サーブ

ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?

強く速いサーブ、よりも「両コーナーにしっかり打てる」人じゃないでしょうか。

これは、ハッタリでも良いので、必要な考え方。

アナタ自身、相手にどう思われるのか、警戒されるのか、が大事。

ぜひ、試合の中でこの作戦は使ってみて下さい。

 

ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

 


 

1.ゲーム内で、ポイントをリードしたら・・・

サービスゲームで、例えば40-0、30-0のようにリードした場面。

この時に、試合の序盤なら私は「あえて、得意じゃない方のコース」にファーストサーブを打つ。

結果的に、入らなくても良い。

相手に、「あのコースもあるのか・・・」と、思わせておくことが大事。

自分の気持ちとしては、捨てるサーブだと思っているので、セカンドサーブになっても慌てない。

この先、ずっと続いていく試合の中で、必要な1本という認識ですね。

これがあると無いとでは、試合の後半大違いなんですよ。

 

2.強い相手にほど、こういう作戦は効く

強い相手ほど、よく観察してくる。

一度打たれたコースは、覚えている、警戒してくれる。

だから、必要なんです。

強い相手に対して、ずっと同じコースのサーブばかりでは、間違いなく踏み込まれて強いリターンを打たれますから。

大事なのは、自分が余裕がある時に、見せ球を作っておくこと。

誰が見ても、ハッキリと「あそこを狙ったんだな」と分かるように、コントロールすること。

これが大事です。

 

3.入れにいくのではなく、厳しいコースを狙おう!

狙いは、あくまで相手への印象付け。

ですから、甘くなってしまうのだけは避けたいんです。

厳しいところを狙ってフォルト、なら大成功!

入れにいって、よく分からないようなコースになったら意味がありません。

相手に印象を残す、ことが出来ませんからね。

苦手コースも、試合の序盤に打っておくことで相手からすると「苦手なの?」という感じになる。

迷ってもらえば、こちらのもの。

リターンで迷い無く打って来られるのが、一番嫌ですから。

 

4.スライスサーブとスピンサーブ、が使えるとベスト

「でも、どうやってコーナーを突くようなサーブを打つの?」と、お考えの方。

良い機会ですので、回転を使い分ける練習をしましょう。

回転が一種類しかないと、コーナーに打ち分けるのって難しいんです、テニスでは。

スピンでセンター、スライスでワイド、みたいに自分の利き腕を活かしていくような回転のサーブ、が必ず見つかるはず。

ぜひ、今までのサーブを一度まっさらにして、新しいサーブを作り上げていくことにチャレンジしてください。

きっと、打ち分けられるようになりますから。

 

回転をかけて、サーブを狙う。

この感覚を、スピンとスライスで養う為に練習する。

私も結構苦労しましたが、グリップを色々試しているうちに、何となく打ち分けられるようになりました。

リードしているときに、相手に色々見せておくこと。

これはテニスの試合の基本、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

    ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  3. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

    試合でサーブが入らない。入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と…

  4. テニス メンタル
  5. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように
  4. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  5. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質
PAGE TOP