テニス チーム

その他

テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」です

自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。

それは、必ずしも練習だけではない。

練習はもちろん、そのベースとなる部分を作る上で不可欠ですが、きっかけって、やっぱり試合。

それも、絶対に忘れられないような試合、です。

 

テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」です

 

■「忘れられないような試合」は、ありますか?

アナタ自身、忘れられないような試合はありますか?

私は、鮮明に思い出せる試合が2つ、あります。

両方とも、高校時代に経験した団体戦、ダブルス1の試合でした。

自分たちが獲れば勝てた試合、それも、確実に勝てるだろうと踏んでいた試合。

負けたことが悔しい、恥ずかしい、自分が情けない、そんな試合でした。

でも、その試合を経験していなければ、今もテニスを続けていないしこんな風に記事を書いていることも無かったでしょう。

それくらい、悔しい試合って、「変わるきっかけ」として大事なんだと思います。

 

■「自分を知る」ことは、試合でしか出来ない

いかに自分が小さい人間で、準備不足だったか。

対戦相手と、試合を甘く見ていたかを思い知らされたときに、人は本当に恥ずかしくなる。

その時は、あまり「恥ずかしい」という感覚はありませんでしたが、後々数日経ってみると・・・もう逃げ出したくなる。

初めて、自分を知った瞬間だったと思います。

日常生活や練習では、表に出て来ない自分の弱い部分。

それと向き合ってこその、テニス選手。

皆さんはそういう試合、が出来る環境、ありますか?

 

■待っているだけだと、周りはどんどん強くなっていく

無意識に過ごしていると、何も変わらない。

アナタのライバル、勝ちたい相手は、新しいチャレンジで「悔しさ」を求めて動いているかも知れません。

何か、違うことをしようとする、だけでも良い。

毎日同じ感じよりは、「自分が出来ないこと、思い通りにいかないこと」が増えそうじゃないですか。

そのとき感じる悔しさ、恥ずかしさみたいなものを、感じられるようにしたい。

学生の皆さんだけじゃなく、全ての現役テニスプレイヤーに必要な要素だと、私は思います。

 

つい、私も毎回同じような文章、記事になっていないかと考えてみる。

でも・・・やっぱり何かを「言い換えている」だけだったり、するんですけどね。

文章力も、まだまだ勉強不足。

だからこそ、新しい企画やテーマにどんどん、今年はチャレンジしていきたいと思っています!

皆さんに恥ずかしいモノ、を見せてしまうことも多々あると思いますが・・・お付き合い頂ければと。

宜しくお願いします・・・。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること

    セルフジャッジの試合、みなさんも絶対経験があるはず。「今、カウ…

  2. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大会」を観に行こう!

    来月に開催が目前に迫った、全国選抜高校テニス大会、通称「センバツ」。…

  3. テニス 構え
  4. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  5. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由

    テニスのレベルが上がって来ると、ショットの種類が増えて来る。単…

  6. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです

    硬式テニスって、なかなか中学の部活としては少ない。増やしていこ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ストローク

    テニスの試合では、「どこでラケットダウンさせてる?」を意識するとストロークの安定…
  2. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、テニスの技術以上に経験と準備の差が大きく出…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ず…
PAGE TOP