がある

いつからか、「自分のサーブは、こんな感じ」と決めつけていないでしょうか?

テニス歴が長い、上級者の方ほど、そういう傾向が多い。

もっともっと、たくさん打てる種類があるのに、もったいない。

たくさんの試行錯誤、回転から構え、グリップ、打点、繰り返していますか?

自信を持って、改良を重ねていると答えられる人は少ないんじゃないでしょうか。

 

■「失敗」はやり続けることで失敗ではなくなる

試合の中で新しいことを試して、上手くいかない。

失点する。

ここで止めてしまうから、「失敗」になってしまうのです。

その反省を活かして、練習からカスタマイズしてみる。

私からすれば、勇気を持って試合の現場で試すことが出来た時点で、ほぼ成功に近い。

その結果を活かさない、次へつなげていけない・・・なんて、もったいなさ過ぎです。

 

サーブはどんどん、試していきましょう。

「型」を作るのが大事?

それは、色々と試行錯誤していって、良い感覚を掴んだ時です。

掴めるかどうかは、アナタ次第。

入れていくことだけを念頭に置いたサーブ、もう卒業しましょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある

    サービス力、つまりはサーブの力、ですね。これについて、考えてし…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・・…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  5. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!
  2. ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、センターセオリーの考え方
  3. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  4. テニス 客観視

    その他

    自分に無かったもの、を得ることが出来るのが「試合」です
  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
PAGE TOP