テニス リターン

シングルス

シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」を徹底しよう

シングルスの試合で、粘り強い相手を攻略していくこと。

テニスのトーナメントで勝ち上がれるかどうかは、ココにかかっていると言っても過言では無い。

しっかり作戦立てて準備出来れば、シコラーだって怖くない。

今回は基本的な作戦を、確認していきましょう。

 

シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」を徹底しよう

 


 

1.「逆を突いて前」が、シングルスの試合での基本プラン

ストロークの試合の中で、ポイントをどう組み立てていくか。

その基本プランには、まず「逆を突いたら前で仕留める」という形を置きたい。

ハッキリしたアプローとからのネットプレーだと、今のご時世パッシングショット側が強い。

であれば、ストロークで上手く逆を突けたときには、それを確認してから前にいく、でも充分有効。

なぜなら、相手はかなり後ろにいて、スライスのようなショットでしのいでくるからです。

 

2.サービスライン付近で、ドロップボレーが打てれば最高

恐らく、逆を突かれた相手は山なりで返球しようとしてくるはず。

アナタはサービスライン付近で、ボレー出来るでしょう。

このときに、浅めにドロップボレーのような形で打てると相手は嫌なはず。

ベースラインよりも1メートルくらい後ろにいるはずですから、浅いボールへの反応は遅れる可能性が大。

無理に深く打とうとしても、アウトする可能性もありますし追いつかれるかも知れない。

後ろで動くのは得意なのが、粘りが身上のシコラー選手。

どんどん前、に来てもらいましょう。

 

3.シコラーに「無理をさせる」ことが出来れば、試合に勝ったようなもの

そもそも、なぜ「シコラー」が強いのか。

それは、無理をしないテニスを継続していけるから。

後ろで粘って、相手に無理をさせる。

そんな環境のままで試合を進めていては、そりゃ相手の戦略にはまってしまいますよ。

どんどん無理、してもらおうじゃありませんか。

その為には、逆を突くことで焦らせる、前に出ることで更に焦らせる・・・という2段構えが有効です。

 

シコラーが苦手な人は、視点を変えましょう。

相手が嫌なシチュエーション、は何かを考える。

自分は安全なところにいて、相手を手玉に取るのがシコラーの基本的な考え。

どんどん焦らせれば、意外と早くボロが出るかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、なぜダウンザラインのリターンが必要なのか?

    シングルスの試合で、リターンから攻撃していくとき。ぜひ、ダウン…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  3. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスのネットダッシュは、必ず1フェイント入れよう

    シングルスのネットプレー、みなさんにキーワードを一つ。華麗に前…

  4. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのときは・・・?

    少し、イメージしてみて下さい。勝てばアナタは優勝、シングルスチ…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

特集記事

  1. サーブ

    ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回の…
  2. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、いつも他人のせいに出来る
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの神様がいるのなら、アナタ自身は「テニスコート上でいつも試されている」とい…
PAGE TOP