テニス 指導

戦術

対戦相手がいじけてくれる、そんな戦術が効果的

「この作戦は、効いてるな」と、感じるとき。

それは、相手が「いじけてくれている」ような雰囲気が出て来た瞬間、ですね。

試合が嫌になる、ような感情を相手に持ってもらう。

これは、試合ですごく大事な要素ですよ。

対戦相手は、敵ですからね。

遠慮せず、不快な気持ちにさせていくことに、躊躇してはいけないのです。

 

対戦相手がいじけてくれる、そんな戦術が効果的

 


 

1.相手も自分も、気持ち良くなんて出来ない

試合、ですからね。

ポイントは取った、取られた。

勝負は勝った、負けたが出て来ます。

この決着を着けるから、テニスはスポーツは面白い。

だからこそ、この覚悟は大事です。

アナタ自身が良い想いをした瞬間には、相手は凹む。

不快な想いをするでしょうし、試合に負ければ悔しがってもらう。

この覚悟、意外と持てない方が多いように思います。

みんなで仲良く、みんなでハッピー、それは成し得ることが出来ない世界なんです。

 

2.不快から「いじける」段階へ

ポイントを取られる、その取られ方だと思います。

ただの失点は不快、でしかないですが、そのもっと奥深いところを突いていく。

「これじゃ、もう何をやってもムダだな・・・」と相手に思わせる。

それは必死の粘りかもしれないし、スマッシュのようなショットをキャッチするようなプレーかもしれない。

とにかく、相手が「よし!いける!」と思った時に、その出鼻をくじくようなテニス、が必要ですよね。

そうすれば、「もう試合、このまま負けで良いか・・・」といじけてくれる。

試合って、いじけてくれるとすごく楽ですよ。

一気に、勝負への執着心が無くなりますからね。

 

3.そんな戦術、アナタ自身は持っている?

相手の攻撃を凌いで、いじけてもらう。

その他にも、ダブルスでは片方の選手を狙ってペアに「いじけてもらう」ことも出来ますよね。

試合が楽しくない、思い通りにいかない、という現実を突きつける。

速いショットだけじゃなく、ロブやドロップショットのような動きを入れることが大事です。

「なんでこれが出来ないんだ・・・」と、落ち込んでもらうことが目的ですから。

速いナイスショットは、相手も諦めてくれる。

緩急を付けたテニスで、相手の心身を揺さぶっていきましょう!

 

4.アナタ自身は、簡単にいじけないように

アナタ自身は、もちろん簡単にいじけてはいけない。

相手から何を仕掛けられても、それをしっかり受け止める。

敵ですからね、仕掛けてくるのは当然。

でも、何をされても、実際に手ごわい相手は・・・アナタ自身。

アナタ自身が、「そろそろこの試合、諦めたら?」と自分に問いかけてくるはず。

これを跳ねのけること、が出来るかどうか。

いじけてしまう、そんな試合がきっと過去にもあったはずです。

私も、たくさんあります。

だからこそ、反省してタフになっていく。

これも大事な、テニス選手としての成長ですね。

 

自分が過去に、いじけた経験を思い出してみましょう。

どんな場面で、投げてしまったのか、集中力が切れてしまったのか。

これをしっかり、書き出しておく。

そのまま、相手にぶつけるのも良いですしね。

テニスの試合は、意外といじけて負ける、折れるケースが多いスポーツ。

これだけは、知っておいて損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる

    未だに、テニス界にはある誤解と、それを取り巻く閉鎖的な環境がある。…

  2. 戦術

    「試合前から、相手をリードする!」観察すべきポイント5つ

    「相手をよく観察すること」の重要性は、何度も書いて来ました。じ…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?

    テニスの試合の中で、必要なこと。もちろん、基本やベースとなる技…

  4. テニス メンタル

    戦術

    勝ち癖を付けたければ、負け癖を経験するのが一番

    苦しい試合を、ものにしていく選手。トーナメントの上位に残る選手…

  5. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

  6. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」…
  2. 戦術

    試合に勝てる人は、特別な人じゃない
  3. テニス知識

    テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るか…
  5. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
PAGE TOP