サーブ

40-0で、とっておきのサーブを

サービスゲームで、カウントを意識して準備する。

何の準備かと言えば、とっておきのサーブ、の準備です。

40-0のカウントになれば、ある程度冒険しても良い。

いや、あえて普通にプレーしないくらいの意識で良いんですよ。

アナタ自身、このカウントで打つとっておきのサーブ、考えておきましょう。

きっと、試合で効果を実感出来るはずです。

 
 

例えば、ワイドへの浅いサーブ

40-0のカウントですから、冒険出来る。

ファーストサーブ、を今までと変えてアクセントを付けていくことが大事です。

「入らなくても良いや」とは、違います。

入れたいし、しっかり良いコースに打ちたい。

ただし、自分が今まで打って来たサーブとは変化を付けることは絶対に意識する。

私なら、ワイドへの浅いサーブ。

ここをしっかり狙って、一味違うサーブを相手に意識させる。

打っておけば、試合の後半まで相手は意識してくれるからです。



「入らなくても良い」じゃダメ

繰り返しますが、これが大前提です。

40-0だし、入らなくても良いか・・・ではダメ。

どこかに、この弱い心があると、サーブって本当に入りません。

まず、絶対にネットはしない。

ネットを越えて、しっかり変化するサーブを打ちたい。

その結果入らなかった、ならしょうがない。

40-0のカウントで、自分に甘えを作ってはダメなんです。

入らなくても良いじゃない、相手にプレッシャーを与えるチャンスなんだ、という意識は強く持っておきましょう。



40-0になる前から、イメージしておく

試合前から、自分のサービスゲーム前から。

40-0になったら、どうするのか。

これは、イメージしておきましょう。

慌ててとっておきのサーブ、では入るサーブも入らない。

とっておきのサーブは、いつでも自分が取り出せるように。

必要以上に気持ちが昂ったり、緊張したりしては、もったいない。

40-0になる前から、とっておきのサーブへの序章は始まっている。

サーブの実力に関係なく、こういう遊び心って大事だと思いますよ。

   

40-0のカウント・・・難しい!

と思いませんか?プレーするの。

正直、プロ選手ならエース狙い、で良いカウントだと思います。

でも、私たちはそんなに強力なサーブがある訳じゃない。

カウントに応じて、しっかりしたプレーを丁寧にやり切らないといけない。

40-0のカウントでのプレーって、簡単じゃない。

それは試合に出ているみなさんなら、理解出来るはずです。



お勧めの練習法

まず、自分のベースとなるサーブのコースを確認。

その逆、を狙うにはどこ?を考えましょう。

相手は、アナタのベースとなるコース、球種で待っている。

そこを外す、にはどうすれば良いのか。

アナタ自身が考えて答えを出せば、そこに自信が生まれてくるはず。

ぜひ、とっておきのサーブ、作っていきましょう。

待っていても、誰もプレゼントしてはくれませんよ。



サーブが強い人は、研究熱心。

パワーやスピードだけじゃない、変化球で相手を揺さぶる。

これが私たちのサービスゲームの基本、になるはず。

とっておきのサーブ、40-0で打てると・・・試合は変わりますよ。

ラブゲームキープ、のイメージも湧いて来るでしょう。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  2. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  3. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  4. サーブ

    本気で実行出来る人は、そういない

    自分のテニスを、変えないといけない。その必要性は理解していて…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策

    「2度あることは、3度ある」ということわざがあります。これはも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  2. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
  3. 戦術

    ミスをして良いポイントで、ミスは大丈夫
  4. サーブ

    自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則
  5. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
PAGE TOP