リターン

テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。

その中でも大きなモノの一つが、リターンです。

更にその中でも、「逆クロス方向へ打つリターン」は本当に大事な技術。

今回はその必要性について、まとめてみたいと思います。

きっと重要性に気付いた方から、試合に勝てるようになっていくでしょう!

 

テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

 

■レベルが上がれば上がるほど、センターへのサーブは確実に増える

サーブのコースには特徴がある。

ワイド方向へのサーブが多い試合は、初中級レベルまで。

ワイド方向はサービスエリアの中でも距離があるので、サーブが入りやすい、入れやすい。

でもその反面、リターン側からの角度を付けやすく、反撃もしやすいのが特徴。

その点、センターへのサーブはリターン側からするとまずエースは狙えない。

だからこそ、レベルが上がればシングルスでもダブルスでも、センターへのサーブの配球比率は上がってくるのです

 

■「狙われる」なら対策が必要!

当然狙われるなら対策が必要ですよね。

センターへのサーブのリターン、は逆クロス方向へのリターンになる。

しっかり「逆クロス」の方向に打つことが出来ないと、ダブルスであれば相手前衛にポーチに出られてしまう。

コントロールに必要なのは、踏み込んで打点を少し後ろに設定する、ラケット面をしっかり作る、という意識です。

 

■肩を入れて打点を少し後ろ、グリップが前の状態で打ってみよう

逆クロス方向にしっかりボールを飛ばす為には、まずグリップエンドから出していくこと。

ラケットの先、ヘッドが遅れて出てくるくらいでOK、そうすると若干打点が後ろ目になるはずです。

そうなると、自然に少し振り遅れたような感じになって逆クロスに飛ぶ。

遅れているのはなく、あえて遅らせている、という意識でしっかりボールを引き付けて打ちましょう!

 

センターへのサーブって、すごく速い。

ネットも一番低い箇所を通りますし、サーブが得意な選手はセンターへのサーブに絶対の自信を持っているでしょう。

ですが、サーブが速くても慌てることはありません。

書いたように、少し打点が遅れ気味でも逆クロス方向へのリターンは返球出来る。

普段の練習から、しっかり「逆クロス方向へ飛んでいるか?」を確認しながら、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

    ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。一番…

  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

    全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・…

  3. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  4. リターン

    リターンとストロークは、別物

    テニスにおいて、これは大事な意識。みなさんの中で、どう違いを作…

  5. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  6. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
  3. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に
  4. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えま…
PAGE TOP