テニス 打点

戦術

テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。

ナイスショットが入っているときは良い、ですが入らなくなってからが大変。

元々粘れる技術が戦術が無いので、もう崩れていくしかない。

そんな選手に、アナタ自身なってしまってはいませんか?

大事なのは、自分の武器を発動できる「ポジション」を意識することです。

 

テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

 


 

■攻撃しているつもりが、相手に「無理な攻撃」をさせられていないか?

自分としては、気持ちよく攻めている・・・つもりが、どこかおかしい。

いつの間にかミスが増え、どこか窮屈で打つコースが少ないように感じてくる。

そんなときは、相手の作戦にはまってしまっている可能性が高い。

試合巧者の相手は、いつでもアナタに「無理をさせよう」と仕掛けてくる。

時には美味しい餌も用意して、アナタのポジションを動かそうとしてくることに、騙されてはいけません。

 

■攻撃力を発揮するには、最低限コートの内側のポジションを取りたい

私はいつも、コートの内側に入ってボールを引き付けられたときには、攻撃的に展開するようにしている。

ストロークであればダウンザラインに展開したり、大きく構えてドロップショットを打ってみたり。

コートの後方からこういった攻撃をしようとしても、無理やりで失敗するだけ。

しっかりポジションから自分で「奪取」出来た時に、初めて良い攻撃が出来る、のがテニスです。

 

■自分の武器を使えるポジション、を把握しよう

例えば錦織選手、であればドロップショットという武器がある。

これを使うポジションは決まっていて、フォアハンドで回り込んでしかもコートの内側に入れているとき。

このポジションが取れていれば、ダウンザラインも打てるし逆クロスのフォアハンドの強打も出来る。

だからこそ、相手もドロップショットが読めない、警戒出来ても触れないのです。

ショットの精度は、そのショットそのものだけじゃない。

打つ場所、ポジションまで含めて、その人のショットの精度なのです。

 

テニスの試合における良いポジションは、どこなのか?

一つの大事な視点としては、「アナタの武器を一番活かせる場所」です。

ダブルスでもシングルスでも、自分が攻撃してくには適した場所がいくつかあるはず。

いかにそのポジションで良い打点に入れるか、を考えてみる。

そうすると、もう試合でやるべきことは逆算で見えて来ますよね。

厳しい場所から無理してばかりだと、いつまで経っても自滅キャラで3回戦負けですよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない

    一事が万事、ですね。テニスも日常生活も、私はすごく近いと思って…

  2. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない

    試合のときに、調子が良い悪いの差が激しい人。こういう人は、結果…

  3. テニス ガット

    戦術

    ボールは打ち返しながら、「選ぶ」という感覚が大事

    試合で安定感がある人が、何を考えているのか。普段、ラリーしてい…

  4. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる

    テニスの試合では、必ず勝敗、という形で結果が出ます。それは、ど…

  5. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

    アナタが出場する試合。そこで考えないといけないのは、「いかに強…

  6. テニス 楽天

    戦術

    勝ちを拾っていけば、上での試合を経験出来る

    粘って必死に勝つくらいなら、負けた方が良い・・・。そう考えて…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!
  2. テニス 走力

    フットワーク

    「直線ダッシュで高速スィング」ができるようになると、今のテニスの実力でもスピード…
  3. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう
  5. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について
PAGE TOP