テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。

確かにシングルスは一人孤独な闘いですし、サーブのような難しい技術も静かな中で自分から打ち始めないといけない。

精神面のコントロールが試合の結果を大きく左右する、というのも分かります。

ですがこの「メンタル」という言葉には、落とし穴があるようにもありように私は思います。

勝てない理由を押し付ける、ある意味便利なものに、してしまってはいないでしょうか?

 

テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

 


 

■そもそも、「メンタルの強さ、弱さ」って何だ?

メンタルとは精神力の強さ、という表現が正しいかどうか分かりませんが、「自分をコントロールする力」だと考えると、テニスでは考えやすい。

メンタルが強い選手というのは、物事を客観的に見ることができて、自分をコントロール出来て試合もコントロール出来る。

逆に弱い選手はちょっとした変化や自分のミスに感情的になり、いつまで経っても自分をコントロール出来ない。

この強さと弱さは、どこから違いとして出てくるのでしょうか?

 

■「メンタルの強さ」とは「自信の強さ」

私が考えるに、メンタルが強い選手は自信が強い。

この自信というのは危ない言葉で、ともすればすぐに「過信」にも変わってしまう。

そこには「客観性」が無いと、試合で自分をコントロールできるメンタルの強さには変えていけません。

では、どうすれば「客観性」が作れるのか?

それは、「自分の事実、実績を可視化する」ことです。

勝ってきた試合、積み重ねてきた練習、全てを自分の言葉にしてテニスノートに記しておく。

試合の前後や毎日の練習の中で、常に振り返りながら自信を「蓄えていく」ことこそ、メンタルの強さに繋がるのです。

 

■「メンタルが弱い」は、自分で思っても口にしてはいけない

言霊、という言葉が日本にはあります。

言葉は魂となり、実際に自分の行動に反映されていきます。

「メンタル弱いからな・・・」と、小さい声にでも出してはいけない、試合に勝ちたい、勝てる選手になっていきたいのなら。

それは試合に負ける言い訳を、自分で準備しているだけです。

アナタが試合で負けるのは、技術不足、体力不足、そして自分をコントロールする力が相手に劣っていたから。

どこか責任を転嫁してしまうような言葉を、アナタ自身発していないか考えてみて下さい。

 

厳しい話に聞こえるかも知れませんが、テニスにおけるメンタルの強さ、自信の強さは、「自分で作り上げていく」しかないのです。

その為にテニスノートがあり、動画があり、周りの仲間がいる。

自分で行動に移して、自分のテニスをどんどん「目に見える形」にしていきましょう。

そうすることできっと、試合に強いアナタのメンタルが出来上がってくるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

    良い成績、というのは人それぞれ。でも、目標を達成したときには、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

  3. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり

    なぜか・・・テニス界にはこういう人が多い。そして、こういう周り…

  4. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

    試合の中で、緊張しやすい人。特に、相手のマッチポイントのような…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
  2. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
  4. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフ…
  5. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!
PAGE TOP