テニス 練習

戦術

相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

プロ選手の試合を観ていると、よくあるポイントパターンですよね。

相手を左右に走らせて、最後は逆を突く。

これって、難しい技術・・・でしょうか?

私は、そうでも無いと思いますよ。

あるポイントさえ押さえておけば、初心者の方でも必ずこのパターンで得点は奪える。

難しいこと、と思って試合でやらないのは損ですよ。

 

相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない

 

1.逆を突く、ことはなぜ出来るのか?

シングルスの試合、左右に相手を走らせる。

打ったら戻る、を繰り返す相手が、だんだん「戻り切れなくなってくる」ことはありますよね。

アナタ自身のショットがよくコントロールされていれば、相手は少しずつ下がりながら、時間を確保しようとする。

その中で、「戻れない」ような時って、どんな場面でしょう?

それは、アナタ自身が打つ瞬間に、「片側が大きく空いている」状態じゃないですか?

つまり、片側の広く空いている場所をカバーしたい、ここに打たれると困る、と思って相手は走る。

その方向に走っているから、逆が付ける。

アナタ自身、しっかりオープンスペースを作ること、がまず第一ですね。

 

2.ほとんどの人は、「オープンスペース」に決めたがる

初中級のみなさんは、つい打ってしまいがち。

コートが空いている、相手が離れた場所にいると、そこにハードヒットしたくなるんですよね。

でも、相手はそこに全力で走って来る、訳ですから。

良いショットでもまた追い付かれるかもしれない。

ここで重要になるのが、今回のポイント。

相手の逆を突くには、「本当にオープンスペースに打ちそう」な恰好を見せること。

素早い構えで、どちらにも打てる態勢、を作ることが第一です。

 

3.意図的にテイクバックを素早く準備しよう

不思議と、構えられるだけで人は慌てます。

試合慣れしていない選手だと、相手が構えただけで「打たれる!」と思うんですよね。

当然、オープンスペースがあれば、必死でそこを守らないといけないという衝動にかられる。

この構え、を見せることが出来れば、逆を突くショットは7割が完成したようなもの。

後は、その構えから相手がいる場所、に打てば逆を突くショットは完成です。

シンプルに考えれば、すごく楽じゃないですか?

 

4.加えて前に入る、ことで更に相手の時間を奪う!

相手をしっかり走らせているなら、そこから深いボールより浅いボールが来る可能性も高い。

ここで、しっかり前に入りながら3.の構えで逆を突く。

シングルスで強い選手の、一番典型的なポイントパターンじゃないでしょうか。

難しく考える必要、ありません。

まずは相手を走らせて、オープンスペースを作る。

そこに打ち込む構えを早めに作って、相手のいる場所に打つ。

シンプルに、この作業だけで完成ですから。

今のアナタのショットのレベル、で実践すれば充分です。

 

逆を突くのって、実はすごく楽なんですよね。

だって、ターゲットがいますから、相手という。

その相手は走り抜けてくれる、だから相手がいる場所に打つことでエースになるんです。

逆を突くようなストローク、ボレー、しっかり前に入りながら打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    全ての戦術は、本気で実行するから成功する

    テニスの試合、色々な作戦、戦術があります。でも、たくさん用意し…

  2. テニス メンタル

    戦術

    足が速い相手と、かけっこ勝負をしてはいけない

    みなさんの周りにも、こういう選手はいませんか?すごく足が速くて…

  3. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  4. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

    私たちの生活、以前と変わってきたこと・・・。年齢が30代の私が…

  5. テニス リターン

    戦術

    ミスが少なくなった自分は、実感し辛い

    色々と意識して、実際に試合に勝てるようになっていく。結果が出始…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ
  2. サーブ

    セカンドサーブで行き詰まったら、この作戦
  3. テニス ハードコート

    戦術

    もうすぐ開幕の全米オープン前に確認したい、「ハードコートでのテニス」が難しい理由…
  4. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう
  5. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
PAGE TOP