テニス メンタル

メンタル

0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

相手も強いし自分の調子も悪い。

色々思考錯誤してみたけど、どうにも上手くいかなくて0-5まで追い詰められる・・・。

そんな経験、テニスの試合に出続けていれば必ず経験します。

「もう、負けても良いか・・・」と諦めてしまうのは簡単ですが、ここは思い切った作戦に移行して少しでも勝利の芽を見出したい。

極端な攻撃と、守備とをはっきりさせてみて、勝ちを意識してくる相手に対抗してみませんか?

 

0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

 


 

■「吹っ切れる」とはどういうことか?

よくスポーツの試合で「吹っ切れてプレーできたたから、上手くいきました」という言葉を、インタビューなどで聞きますよね。

あれって、どういう感覚でどういうプレー何でしょうか。

それは私が思うに、「攻撃と守備で、はっきり相手にも分かるくらい大胆にプレーする」ことだと思います。

もう自分としては、何かを守る訳ではなくてリスクを冒してでも攻撃していかないといけない。

その場面では、細かい戦略よりも自分でも分かりやすいくらい攻撃と守備とをメリハリを付ける。

やるだけやって負けるのは、それは仕方の無いこと・・・と割り切るのも、大事なポイントです。

 

■具体的に、「ライン上ギリギリを狙いまくる」ことも一つのアイデア

例えば攻撃であれば、「ライン上ギリギリを思い切って狙う」というのも大いに有り。

大胆さが必要です。

求められるのは、「試合の流れを変える」ようなスーパーショットに近いポイント。

それくらいしないと、試合は動かないのです

その後は、急に守りに入ってみて相手を揺さぶる。

「この選手、まだ諦めてないんだな・・・何をしてくるか、分からないし怖いな・・・」という感覚を、相手に植え付けないといけません。

そういった少しの悩みや周りの応援から、0-5の流れをアナタ自身が変えていかないといけないのです。

 

■「恐ろしい手負いの熊」にアナタはなれますか?

「手負いの熊」は、凶暴だと聞きます。

手負い、とは怪我を負っているいるということ。

猟師からすればほぼ仕留めたと思っていても、急に牙をむいて襲いかかってくる。

テニスの試合も、同じことが言えます。

「勝った」と思っている相手ほど、手負いの熊にやられてしまう。

テニスがメンタルのスポーツだと言われる所以は、そういった部分の要素が大きいと思います。

アナタ自身、今回のような作戦を使って手負いの熊、になって最後まで戦うことをお勧めします。

 

思い切った作戦、終盤で自分が圧倒的なスコアで負けているときには有効です。

例え最後は振り切られても、「どんなプレーが効いたのか」はしっかり覚えておきましょう。

そのプレーが、0-2、0-3くらいのスコアのときに実践できていれば、次は必ず勝つチャンスはあります!

捨てる試合なんて、絶対に無い。

何を自分に活かすかは、全てアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「誰のためにボールを打つのか」テニスの試合で勝つ為に必要な考え方

    ダブルスで重要なことは、パートナーとの連携プレーである。パート…

  3. メンタル

    綺麗に決めている相手、本当は…?

    テニスの試合を観ていると、綺麗に決まるポイントも多い。プロ選…

  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ

    みなさんの周りにも、いませんか?言動に実力が伴っていない人。…

  5. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

  6. メンタル

    「恥ずかしい」という殻を、今こそ破るべき

    大人になってスポーツを頑張る。ましてや、試合に出るなんて・・…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    足下のボレーは難しい?本当に?
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
  3. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い
  4. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?
  5. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない
PAGE TOP