リターン

テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。

その中でも大きなモノの一つが、リターンです。

更にその中でも、「逆クロス方向へ打つリターン」は本当に大事な技術。

今回はその必要性について、まとめてみたいと思います。

きっと重要性に気付いた方から、試合に勝てるようになっていくでしょう!

 

テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

 

■レベルが上がれば上がるほど、センターへのサーブは確実に増える

サーブのコースには特徴がある。

ワイド方向へのサーブが多い試合は、初中級レベルまで。

ワイド方向はサービスエリアの中でも距離があるので、サーブが入りやすい、入れやすい。

でもその反面、リターン側からの角度を付けやすく、反撃もしやすいのが特徴。

その点、センターへのサーブはリターン側からするとまずエースは狙えない。

だからこそ、レベルが上がればシングルスでもダブルスでも、センターへのサーブの配球比率は上がってくるのです

 

■「狙われる」なら対策が必要!

当然狙われるなら対策が必要ですよね。

センターへのサーブのリターン、は逆クロス方向へのリターンになる。

しっかり「逆クロス」の方向に打つことが出来ないと、ダブルスであれば相手前衛にポーチに出られてしまう。

コントロールに必要なのは、踏み込んで打点を少し後ろに設定する、ラケット面をしっかり作る、という意識です。

 

■肩を入れて打点を少し後ろ、グリップが前の状態で打ってみよう

逆クロス方向にしっかりボールを飛ばす為には、まずグリップエンドから出していくこと。

ラケットの先、ヘッドが遅れて出てくるくらいでOK、そうすると若干打点が後ろ目になるはずです。

そうなると、自然に少し振り遅れたような感じになって逆クロスに飛ぶ。

遅れているのはなく、あえて遅らせている、という意識でしっかりボールを引き付けて打ちましょう!

 

センターへのサーブって、すごく速い。

ネットも一番低い箇所を通りますし、サーブが得意な選手はセンターへのサーブに絶対の自信を持っているでしょう。

ですが、サーブが速くても慌てることはありません。

書いたように、少し打点が遅れ気味でも逆クロス方向へのリターンは返球出来る。

普段の練習から、しっかり「逆クロス方向へ飛んでいるか?」を確認しながら、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス 戦術

    リターン

    セカンドサーブからのリターンダッシュ、はロブケアとセットで実行しよう

    ダブルスの試合で、相手のセカンドサーブ。リターンの場面で、ここ…

  2. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだ…

  3. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。…

  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ

    シングルスの試合、絶対に1ポイントを獲りたい場面、どんなときでしょうか…

  6. テニス 前衛

    リターン

    ダブルスの試合で、前衛にポーチに出られたくなければ「眼」を積極的に合わせにいこう

    ダブルスの試合、リターンで何が嫌って・・・相手前衛のポーチ、ですよね。…

特集記事

  1. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  2. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?
  3. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  4. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえて中枢から攻めていく」勇気も大事
  5. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!
PAGE TOP