テニス リターン

シングルス

シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」を徹底しよう

シングルスの試合で、粘り強い相手を攻略していくこと。

テニスのトーナメントで勝ち上がれるかどうかは、ココにかかっていると言っても過言では無い。

しっかり作戦立てて準備出来れば、シコラーだって怖くない。

今回は基本的な作戦を、確認していきましょう。

 

シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」を徹底しよう

 


 

1.「逆を突いて前」が、シングルスの試合での基本プラン

ストロークの試合の中で、ポイントをどう組み立てていくか。

その基本プランには、まず「逆を突いたら前で仕留める」という形を置きたい。

ハッキリしたアプローとからのネットプレーだと、今のご時世パッシングショット側が強い。

であれば、ストロークで上手く逆を突けたときには、それを確認してから前にいく、でも充分有効。

なぜなら、相手はかなり後ろにいて、スライスのようなショットでしのいでくるからです。

 

2.サービスライン付近で、ドロップボレーが打てれば最高

恐らく、逆を突かれた相手は山なりで返球しようとしてくるはず。

アナタはサービスライン付近で、ボレー出来るでしょう。

このときに、浅めにドロップボレーのような形で打てると相手は嫌なはず。

ベースラインよりも1メートルくらい後ろにいるはずですから、浅いボールへの反応は遅れる可能性が大。

無理に深く打とうとしても、アウトする可能性もありますし追いつかれるかも知れない。

後ろで動くのは得意なのが、粘りが身上のシコラー選手。

どんどん前、に来てもらいましょう。

 

3.シコラーに「無理をさせる」ことが出来れば、試合に勝ったようなもの

そもそも、なぜ「シコラー」が強いのか。

それは、無理をしないテニスを継続していけるから。

後ろで粘って、相手に無理をさせる。

そんな環境のままで試合を進めていては、そりゃ相手の戦略にはまってしまいますよ。

どんどん無理、してもらおうじゃありませんか。

その為には、逆を突くことで焦らせる、前に出ることで更に焦らせる・・・という2段構えが有効です。

 

シコラーが苦手な人は、視点を変えましょう。

相手が嫌なシチュエーション、は何かを考える。

自分は安全なところにいて、相手を手玉に取るのがシコラーの基本的な考え。

どんどん焦らせれば、意外と早くボロが出るかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう

    シングルスの試合での攻めるポイント。これは、まず基本の形から決…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

    社会人になると、特に女性はダブルスでの試合が多くなります。シン…

  4. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

  5. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い

    シングルスの試合、どうしようもなく強い相手、と当たることありますよね。…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    見せかけIフォーメーション、効果は絶大
  3. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  5. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる
PAGE TOP