スマッシュ

強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。

それどころか、試合ではロブで狙われてばっかりになって勝てないですよ。

それくらい、深刻なのがスマッシュの強打の問題。

腕を振っても、鋭いスマッシュは打てません。

 

強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

 


 

1.何よりインパクト、が大事

どういうラケット面で、ボールが当たっているのか。

良い打点で、力は入っているのか・・・が大事。

腕で振ってしまえば、何となると思っている方、いませんか?

インパクトが大事、と考えれば、自然とラケットのスウィングはコンパクトになるはず。

手首を使って打つ、基本は肘から先で打つ、ような感じで打ち終わること、を意識してみて下さい。

肘の高さ、をキープするのが大事ですよ。

 

2.振り切ることは、下まで振り下ろすことじゃない

つい、スマッシュもこう考えてしまいがちですよね。

腕をしっかり振る、という意識が強いと下まで腕を振り下ろしてしまうと打点がぶれてしまう。

それに、頭も動いてバランスが悪くなってしまうじゃないですか。

手首を折って、パチン、と打ち終わる。

これが、スマッシュの振り切るポイントだと私は思いますよ。

打ち終わっても、肘は高い位置にある状態。

これで、充分に良いスマッシュは打てます。

 

3.お勧めはラケットを長く持つこと

小指を余らせる、グリップの下に遊ばせるくらいの感覚、でラケットを長く持つ。

これ、特に女性の方にもお勧めなんですよね。

長く持てれば、それだけ遠くのボールも触れますし、手首を使った時にしっかりラケットヘッドが走る。

「ロブだ!」と感じたと同時に、ラケットを長く持つことを意識してみて下さい。

パッと持ち方を変えるようにすると、スマッシュも打ちやすいと思いますよ。

 

4.スマッシュも、打った後が大事

何より、スマッシュ1発では決まらないですから。

その次、にバランス良く連続攻撃していけるように、準備する。

コンパクトに高い位置で打ち終わったら、その次の準備も早いじゃないですか。

下まで大きく振ってしまうと、構え直すのにもかなり時間がかかる。

スマッシュも打った後、の態勢が何より大事。

この逆算、が出来れば試合で使えるスマッシュ、も考えやすいですよ。

 

強いスマッシュ、こそシンプルに。

パチン、と弾いて終わるようなスマッシュ、が理想的ですね。

手首を使うのに抵抗がある人は、長くラケットを持ってまず打ってみて下さい。

ちょっと横着、なスマッシュくらいで良いですよ。

試合で使えるスマッシュ、に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  2. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、断然試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  4. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう

    スマッシュでしっかりと、ポイントを取りきること。これが出来れば…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

  6. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ
  2. テニス 練習

    その他

    テニス部に一枚、「小さなホワイトボード」を用意して部活を始めてみよう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です
PAGE TOP