テニス ストローク

ストローク

テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう方も多かったのではないでしょうか。

特にベースラインから中に入ってライジング気味に展開していくストロークは、もはや男子テニス界の中でも大きな見どころの一つと言っても過言では無いでしょう。

そこで今回は、ストロークの「ライジングショット」に着目!

実践する上での基本を改めてまとめてみましたので、ご参考にして頂ければと思います。

 

テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

 


 

1.積極的にベースライン上に立つ

錦織選手のポジションを見ても分かる通り、ベースラインの1~2メートル後ろで安全にプレーするのではなく、ベースライン上に立って構えないとライジングショットは打てません。

深いボールが来たらどうする?

なかなか慣れるまでは難しいですが、腰を落としてこれもライジング(ボールの上がる途中)で捕えるようにしっかり練習しましょう。

2.ライジングショットは普段のストロークよりグリップは少し薄めがお勧め

ライジングは相手から時間を奪うショットですから、回転量は少な目でスピードも出したいところ。

となると厚いグリップよりは、少しフラット気味の打点が打ちやすいでしょう。

この機会に、ストロークのグリップも複数使えるように練習しておくと、プレーの幅も広がっていけると思います。

3.リターンは恰好のライジング練習機会

錦織選手の試合を観ていると、ストローク戦でのライジングイメージが強いですが、まず最初はリターンで試してみるのをお勧めします。

オープンスタンスでのショットも、ライジングで多くなってきます。

なぜならサーブ=浅いストロークの球出し、ということが言えるので気持ち的に準備がしやすいのです。

特にセカンドサーブはフォアに回り込むこともできると思いますので、思い切ってコートの中にしっかり入って早い構えからライジングショットにトライしてみましょう。

これ、意外と簡単に出来ると思います。

4.予測から早い構え、そして次に備えるというリズムで

当たり前・・・と言えば当たり前なんですが、ライジングショットはゆったりした流れを切って、早いテンポに切り替えるショットです。

これに慣れるには、まず相手のショットがどこに来るかをしっかり予測して構える(テイクバックは本当に早く)、そして打ったらまたすぐに構える、を繰り返すことが必要です。

特に中級者までは良いライジングショットの後に構え直すのが遅い人が多いので、せっかく追い込んでも仕留めきれなかったり、逆に反撃をくらってしまうケースも出てしまいます。

リズムとテンポを身体で覚えるまで、しっかり練習しましょう!

 

かつての伊達選手しかり、身体サイズで劣る日本人選手は上手く「タイミングで攻める」という技術に磨きをかけてきました。

プロの技という意識が強かったライジングショットですが、近年はラケットの進歩もあり、一般のプレイヤーでも非常に精度の高い展開力を持った方が多くなってきています。

何よりコートの中に入ることで、前のドロップショットもケアできますし、コートカバーにも優れた側面を発揮してくれます。

普段は粘りが身上の方も初心者の方も、この機会に一度「攻めるライジング」にぜひチャレンジしてみてください。

攻めるテニスの醍醐味が、きっと味わえることと思います!

■ライジングショット、と言えばこの人ですね

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる

    強い相手になかなか勝てない。そう感じているみなさん、もっと相…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が大事!

    皆さんも経験、あるんじゃないでしょうか。つなぎのラリーで、つい…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で

    テニスにおけるライジングショットは、まさに中級者から上級者への階段。…

  4. テニス ミス

    ストローク

    グリグリなストロークのボールに圧力を感じるのは、備えが無いから

    社会人からテニスを始めた方で、試合に出て壁となってくるのがストロークの…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    相手が並行陣、さぁどうする?
  2. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から
  3. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
  4. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を…
PAGE TOP