テニス サーブ

サーブ

サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

サーブはメンタルが大事・・・。

試合に出ている人なら、痛いほど経験しているはずです。

自分からトスを上げて打つ、考えれば簡単そうなショットですが、この自分主導で打つショットが難しい。

どうにかして自信を付けていく方法は無いものかと悩んでいる人に、荒療治ですがこんな方法もあります。

しっかりチャレンジ体験を積む、ことがテニスでは大事です。

 

サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

 

■本番で狙うからこそ、価値がある!

40-0になったポイント、試合であると思います。

数は少ないでしょうが、このポイントで皆さんはどんなプレーを心がけていますか?

ぜひ、一度チャレンジして欲しいことがあります。

それは、ファーストサーブでしっかり「コーナーでエース」を狙いにいくこと。

スピードではなく、コントロール勝負でエースを狙ってみて下さい。

試合本番で、これをやるから価値があるし、もし本当にエースになったときには、アナタにとってすごく自信になるはず。

サーブに挑む、気持ちの部分が変わるはずです。

 

■待てど暮せど、「自分に対する自信」なんて付かない

私の経験上、自信を付けるには自分から主体的に動くこと。

それも、試合本番でしっかり実践していくことが大事です。

「練習をしっかりやれば、それが自信になる!」は、間違っていませんし、その通り。

ですが荒療治でも、本番で思い切って経験を積んでしまうことが、実は上達への近道だと私は思います。

狙わなければ、絶対にエースも獲れないし成功体験も得られない。

チャレンジは、貪欲に継続していきましょう!

 

■カウントを意識出来れば、サーブはもっと打つのが楽しくなる

サーブが苦手、メンタルが弱くてつい入れにいったりダブルフォルトしてしまう、という人は何かを変えましょう。

カウントごとに、どういうサーブを自分は打とうとしているのか、打たないといけないのか。

これが明確になるだけで、サーブに対する自信は沸いてきます。

まずはそのきっかけとして、40-0のときにはファーストサーブを思い切ってみる。

そう心に決めて、試合に入ってみて下さい。

ぜひ女性の方でも、試合の現場で実践してみて下さい。

 

少しの失敗で、チャレンジを諦めてしまう。

諦めてしまうから、失敗になるのです。

目の前の試合はもちろん大事ですが、アナタの長いテニス人生の中では通過点でしかありません。

通過点であれば、利用する。

練習試合、よりもコンソレでも良いので実践の場でぜひ試してみて下さい。

40-0からサーブのフリーポイントで終わる・・・と、本当気持ち良いですよ。

きっとサーブにも自信、付くはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 走力
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・

    よく「トップスピンサーブのコツを教えて下さい」と言われるんだけど、そう…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?

    厳しいようですが、こういう言葉、試合後には便利です。何だか、ま…

  6. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

特集記事

  1. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る
  5. テニス メンタル

    その他

    私から、「試合に出ているテニスの上級者の方」にお願いしたいことについて
PAGE TOP