サーブ

ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

サーブが上手い選手って、みなさんどんなイメージですか?

強く速いサーブ、よりも「両コーナーにしっかり打てる」人じゃないでしょうか。

これは、ハッタリでも良いので、必要な考え方。

アナタ自身、相手にどう思われるのか、警戒されるのか、が大事。

ぜひ、試合の中でこの作戦は使ってみて下さい。

 

ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと

 


 

1.ゲーム内で、ポイントをリードしたら・・・

サービスゲームで、例えば40-0、30-0のようにリードした場面。

この時に、試合の序盤なら私は「あえて、得意じゃない方のコース」にファーストサーブを打つ。

結果的に、入らなくても良い。

相手に、「あのコースもあるのか・・・」と、思わせておくことが大事。

自分の気持ちとしては、捨てるサーブだと思っているので、セカンドサーブになっても慌てない。

この先、ずっと続いていく試合の中で、必要な1本という認識ですね。

これがあると無いとでは、試合の後半大違いなんですよ。

 

2.強い相手にほど、こういう作戦は効く

強い相手ほど、よく観察してくる。

一度打たれたコースは、覚えている、警戒してくれる。

だから、必要なんです。

強い相手に対して、ずっと同じコースのサーブばかりでは、間違いなく踏み込まれて強いリターンを打たれますから。

大事なのは、自分が余裕がある時に、見せ球を作っておくこと。

誰が見ても、ハッキリと「あそこを狙ったんだな」と分かるように、コントロールすること。

これが大事です。

 

3.入れにいくのではなく、厳しいコースを狙おう!

狙いは、あくまで相手への印象付け。

ですから、甘くなってしまうのだけは避けたいんです。

厳しいところを狙ってフォルト、なら大成功!

入れにいって、よく分からないようなコースになったら意味がありません。

相手に印象を残す、ことが出来ませんからね。

苦手コースも、試合の序盤に打っておくことで相手からすると「苦手なの?」という感じになる。

迷ってもらえば、こちらのもの。

リターンで迷い無く打って来られるのが、一番嫌ですから。

 

4.スライスサーブとスピンサーブ、が使えるとベスト

「でも、どうやってコーナーを突くようなサーブを打つの?」と、お考えの方。

良い機会ですので、回転を使い分ける練習をしましょう。

回転が一種類しかないと、コーナーに打ち分けるのって難しいんです、テニスでは。

スピンでセンター、スライスでワイド、みたいに自分の利き腕を活かしていくような回転のサーブ、が必ず見つかるはず。

ぜひ、今までのサーブを一度まっさらにして、新しいサーブを作り上げていくことにチャレンジしてください。

きっと、打ち分けられるようになりますから。

 

回転をかけて、サーブを狙う。

この感覚を、スピンとスライスで養う為に練習する。

私も結構苦労しましたが、グリップを色々試しているうちに、何となく打ち分けられるようになりました。

リードしているときに、相手に色々見せておくこと。

これはテニスの試合の基本、ですね。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます

関連記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる、サービス側へのメリ…

    ATPファイナルが終わり、プロテニス界もこれからはオフシーズンへ。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

    サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ

    サーブの打点って分かってる?それが分かってないと、どこにトスを…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から余計入らなくなる

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、陥る共通の問題があります。…

  6. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者
  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブは「入れないと失点」という発想、思い切って捨ててみませんか?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    コースを変えるときにミスが増えるのは、なぜ?
  4. テニス メンタル

    その他

    「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?
PAGE TOP