テニス ストローク

ストローク

逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう

テニスの試合の中で、多く使う逆クロス方向へのショット。

特にフォアハンドは、アナタのストロークでも生命線なはずです。

今回紹介するポイントは、逆クロス方向へのショットをパワーアップさせていくうえで、絶対に欠かせない要素。

初心者の方でも、この意識で変わります!

 

逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう

 


 

何となく上半身だけで打つ、のでは重さは出ない

逆クロス方向へのショットは、何となくでも打ててしまう。

上半身だけで、身体が開いた状態でもボールを飛ばすことは出来ます。

でも、実際にどうでしょう。

それで「重さ」はボールに伝わりますか?

逆クロス、だけじゃなくストレートにも打って来そうな雰囲気、相手に伝わりますか?

重さを重視していくと、しっかり肩を入れて相手に背中を見せるくらいの溜め、が欲しい。

そう、背中が相手に見えてはじめて、しっかり肩が入った状態と言えるのです。

 

自分の背中にマークを付けて、ラリーしてみよう!

高校時代、私はこの練習をしてました。

赤いガムテープを背中に貼って、相手側からそのテープが見えるかどうかを確認する。

見えない、ということは肩の入り方が甘いということ。

相手に背中を見せよう!と思えば、自然と背中に貼ったテープが見えるくらい、しっかり肩が入る。

結構大変な練習です、これ。

早く準備しないとそもそも厳しいし、しっかり逆クロス方向に打つには止まって打たないといけない。

でも、練習でここまで出来ていれば、試合でもかなり近い感じの構え、が出来るはずです。

 

肩が入った状態からの逆クロスは、実は難しくない!

よく考えると、しっかり肩が入れば逆クロス方向へは「まっすぐ打つ感覚」に近い。

肩のライン、足のスタンスのラインは、もう打ちたい方向=逆クロスに向いてますからね。

自然と重たいボール、を打てる後ろから前への力の伝達は出来るはずです。

手先だけでの逆クロス、はもう卒業しましょう。

しっかり、全身全霊を込めた逆クロス。

試合でアナタを相当、助けてくれると思いますよ!

 

逆クロスのフォアハンドストロークに自信が持てると、どんどん試合が勝てるようになる。

多少フォアハンド側を空けても、バックハンド側をしっかりケア出来るしリターンにも使える。

この意識、きっとアナタ自身欠けている部分だと思います。

全仏オープンを見て下さいよ。

みんなガンガン、これでもかと言うくらいフォアハンドで回り込んでるじゃないですか。

肩を入れた逆クロス、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう

    相手のストロークが深い、どうしても自分の足下にボールがバウンドしてしま…

  2. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!

    バックハンドストロークを、強化したいみなさんへ。打点での意識、…

  5. テニス フットワーク

    ストローク

    なぜフォアハンドの回り込みが有効か、と考えると「打てるコースの拡がり」が見えてくる

    テニスの試合で回り込みのフォアハンド、上手く使えていますか?こ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です
  4. テニス ボレー

    ボレー

    前衛で動きまくった後は、「動かないこと」が最高のフェイントになる
  5. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
PAGE TOP