テニス ストローク

ストローク

チャンスボールを叩く、という危険な発想

強い選手は、しっかり決める。

ストロークでも浅いボールは、しっかり打ち込んで来ますよね。

でも、この行為を「チャンスボールを叩く」と表現してしまうのは、危険です。

私たちの試合でも、もっと言葉のニュアンスを意識しないとミスの元。

叩くんじゃなくて、回転をかける、で良いと思います。

 

チャンスボールを叩く、という危険な発想

 


 

1.実際に、叩いてはいない

プロ選手の試合でも、浅いボールをどう打っているのか。

しっかり回転をかけている、と思いませんか?

叩くようなショットって、フラットに近い感じで安定感が無い。

チャンスとはいえ、テニスという競技はネットを越えて相手コート内にボールをバウンドさせないといけない。

この大前提があるからこそ、回転をかけることが大事なんです。

そのために、ラケットを振り抜く。

そう、これが正しいチャンスボールへの対応の表現でしょう。

 

2.回転がかかったボールで、相手を押し込んでいく

男性でも女性でも、どんなレベルでも一緒です。

いかに、鋭い回転をかけて、相手を押し込んでいくか。

コートの深い位置にバウンドさせて、バウンド後も失速しないボールを打つ。

スピン系のショットで打ち込むって、こういうことです。

ですから、まずはしっかり回転をかける意識が大事。

チャンスになると、急にボールが直線的でフラットになる人多くないですか?

良い回転をかけていけば、大丈夫。

そうそう反撃されないですよ。

 

3.「でも、アウトが怖いんですよ・・・」という方は?

しっかりラケットを振り切ること、下から入れることを意識しましょう。

私は浅いボール、チャンスで攻撃していく時にはしっかりとラケットヘッドが下がっているか、を確認しています。

ラケットヘッドが下がって、打点に対して下から入っていくからボールに良いスピン回転がかかる。

ここで力んでしまう人は、ラケットが落ちないんですよ。

だからフラット気味になったり、軌道が上がらない。

アウトが怖い人ほど、ラケットの先、ラケットヘッドを意識しましょう。

脱力して落とす、そこから一気に上に振り上げればナイスアプローチの完成です!

 

4.あくまで勝負はネットプレー

ボレーかスマッシュ、で最後は決める。

ですから、アプローチショットで決める必要はありません。

ライン際を狙ったり、直線的なボールにするから、ミスしてしまう。

あくまで勝負は、その次、と考えましょう。

回転をかけたショットを打って、追い込むだけ。

叩くんじゃなくて、運ぶようなメージ。

シングルスもダブルスも、これで充分ですよ。

 

叩くという言葉、ストロークではほとんど適さないでしょう。

ド詰めした時のボレー、で弾くように叩くことはありますが・・・。

プロ選手もハードヒットしているようで、やっていることはボールに回転をかける行為。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4つ

    錦織選手の初優勝で幕を閉じた、ATP男子のシティオープン。ビッ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」

    粘りが無い選手に、「もっと粘れ!気持ちだ!」という声をかけているケース…

  3. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!

    「攻撃的にストロークを打ちたい!」と思っている方。今のアナタの…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    重たいスライス、を打つにはグリップを握り込む動きが鍵になる

    重たいスライスを使って、相手を追い込んでいきたい。そう考えてい…

  5. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

    ストロークでもボレーでもそうですが、怪我が多い人ってグリップを強く握り…

  6. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い

    相手が前に出て来て、並行陣。アナタ自身、ここでどういう対抗策…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう
  3. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識して…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「パートナーのセカンドサーブが弱くて、ポーチに出れない」なんて人は、ダブルスをプ…
  5. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習…
PAGE TOP