テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

ダブルスが上手い選手は、ゲームやポイントを作っていくのが上手いと言われます。

この展開力、ポイントメイク力を鍛えるのには、経験を積む・・・しかないんでしょうか?

もちろん経験も大事ですが、私はそれ以上にその人の意識が大事だと思っています。

ダブルスの試合は、コート上に4人が立ってボールを打ち合う。

ただ強くボールを打つ・・・だけだと、ミスにばかりでいつの間にか自滅してしまう。

そんなダブルスから、変わっていくときは今、です。

 

ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

 


 

1.相手を動かして、「スペース」を作ることから始まる

ダブルスは、シングルスよりも空いているスペースが少ない。

広くなる幅は狭いのに、人数は倍になる訳ですから、当然ですね。

だからこそ、まずはラリーの中で相手を崩して、スペースを空けていかないと攻撃にリスクが高い。

いきなりエースを狙ったり、ボールのスピードで勝負するダブルスは、良いダブルスとは言えません。

 

2.センターを上手く活用すれば、活路は開ける

ダブルスで重要なのは、2人の間のスペースを上手く使うこと。

「このボール、どっちが取るんだ・・・」というボールを、相手に打たせる、触らせる。

そうすると、必ず触った方の選手のスペースに、隙が出来ます。

雁行陣をロブで崩したり、浅いボールで前に誘うのも、ある意味この方式に乗っとっているのです。

これだけで、レベルの低いダブルスは勝手に崩れてくれるかも知れない。

ゲームメイクは相手を崩しながら、自分は崩れない、というのが鉄則になります。

 

3.展開力とは、想像力と実践力の掛け合わせ

ダブルスで展開力のある選手が後衛にいると、前衛が活きる。

展開力って・・・何?という感じですが、それは「色々なことがイメージ出来て、実践出来るテクニックがある」ということ。

実はこれ、両方兼ね備えている選手って稀だと思います。

技術はあるのに戦術が乏しい、良いイメージはあるのに技術が足りない・・・そんな選手、アナタの周りにいませんか?

テニス選手としてはこの両輪が必ず必要である、ということを覚えておきましょう。

 

普段のダブルス練習から、「何かいつもと違うこと」をして相手を動かしたい、と考えてみる。

そうすると、イメージが膨らんで相手を動かすのも楽しくなります。

漠然と、毎回同じようなポイントを繰り返すような選手、ダブルスでは特に試合で勝ち辛い。

展開力とポイントメイク力、意識して磨いていきましょう。

きっと後衛でのプレーがもっともっと、楽しくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス 練習
  2. ダブルス

    「ナイスカバー!」と言われるペアの、本当の気持ち

    ダブルスの試合で、相手の攻撃をナイスなカバーで守る。一見、美…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアの理想的な組み合わせは?」について、両者のプレースタイルの違いから考えてみる

    ダブルスペアは、どういう組み合わせが効果的なのか?これについて…

  4. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

  5. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた
  2. テニス 試合

    戦術

    「負けたはずの試合」を勝ちに結び付ける、為の武器を君はテニスで持っているか?
  3. ストローク

    当たり損ないは、減らせる
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
PAGE TOP