テニス メンタル

メンタル

0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

相手も強いし自分の調子も悪い。

色々思考錯誤してみたけど、どうにも上手くいかなくて0-5まで追い詰められる・・・。

そんな経験、テニスの試合に出続けていれば必ず経験します。

「もう、負けても良いか・・・」と諦めてしまうのは簡単ですが、ここは思い切った作戦に移行して少しでも勝利の芽を見出したい。

極端な攻撃と、守備とをはっきりさせてみて、勝ちを意識してくる相手に対抗してみませんか?

 

0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

 


 

■「吹っ切れる」とはどういうことか?

よくスポーツの試合で「吹っ切れてプレーできたたから、上手くいきました」という言葉を、インタビューなどで聞きますよね。

あれって、どういう感覚でどういうプレー何でしょうか。

それは私が思うに、「攻撃と守備で、はっきり相手にも分かるくらい大胆にプレーする」ことだと思います。

もう自分としては、何かを守る訳ではなくてリスクを冒してでも攻撃していかないといけない。

その場面では、細かい戦略よりも自分でも分かりやすいくらい攻撃と守備とをメリハリを付ける。

やるだけやって負けるのは、それは仕方の無いこと・・・と割り切るのも、大事なポイントです。

 

■具体的に、「ライン上ギリギリを狙いまくる」ことも一つのアイデア

例えば攻撃であれば、「ライン上ギリギリを思い切って狙う」というのも大いに有り。

大胆さが必要です。

求められるのは、「試合の流れを変える」ようなスーパーショットに近いポイント。

それくらいしないと、試合は動かないのです

その後は、急に守りに入ってみて相手を揺さぶる。

「この選手、まだ諦めてないんだな・・・何をしてくるか、分からないし怖いな・・・」という感覚を、相手に植え付けないといけません。

そういった少しの悩みや周りの応援から、0-5の流れをアナタ自身が変えていかないといけないのです。

 

■「恐ろしい手負いの熊」にアナタはなれますか?

「手負いの熊」は、凶暴だと聞きます。

手負い、とは怪我を負っているいるということ。

猟師からすればほぼ仕留めたと思っていても、急に牙をむいて襲いかかってくる。

テニスの試合も、同じことが言えます。

「勝った」と思っている相手ほど、手負いの熊にやられてしまう。

テニスがメンタルのスポーツだと言われる所以は、そういった部分の要素が大きいと思います。

アナタ自身、今回のような作戦を使って手負いの熊、になって最後まで戦うことをお勧めします。

 

思い切った作戦、終盤で自分が圧倒的なスコアで負けているときには有効です。

例え最後は振り切られても、「どんなプレーが効いたのか」はしっかり覚えておきましょう。

そのプレーが、0-2、0-3くらいのスコアのときに実践できていれば、次は必ず勝つチャンスはあります!

捨てる試合なんて、絶対に無い。

何を自分に活かすかは、全てアナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

  2. メンタル

    強くなる勇気

    今まで、どういう人が自分の周りで強くなってきたのか。私自身、…

  3. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ

    一昨日は広島カープがセリーグでの優勝を決め、一つの節目の日となりました…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

  5. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚え…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「中学レベルの技術」でも実践できる、シングルスで勝ちパターンを作る方法4つ
  4. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要
  5. テニス 攻撃

    ボレー

    浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!
PAGE TOP