サーブ

40-0で、とっておきのサーブを

目次

サービスゲームで、カウントを意識して準備する。

何の準備かと言えば、とっておきのサーブ、の準備です。

40-0のカウントになれば、ある程度冒険しても良い。

いや、あえて普通にプレーしないくらいの意識で良いんですよ。

アナタ自身、このカウントで打つとっておきのサーブ、考えておきましょう。

きっと、試合で効果を実感出来るはずです。

 
 

例えば、ワイドへの浅いサーブ

40-0のカウントですから、冒険出来る。

ファーストサーブ、を今までと変えてアクセントを付けていくことが大事です。

「入らなくても良いや」とは、違います。

入れたいし、しっかり良いコースに打ちたい。

ただし、自分が今まで打って来たサーブとは変化を付けることは絶対に意識する。

私なら、ワイドへの浅いサーブ。

ここをしっかり狙って、一味違うサーブを相手に意識させる。

打っておけば、試合の後半まで相手は意識してくれるからです。



「入らなくても良い」じゃダメ

繰り返しますが、これが大前提です。

40-0だし、入らなくても良いか・・・ではダメ。

どこかに、この弱い心があると、サーブって本当に入りません。

まず、絶対にネットはしない。

ネットを越えて、しっかり変化するサーブを打ちたい。

その結果入らなかった、ならしょうがない。

40-0のカウントで、自分に甘えを作ってはダメなんです。

入らなくても良いじゃない、相手にプレッシャーを与えるチャンスなんだ、という意識は強く持っておきましょう。



40-0になる前から、イメージしておく

試合前から、自分のサービスゲーム前から。

40-0になったら、どうするのか。

これは、イメージしておきましょう。

慌ててとっておきのサーブ、では入るサーブも入らない。

とっておきのサーブは、いつでも自分が取り出せるように。

必要以上に気持ちが昂ったり、緊張したりしては、もったいない。

40-0になる前から、とっておきのサーブへの序章は始まっている。

サーブの実力に関係なく、こういう遊び心って大事だと思いますよ。

   

40-0のカウント・・・難しい!

と思いませんか?プレーするの。

正直、プロ選手ならエース狙い、で良いカウントだと思います。

でも、私たちはそんなに強力なサーブがある訳じゃない。

カウントに応じて、しっかりしたプレーを丁寧にやり切らないといけない。

40-0のカウントでのプレーって、簡単じゃない。

それは試合に出ているみなさんなら、理解出来るはずです。



お勧めの練習法

まず、自分のベースとなるサーブのコースを確認。

その逆、を狙うにはどこ?を考えましょう。

相手は、アナタのベースとなるコース、球種で待っている。

そこを外す、にはどうすれば良いのか。

アナタ自身が考えて答えを出せば、そこに自信が生まれてくるはず。

ぜひ、とっておきのサーブ、作っていきましょう。

待っていても、誰もプレゼントしてはくれませんよ。



サーブが強い人は、研究熱心。

パワーやスピードだけじゃない、変化球で相手を揺さぶる。

これが私たちのサービスゲームの基本、になるはず。

とっておきのサーブ、40-0で打てると・・・試合は変わりますよ。

ラブゲームキープ、のイメージも湧いて来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. サーブ

    スネをラケットで打ったなら、それは「変えろ」のサイン

    みなさんも、何度か経験あるはずです。サーブやスマッシュで、自…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで

    ほとんどの人が、経験している感情だと思います。ダブルスの試合…

  3. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    「相手のリターンが自分のサーブより速い・・・」くらいで、心が折れては試合で勝てない!

    「これは、ヤバイかも知れない・・・」と、試合中に感じてしまう。…

  5. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由

    ファーストサーブが、試合で入らない。この危機感について、なかな…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れていこう

    サーブは常に、リターン側の選手との駆け引きが大事。どんなに速い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  2. その他

    最近考えていることを、お伝えします
  3. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本
  5. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう…
PAGE TOP