テニス ストローク

ストローク

テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!

テニスのラリーでは、シンプルですがあるルールがある。

それは、自分が打ったボールは2回以上打てない、ということ。

当たり前だと思うかも知れませんが、2度打ちは禁止。

ということは・・・そう、自分が打った瞬間に、もう次への動きが始まっていくのです。

 

テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!

 


 

■自分が打ったボールに、「後悔」している時間は無い!

試合の中で、自分が打ったボールについて後悔している時間は無い。

後悔していると、つい打ち直したいという気持ちになりますが、それが出来ないのがテニス。

しっかりと打った後には、自分として次に何をすべきか、を優先して考えないといけません。

打ったボールがナイスショットでも想定外のミスショットでも、その瞬間に切り替えて次に備えて動いていきましょう。

 

■自分が打ったボールと「決別」することが大事

ナイスショットでも、ミスショットでも、打った後はもう過去の話。

次にどうするか、を早く判断して動かないといけない。

その為には、自分が打ったボールから早く決別することです。

「大げさな表現だな・・・」と思った方もいるでしょうが、試合でも練習でもなぜか名残惜しそうに、不安そうに、自分が打ったボールをジーッと観ている人ばかり。

しっかり強い意識を持っていないと、スムーズな切り替えは出来ないのです。

 

■打つ前に、「次どうするのか」もイメージ出来ればラリーに強くなる

決別出来ない選手は、打った次のイメージが甘い。

打った後に、そのボールを見てどうしようか考えているような選手は、試合ではどんどん押し込まれていきます。

多少、打ったボールに応じて臨機応変な対応は必要ですが、あくまで打つ前に次のイメージを持っておくのが基本。

前に出るのか、ポジションを維持するのか、変えるのか。

しっかり結論を出したうえで、決別していく準備を進めておきましょう。

 

自分の打つボール、テニスを、もっと信じて良いと思います。

上手くいくかどうか、良いショットになっているかどうか、はラリーが終わってから考えましょう。

まずはしっかり打って、その次の準備を優先する。

2度打ちが禁止であれば、1度のショットにしっかり集中する。

当たり前のことですが、改めて意識してみて損は無いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. + POWER CUP について
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない

    テニスの試合で有効な、ドロップショット。でも「打つのが怖い・・…

  2. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!

    ストロークの弾道が安定しないと悩む人、原因の一つは準備の精度。…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  5. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  6. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

特集記事

  1. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ
  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
  4. 戦術

    そもそも、ドロップショットはコートの内側から
  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニスを習って上達しやすい人、しにくい人の違い
PAGE TOP