テニス メンタル

メンタル

テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自分にしてみる

有言実行。

テニス選手としては、私は素晴らしい形だと思います。

スポーツにおいて自分がどうなりたい、どういう結果を出したいかということを、周りに伝えることは大事。

ですが、つい伝えただけで満足してしまっている節はありませんか?

 

テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自分にしてみる

 


 

■「いつも口だけ」の選手にならない為に

しっかり目標を立てて、自分の中で努力していく。

テニスに限らず、これが本当に本気で実践出来ている人は意外と少ない。

ましてや、周りに伝えるということは勇気が要りますよね。

中学生、高校生にもなれば言葉には責任が伴う。

だからこそ有言実行、には重みが増すのです。

 

■「目標を口にして満足」している選手は、行動していない

目標を立てて口にしているだけで満足している選手は、行動を観れば分かる。

インターハイに出たいのに、今県の代表になっている選手の情報を持っていない、試合出来る環境を作ろうとしていない。

実際に彼ら、彼女らの代わりとして自分が県の代表になる、ということがどういうことなのか。

自分の目標に対して、正しい知識と覚悟が足りないと、結局口だけになってしまう。

口にするなら、自分で行動目標と計画をじっくり考えてからがベスト。

もちろん、あえて先に口にして自分を厳しい環境に置く、というのも良いこと。

いずれにせよ、とにかくアクションの数と質は、まだまだ足りないという意識を持ちましょう。

 

■言葉にすればそれは責任となり、やがて大きな実を結ぶ

私はまず、目標をしっかり立てて周囲に口にする、ということも大事だと思っています。

私自身、高校時代は口ばっかりの選手でした。

だからこそ、皆さんにはそこに行動を加えて欲しい。

アナタが思っている以上に、アナタの言葉には責任が伴っている、ということを忘れないで欲しい。

「達成しなくても、別に誰にも迷惑かけないし・・・」と思っていては、まだまだ子供じみている。

自分自身の価値を下げてしまう、という危機感を持つ。

その危機感こそ、有言実行で大きな実を結ぶ原動力となるのです。

 

つい、目標は現実的に考えがち。

このあたりは、各自の性格にも寄りますよね。

ですが以前にも書いた通り、テニスでも何でも「望まなければ、得られない」世界なのです。

せっかくなら、高く望んで、周りを巻き込んで、頑張ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心が不可欠

    今自分がいる環境、みなさんはどう捉えていますか?「環境は恵まれ…

  2. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  3. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる

    月曜日から学校、会社。木曜日はテニススクールに行って、土日はど…

  4. テニス グッズ

    メンタル

    相手がボールを打った瞬間、「やっぱりね」と思えるように

    ボールを打ち合う競技、それがテニス。もちろん、経験も大事です。…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    ほとんどの試合は、マッチポイントの前にとっくに終わってる

    テニスの試合での、大逆転。みなさん、どれくらい経験して来たでし…

  6. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがオーバーフォルトで入らないときは、「ラケットの当たり方を根本から見直す」…
  2. テニス メンタル

    その他

    「2015年 インターハイ テニス団体戦」を観て感じた、団体戦に強いチームの特徴…
  3. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から
  4. テニス リターン

    ストローク

    試合の序盤でストロークのネットミスが多いときは、「スタンスを広く、目線を落とす」…
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!
PAGE TOP