テニス サーブ

サーブ

トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。

何度も、「前に上げる」と書いてきましたが、これだけでは表現として不十分。

なぜなら、身体の前に上げる、のとは少し違うからです。

サーブを打つときに、私たちは基本的に横向きになる。

ということは・・・考えておかないといけないのは、「前」という言葉も意味が変わってくるということです。

 

トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

 

1.「前」とは、つまり「ネットに近い方向」に上げるということ

つまりは、こういうことです。

サーブのトスアップは、ネットに近い方向に上げる。

ボールをそのまま落とすと、コートの中に入るくらいでちょうど良い。

トスアップしたボールを、一度そのままコートに落としてみましょう。

コートの内側、30cmくらいにしっかり入っているかどうか。

ここを確認しておかないと、ただ「前、前・・・」と思っていても感覚がつかめない。

何となくで打ってしまっているようでは、いつまでも微調整、でしかないですからね。

威力のある安定したサーブには、しっかり「ネット方向」に向けたトスが大事です。

 

2.自分の前に上げているつもりでも、それは「横」です

横向きを作って、何も考えずに前に上げると・・・それは横、ですね。

なぜならベースラインと並行の向き、になっているから。

トスアップしたボールを落としても、コートの外側かベースライン上、くらいでしょう。

これでは良いサーブは打てない、打点が後ろで力が伝わらないですからね。

思い切って、変えていくべきは腕の動かす方向です。

右利きの方なら、ボールを持った左腕をネットの方向に出していく。

そうすると、上手くトスがネット方向、に上がっていくはず。

最初は、すごく打ち辛いと思います。

ボールが視界から外れる、ように感じるので難しいですが、練習すれば大丈夫。

自分のトスアップ後の視界、にも慣れていきましょう。

 

3.ネット方向にトスアップするから、ネット方向に力を伝えられる

サーブ&ボレー、なんてまさにそうじゃないですか。

ボール方向に、そのまま力を伝えていける、そのまま前への推進力になる。

ボールをトスアップした方向が横だと、横のボールを打って前に走る、動作が連動しない。

ネット方向にトスアップ出来ると、ジャンプした形から走り出せるので、すごく効率的ですよね。

リラックスして打てば、そのまま威力も上がるし安定感も出る、回転系のサーブも打ちやすい。

しかも前に走りやすいから、サーブ&ボレーとの相性もピッタリです。

 

4.両腕を大きく開く、イメージでトスアップを

このトスのコツは、しっかり両腕を開くこと。

右利きの方は、左腕をしっかりと遠くにセットする、ネットに近い方向に向けることを意識しましょう。

なかなか、難しいんですけどね。

胸を張るようにして、自分の遠くにトスアップ、をイメージしましょう。

その際に、身体が開かないようにしっかり注意する。

右利きの方は、右肩が早く前に出てしまわないように、トスアップ後にしっかり確認しましょう。

一瞬の我慢、が良いサーブを生む。

トスアップは、その布石です。

 

ネット方向に向かって、トスアップしていく。

これがなかなか、出来ないんですよ。

特に女性の方、シニアの方ですね。

自分の目の前、横にトスを上げた方が打ちやすいと感じるのが自然です。

でも、それは実は非効率なトスアップ。

ぜひ、横向きのままにネット方向、にトスアップしてみて下さい。

きっとサーブ&ボレー、並行陣がプレーしやすいサーブになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を

    試合でサーブ&ボレーになると、サーブ自体が乱れていく人、多いですよね。…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    誰でも一度は経験するあの痛み・・・「サーブで足を強打してしまう人」の問題点はどこなのか?

    サーブ練習で突如湧き上がる悲鳴・・・そう、誰でも一度は経験のあるあの痛…

  4. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

    試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  3. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?
  4. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール
PAGE TOP