メンタル

「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている

テニスの試合に勝ち続ける人、は何が違うのか。

自分だって一生懸命頑張って、勝ちたいという想いで試合をしている。

ですが、この部分に関しては、目に見えないだけに実感として差を感じ辛い。

第一シード、で勝ち続けている人、は勝利を求めて飢えている。

この差は大きい、ということだけは覚えておいて下さい。

 

「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている

 


 

1.「勝利の味」を覚えた選手は、強い

勝ち続けている選手は、「勝利の味」を知っている。

知っているからこそ、それを一度味わったら話したくないという想いが強い。

周りから褒められる、自分が勝って喜んでくれること、はテニスをやっていて何より嬉しいことですからね。

勝ちたい、勝利に飢えている相手は、強い。

技術的な問題よりも、一度知った味が忘れられない・・・というような感覚を持っている、という事実は覚えておいて下さい。

 

2.「苦しいときに踏ん張れる何か?」が、アナタにあるだろうか

メンタルが強い選手は、自分が負けていくことを簡単には受け入れない。

苦しいときに、踏ん張れる。

その理由が、アナタにはあるでしょうか?

苦しい練習、を積んできただけでは、理由としては弱い。

負けたく無いなら、その理由をアナタ自身で「言葉」にしておかないといけない。

漠然と勝ちたい、と思うのではなく、苦しいときに踏ん張れるように試合中に「思い出せる言葉」にしておくことが大事です。

例えば私なんかは、「後から悔やんでも、この試合には戻れない」という言葉、をいつも思い出すようにしています。

絶対無二の一球、という言葉もありますが、それは他人が考えた言葉ですから。

アナタ自身、で何か考えてみて欲しい。

負けたくないときに、思い出して強くなれる言葉、何があるでしょうか?

 

3.相手以上に、「勝ちたい意志が強い」ときに、アナタは勝利出来る

抽象的な話になってしまいますが、勝ちたいという意志に結果は比例する。

と、私は感じています。

実力以上に、勝ちたいという意志の強さが差になって、勝敗という結果になる。

気持ちを強く持つって、実際のテニスの試合では難しいじゃないですか。

「あぁ・・・多分負けるな・・・」と思って入る試合、結構多くないですか?

ここを変えていかない限り、アナタは勝利に飢えた相手の餌になり続けるでしょう。

言葉を用意する、というのは有効な手段だと思いますよ。

負けたくない、勝利への飢えを思い出すような言葉。

ぜひ、考えてみて下さい。

 

いつまでも、アナタ自身が飢えている選手の餌になってはいけない。

自分が餌になっているという感覚、悔しい想い、持って下さい。

テニスは厳しい戦いの連続。

苦しんだ先に、嬉しいこと、美味しいと思えることが実感出来る。

それを知って、さらに飢えていく。

これが強いテニス選手の歩む道、だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

  3. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    ストレスやプレッシャーは、アナタの味方です

    試合が苦手、嫌いな人って、どんな人でしょう。まず浮かぶのは、ス…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い

    「熱い試合がしたい!」と考えているテニス選手の方は、多い。先日…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

    試合になるとラケットを振れない、サーブを置きにいってしまう・・・という…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    両手バックハンドストローク、伸びを作るには?
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?
  3. テニス メンタル

    テニス知識

    「スポーツの経験が無い」って、逆にテニスでは武器になる
  4. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「セミショートクロス」を、試合で使っていこう
PAGE TOP