テニス 客観視

メンタル

這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

私自身、「這い上がったテニス選手」だと思います。

いや、何も全国的な実績も残していないし、大学時代に田舎から関東に出て来て、右も左も分からないままに過ごした毎日でしたが・・・。

でも、なぜか「テニスを辞めよう」とは思わなかった。

吐き気がするくらい悔しい試合も経験したけど、涙が出るくらい嬉しい試合も経験した。

でも、普通の人は・・・悔しい想いをしたら、テニスから離れてしまうでしょう。

だって、あんな想いしたくない、しないようにするには試合に出ないのが一番ですから。

今回はそんな、取り留めの無い話にお付き合いください。

這い上がっていける選手、になれるかどうかがテニス選手の分かれ道

1.なぜ、ゾンビは怖いんだろう

現実の世界には、存在しないゾンビ。

でも映画とかゲームとかで見ると、怖いじゃないですか。

倒れても倒れても、立ち向かってくる。

這い上がって、行くあてが無くてもとにかく動き続ける。

これって、テニス選手にも同じことが言えるんですよね。

試合に負けても負けても、這い上がっていける選手って普通じゃない。

でも、きっとこのサイトをご覧になっている皆さんは、そんな「しぶとさ」があるんじゃないかなと思っています。

まずはそれだけで、素晴らしい才能でしょう。

試合に出ては負け、でもまた出ようと思う魂。

それってやっぱり、凄いですよ。

2.勝負の世界って、一生楽しい

「学生時代は、試合が楽しかったけどね・・・」と、しみじみしている方もたくさんいます。

もちろん、テニスの楽しみ方は人それぞれ。

でも・・・私はやっぱり、大人になっても試合に出たい。

負けることがほとんど、ですけどね。

過去にどんなに栄光の実績、が有っても、大事なのは今どんなテニスが出来るのか。

試合でどんなプレーが出せるのか。

これしかないと思うんですよ。

いつでも、人生のハイライトは今、この時なんだと。

テニスの試合をしながら、考えられるって幸せじゃないですか。

3.そもそも、テニスの大会の仕組みはおかしい

これだけは、書いておきます。

テニスの試合、市民大会や草トーナメント、一般の試合はたくさんあると思います。

でもテニスには、明確な個人の実力を客観的に示すような数値、資格はありません。

それこそ、初心者と現役コーチ、全日本出場者が試合をする、というのも日常茶飯事。

もちろん、それを初心者や初中級の方が楽しい、と思うこともあるでしょう。

でも、ほとんどの試合は違うはず。

「なんでこんな強い相手と試合しなきゃいけないんだ・・・お金払って出てるのに・・・」と思うのが自然。

私が住んでいる地元の市民大会でも、一般市民の方なんてほとんどいない。

出場者は学生選手か現役コーチ、ジュニア時代に実績のある選手ばかり。

これでは、メンタルが打ちのめされていくばかり・・・ですよね。

でも、でもです。

やっぱり、這い上がっていこうと思えるかどうか。

ここに、テニス選手の強さがあると思っています。

4.這い上がって試合に出続けた選手が、最後には勝者になれる

学生の皆さんは、確かに限られた期間で結果を出さないといけない。

でも、焦る必要は無いですよ。

もちろん地元の高校を背負って、大事な試合に出て勝ちたいというのは当たり前。

私自身、そうでした。

でも・・・これだけは言えます。

テニス人生は、長いということ。

這い上がっていける選手になって、言葉は悪いですが死ぬ直前までコートに立っているような人生、悪くないと思いませんか?

高校時代に経験した悔しい想い、大人になって晴らせば良い。

いつでも私は、そんな皆さんを応援しています。

本当に、取り留めの無い文章になってしまいました・・・。

テニスって、楽しいけど残酷。

試合が行われる仕組みの問題、は根深いものがあると思います。

テニスを辞めたくなる、そんな要素で日本は満ちている。

だからこそ、です。

這い上がっていく皆さんを、私は応援しています。

こんな文字ばっかりの、よく分からないサイトをご覧頂いている訳ですからね。

絶対に、損はさせたくない。

そのためにも、私はもっと今まで以上に勉強して、這い上がっていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負ける理由を、「いつまでもメンタルの弱さ」のせいにしているから、成長しない

    テニスは「メンタル」が重要なスポーツ、と言われます。確かにシン…

  3. テニス 雨
  4. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、技術以上に〇〇の差が大きく出る

    テニスの試合、ほとんどが1セットマッチ。この試合形式、競って5…

  5. テニス 団体戦

    メンタル

    テニスの試合で、「団体戦の先鋒の選手」に求められる4つの要素とは?

    秋は団体戦の季節。高校生では選抜予選、各地域のテニス協会主催で…

  6. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり

    なぜか・・・テニス界にはこういう人が多い。そして、こういう周り…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと
  3. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない
  4. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ
  5. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質
PAGE TOP