テニス リターン

シングルス

シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」を徹底しよう

シングルスの試合で、粘り強い相手を攻略していくこと。

テニスのトーナメントで勝ち上がれるかどうかは、ココにかかっていると言っても過言では無い。

しっかり作戦立てて準備出来れば、シコラーだって怖くない。

今回は基本的な作戦を、確認していきましょう。

 

シングルスの試合で、粘り強いストローカー相手の攻撃は「逆を突いて前で仕留める形」を徹底しよう

 


 

1.「逆を突いて前」が、シングルスの試合での基本プラン

ストロークの試合の中で、ポイントをどう組み立てていくか。

その基本プランには、まず「逆を突いたら前で仕留める」という形を置きたい。

ハッキリしたアプローとからのネットプレーだと、今のご時世パッシングショット側が強い。

であれば、ストロークで上手く逆を突けたときには、それを確認してから前にいく、でも充分有効。

なぜなら、相手はかなり後ろにいて、スライスのようなショットでしのいでくるからです。

 

2.サービスライン付近で、ドロップボレーが打てれば最高

恐らく、逆を突かれた相手は山なりで返球しようとしてくるはず。

アナタはサービスライン付近で、ボレー出来るでしょう。

このときに、浅めにドロップボレーのような形で打てると相手は嫌なはず。

ベースラインよりも1メートルくらい後ろにいるはずですから、浅いボールへの反応は遅れる可能性が大。

無理に深く打とうとしても、アウトする可能性もありますし追いつかれるかも知れない。

後ろで動くのは得意なのが、粘りが身上のシコラー選手。

どんどん前、に来てもらいましょう。

 

3.シコラーに「無理をさせる」ことが出来れば、試合に勝ったようなもの

そもそも、なぜ「シコラー」が強いのか。

それは、無理をしないテニスを継続していけるから。

後ろで粘って、相手に無理をさせる。

そんな環境のままで試合を進めていては、そりゃ相手の戦略にはまってしまいますよ。

どんどん無理、してもらおうじゃありませんか。

その為には、逆を突くことで焦らせる、前に出ることで更に焦らせる・・・という2段構えが有効です。

 

シコラーが苦手な人は、視点を変えましょう。

相手が嫌なシチュエーション、は何かを考える。

自分は安全なところにいて、相手を手玉に取るのがシコラーの基本的な考え。

どんどん焦らせれば、意外と早くボロが出るかも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  2. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  3. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ

    シングルスの攻撃の基本、改めて確認しておきましょう。これは、当…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い

    シングルスの試合で、ポイントを取っていくときに、意識したいこと。…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

特集記事

  1. テニス 陸上

    戦術

    テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です
  3. テニス メンタル

    その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について
  4. 戦術

    試合に勝てる選手になりたいなら、「同じシチュエーションで自分が取ったポイントパタ…
  5. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない
PAGE TOP