戦術

リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

「そんなの、当たり前だろー!」

みなさん、そう思いますか?

では、そういう方にお聞きしたいと思います。

最近対戦した格上相手の選手に対して、どんな「リスク」を冒すテニスを展開しましたか?

それは本当に、勝とうとして準備した戦術だったでしょうか?

きっと、中途半端だったと思うんですよね。

 

リスク無きテニスで、格上相手は倒せない

 

1.リスクを冒したテニス、はなかなか出来るもんじゃない

実際、私もなかなか出来ません。

やろうとしても、どこかで思いきれない、ような試合が多い。

「普通にやったら、絶対勝てない」相手に、本気で勝ちたいと思ってリスクを冒すのって、言葉以上に難しいんですよ。

それは、なぜだか分かりますか?

テニス界独特の、「あの空気」があるからなんです。

 

2.「あの人、本気で勝とうとしてるよ」と、周りに言われてナンボ

プライドの高い人ほど、リスクを冒せない。

普通のテニスで、自分のテニスで勝負して負けていく、それを仕方ないと考えている。

何より、きっと必死でもがくのって恥ずかしいという気が先に立ってしまう。

みなさんも、心当たりないですか?

「あの人、あんな手を使ってまで勝ちたいの?」と思われるのが、怖い。

試合に勝ったとしても、「姑息な手段」だと思われたらどうしよう・・・と億劫になる。

姑息も何も、正々堂々テニスのルールで戦っている訳ですから、何も恥じる必要は無い。

むしろ、普通にやったら勝てないのに普通に戦おうとする、こと自体が恥ずかしいことだと思いますけどね。

 

3.リスクは、正しく冒すに限る

どうも、ここを勘違いしている人が多いように思います。

強い相手には、当たって砕けろで色々やってみる。

それでダメなら仕方ない・・・ような人、一見リスクを冒しているようですが、実はそうじゃない。

自分がやりたいように、実は楽しているだけかも知れません。

リスクは、正しく冒す。

この意味、テニスの試合で考えてみて欲しいんです。

私が考える正しさとは、「失敗しても、相手に嫌がられるような作戦」を実行していくということ。

ネットに出る、ポーチに出る、というのは典型的な「印象に残る、正しいリスクの冒し方」ですね。

だって失敗しても、アナタ自身が前に出たという事実は相手の印象に残る。

普通のラリーをしながらも、どこかで警戒してくれるんです。

ポイントを取ったら成功、落としたら失敗、なんてただのギャンブル。

失点しても、相手に傷を残していく。

それが正しいリスクの冒し方、でしょう。

 

4.相手が感じる、「何か違うな、気持ち悪いな」を作っていこう

格上相手に、リスクを冒すテニス。

それはつまり、こういう小さいことを積み重ねていくこと。

簡単に勝てると思ったのに、何かいつもと違う、気持ち悪い。

前衛が気になって、リターンが気持ち良く打てない、サーブもノータッチエースが取れない・・・。

こういうボディブローのような仕掛け、がアナタ自身に出来るかどうか。

ネットプレーも良いでしょうし、リターンからコースを散らす、相手を前におびき出すようなショットも良いですね。

「そういうのを打つのが、そもそも格上相手だと難しいじゃんか・・・」という人、甘えてはいけません。

そこは、まず1球しっかり集中しないと。

意図あるボールを打てば、必ずネットを超えるはず。

リスクを冒すテニス、の一番の敵は、諦めたくなる自分の心そのものですから。

 

勝てない試合を、負けない試合にしていく。

相手が気持ち良くプレー出来ない、ように仕向けていくこと、どんなプレーで出来るでしょうか?

リスクを冒すテニスって、一か八かのギャンブルテニスじゃない。

だって、大事な試合で勝ちたいじゃないですか、格上相手に。

普段の練習から、強い相手に工夫してみる。

そこからアナタらしい、リスクの冒し方が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと

    どんなに準備しても、試合の現場では迷います。だからこそ、試合は…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い

    テニスの試合、風は厄介な存在・・・ですよね。でも、風上ならOK…

  3. テニス テニススクール

    戦術

    大一番での緊張した試合では、「流れる時間のスピードが違う」ことを覚えておこう

    待ちに待った大一番、応援してくれる人もいて、自分の力を発揮したい場面。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

    みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?すごく足が速くて…

  5. テニス 観察眼

    戦術

    弱点は磨くというより、上手く隠せるようになると試合に勝てる

    弱点を、頑張って練習する?それも大事かもしれませんが、そうこう…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく
  2. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス
  4. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革
  5. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう
PAGE TOP