サーブ

ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?

強く速いサーブ、よりも「両コーナーにしっかり打てる」人じゃないでしょうか。

これは、ハッタリでも良いので、必要な考え方。

アナタ自身、相手にどう思われるのか、警戒されるのか、が大事。

ぜひ、試合の中でこの作戦は使ってみて下さい。

 

ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

 


 

1.ゲーム内で、ポイントをリードしたら・・・

サービスゲームで、例えば40-0、30-0のようにリードした場面。

この時に、試合の序盤なら私は「あえて、得意じゃない方のコース」にファーストサーブを打つ。

結果的に、入らなくても良い。

相手に、「あのコースもあるのか・・・」と、思わせておくことが大事。

自分の気持ちとしては、捨てるサーブだと思っているので、セカンドサーブになっても慌てない。

この先、ずっと続いていく試合の中で、必要な1本という認識ですね。

これがあると無いとでは、試合の後半大違いなんですよ。

 

2.強い相手にほど、こういう作戦は効く

強い相手ほど、よく観察してくる。

一度打たれたコースは、覚えている、警戒してくれる。

だから、必要なんです。

強い相手に対して、ずっと同じコースのサーブばかりでは、間違いなく踏み込まれて強いリターンを打たれますから。

大事なのは、自分が余裕がある時に、見せ球を作っておくこと。

誰が見ても、ハッキリと「あそこを狙ったんだな」と分かるように、コントロールすること。

これが大事です。

 

3.入れにいくのではなく、厳しいコースを狙おう!

狙いは、あくまで相手への印象付け。

ですから、甘くなってしまうのだけは避けたいんです。

厳しいところを狙ってフォルト、なら大成功!

入れにいって、よく分からないようなコースになったら意味がありません。

相手に印象を残す、ことが出来ませんからね。

苦手コースも、試合の序盤に打っておくことで相手からすると「苦手なの?」という感じになる。

迷ってもらえば、こちらのもの。

リターンで迷い無く打って来られるのが、一番嫌ですから。

 

4.スライスサーブとスピンサーブ、が使えるとベスト

「でも、どうやってコーナーを突くようなサーブを打つの?」と、お考えの方。

良い機会ですので、回転を使い分ける練習をしましょう。

回転が一種類しかないと、コーナーに打ち分けるのって難しいんです、テニスでは。

スピンでセンター、スライスでワイド、みたいに自分の利き腕を活かしていくような回転のサーブ、が必ず見つかるはず。

ぜひ、今までのサーブを一度まっさらにして、新しいサーブを作り上げていくことにチャレンジしてください。

きっと、打ち分けられるようになりますから。

 

回転をかけて、サーブを狙う。

この感覚を、スピンとスライスで養う為に練習する。

私も結構苦労しましたが、グリップを色々試しているうちに、何となく打ち分けられるようになりました。

リードしているときに、相手に色々見せておくこと。

これはテニスの試合の基本、ですね。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. サーブ

    ダブルスの試合は、後からサーブを打つ選手がしんどくなる件

    ダブルスの試合って、みなさんサーブは「先に打ちたい派」ですか?…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい

    サーブの威力を強くしたい!と、思っていない人はいないと思います…

  3. サーブ

    センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

    サーブはとにかく、センターに打ちたい。ダブルスをプレーしている…

  4. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

    テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも…

  5. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく

    速いサーブを打って、相手がリターンする。その時のリターンって、…

  6. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つ…
  2. フットワーク

    ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう
  3. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる
PAGE TOP