テニス サーブ

サーブ

セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

テニスの試合で、肝となるのがセカンドサーブでの主導権の奪い合い。

私が考えるに、試合に強い人、テニスの上級者は、「セカンドサーブになってもサーバー側が有利」が鉄則です。

その為に、必要な要素は何でしょうか?

そもそも、セカンドサーブになると相手が攻撃的になってくるのは一般の試合もプロの試合も同じ。

それくらい、厳しい局面、せめぎ合いが行われているのです。

意識したのは・・・相手の攻撃を「かわす」ことが出来るかどうか、です。

 

セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

 


 

■「入ればOK」のセカンドサーブはどこかで卒業しないと!

何事も、自分がこうなりたい!という強い意識がないと、テニスは変わっていきません。

いつまでもセカンドサーブは確率重視、入ればOK、という考えがあるのであれば、そこで成長が止まってしまいます。

ダブルスフォルトをしても、相手から攻撃されて失点しても同じ1点。

相手の攻撃をかわしていくようなセカンドサーブを覚えないと、ある一定のレベルでは戦えない。

そう、まずは強く望みましょう。

自分のセカンドサーブを、変えて強くしていくんだということを。

 

■相手は前に踏み込んで、あらゆる予測を立てて来る

リターンで攻撃的に来る相手は、必ず前に踏み込んで来る。

そしてフォアハンドで回り込んだり、ある程度ヤマを張ってサーバーにプレッシャーをかけてきます。

これに対抗するには・・・遅くても良いので、まずはコースの打ち分け。

しっかりフォアかバック、意図的に散らせればリターンする相手は気付きます。

「このサーバーは、コントロールが良い・・・入れに来るだけじゃないな・・・」と。

そうなると、少しだけ相手が弱気になる。

前に出て来る足が、遅くなる。

これが出来るかどうかは、アナタのサーブのコントロール次第です。

 

■一般の皆さんの試合こそ、サーブはコントロール重視で!

学生の皆さん、一般の皆さんに声を大にして言いたいこと。

このサイトでも何度も書いてきましたが、サーブこそスピードよりもコントロール重視、が大事です。

コントロールを磨いてから、そこにスピードを加えていく。

なんだか順序が逆になっている人が多いような気がします。

対戦したときのこと、イメージしてみて下さい。

セカンドサーブでも、遅くきっちりコースを突いてくる相手のほうが嫌ですよね・・・?

 

何もセカンドサーブで、ライン際を狙う必要はありません。

まずゴールとしては、「フォアかバックか」は、自分が狙った方に打てるかどうかで充分。

狙われている、意図のあるボールであるかどうかは、強い相手であれば必ず感じてくれて、警戒してくれます。

そうなるときっと、セカンドサーブでもアナタのペースで試合を進めていけるはず。

「こいつのセカンドは、楽勝だなー」と思われては、もう試合は勝ち目が無い。

このステップアップ、目指していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です

    左利きのサーブに苦手意識があり、結果的に試合で勝ち進めない。「…

  2. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  3. テニス 準備

    サーブ

    回転系のサーブが効果的な相手って、どんな相手?

    皆さんはサーブを打つ時に、相手の弱点について考えたりしてますか・・・?…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの基本、「肘は伸ばして肩支点」を再チェックして安定させよう!

    サーブのトスアップを安定させると、気持ち的にもすごく楽。何度も…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は・・・?

    サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。ラケッ…

特集記事

  1. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
  4. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
  5. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も…
PAGE TOP