テニス フットワーク

メンタル

「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう

メンタルが強い、と言われる人。

試合でも強い人は、しっかりと自分で自分のテニスを受け入れて認めることが出来ている。

逆に試合で勝てない、勝負弱い人は、どこかで「周りに認められたい・・・」という意識が強過ぎて、自分でプレッシャーをかけている。

自分を敵に回しても、良いことは無いですよ。

 

「テニスで周りに認められたい」と思えば、まず自分から自分のテニスを認めてあげよう

 


 

1.「自分のテニス、悪くないじゃん」と思って、試合に入ろう

試合は緊張する、試される場。

だからこそ、そんな場所に立つときには「自分のテニス、悪くないよ」と一声かけてあげる。

自分に声をかける、ということはテニス選手にとって大事な要素です。

だって、普段誰も褒めてくれないし、試合で負けが込んでいくと自分を否定されたようにも思えてくる。

テニス選手は特に意識しないと、自信を失う、のが自然なんです。

自分のテニスは、悪くない。

まずはこう考えることで、試合に対してポジティブなイメージで入っていけるでしょう。

 

2.「周りからどう観られているのか?」は、対戦相手以外、基本無視

つい、考えてしまいませんか?

周りの観客、に自分が「どう思われているのか」について。

私は、対戦相手には自分の印象付け、が必要だと思いますが、観客は基本無視で良いと思います。

ちょっとしたミスにため息をつかれたり、そんなこともあるでしょう。

でも、そこを気にし過ぎても仕方ない。

対戦相手の印象コントロール、に集中すればそれで良い。

観客に「自分を認めて欲しい!」とどこかで思っていると、気が付かないうちにプレーがおかしくなっていくでしょう。

 

3.「認められたい」と焦っている自分に気付くこと

私も学生を卒業して、気付きました。

当時の自分は、本当に焦っていたなと。

「認めて欲しい!結果を出すしかない!」という想いが強過ぎると、絶対にテニスに現れる。

そしてそれは、良い結果を生まない。

焦っている自分に気付く、ことがもし今の学生の皆さんに出来れば、きっともっと良いテニスが出来るはず。

自分で自分を認めること、が出来るテニス。

それって、本当に強いテニスですからね。

 

認められたい、という想いはあって当然。

むしろ、試合のやりがいってそこが大きいですからね。

周りの人が喜んでくれるから、また頑張ろうと思える。

でもその大前提、準備の段階で、アナタ自身が自分で自分を認めてあげないと。

「俺のテニス、悪く無いよな」

この一言、試合前にかけてあげて下さい、自分に。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    アナタのテニスの評価は、他人が下すということを忘れてはいけない

    このことに気付いたのは、バリバリ現役でやっていた頃を終えて、でした。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分が何をしたいかよりも、「何を求められているか」について考えれば、まだまだテニスは強くなります

    皆さんは、「こういうテニスがしたい!」というイメージ、ありますか?…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス 夜
  5. テニス メンタル

    メンタル

    やってきたテニスに、影響を受けない人なんていない

    どうにも、何かを変えようにも難しい・・・。いや、それって当然な…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

    試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  2. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方
  4. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう
PAGE TOP