スマッシュ

強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。

それどころか、試合ではロブで狙われてばっかりになって勝てないですよ。

それくらい、深刻なのがスマッシュの強打の問題。

腕を振っても、鋭いスマッシュは打てません。

 

強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

 


 

1.何よりインパクト、が大事

どういうラケット面で、ボールが当たっているのか。

良い打点で、力は入っているのか・・・が大事。

腕で振ってしまえば、何となると思っている方、いませんか?

インパクトが大事、と考えれば、自然とラケットのスウィングはコンパクトになるはず。

手首を使って打つ、基本は肘から先で打つ、ような感じで打ち終わること、を意識してみて下さい。

肘の高さ、をキープするのが大事ですよ。

 

2.振り切ることは、下まで振り下ろすことじゃない

つい、スマッシュもこう考えてしまいがちですよね。

腕をしっかり振る、という意識が強いと下まで腕を振り下ろしてしまうと打点がぶれてしまう。

それに、頭も動いてバランスが悪くなってしまうじゃないですか。

手首を折って、パチン、と打ち終わる。

これが、スマッシュの振り切るポイントだと私は思いますよ。

打ち終わっても、肘は高い位置にある状態。

これで、充分に良いスマッシュは打てます。

 

3.お勧めはラケットを長く持つこと

小指を余らせる、グリップの下に遊ばせるくらいの感覚、でラケットを長く持つ。

これ、特に女性の方にもお勧めなんですよね。

長く持てれば、それだけ遠くのボールも触れますし、手首を使った時にしっかりラケットヘッドが走る。

「ロブだ!」と感じたと同時に、ラケットを長く持つことを意識してみて下さい。

パッと持ち方を変えるようにすると、スマッシュも打ちやすいと思いますよ。

 

4.スマッシュも、打った後が大事

何より、スマッシュ1発では決まらないですから。

その次、にバランス良く連続攻撃していけるように、準備する。

コンパクトに高い位置で打ち終わったら、その次の準備も早いじゃないですか。

下まで大きく振ってしまうと、構え直すのにもかなり時間がかかる。

スマッシュも打った後、の態勢が何より大事。

この逆算、が出来れば試合で使えるスマッシュ、も考えやすいですよ。

 

強いスマッシュ、こそシンプルに。

パチン、と弾いて終わるようなスマッシュ、が理想的ですね。

手首を使うのに抵抗がある人は、長くラケットを持ってまず打ってみて下さい。

ちょっと横着、なスマッシュくらいで良いですよ。

試合で使えるスマッシュ、に変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  4. テニス スマッシュ
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識しよう

    スマッシュミスが発生するとき、皆さんはどんな要素が働いていることが多い…

  6. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス

    メンタル

    優勝を経験した人は、その難しさを知れるから強くなる
  2. フットワーク

    「粘れる足」を持っているとテニスの試合では強い
  3. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  4. テニス ストローク

    リターン

    ウィンブルドンの試合、徹底して「リターン側」を参考にしよう
  5. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる
PAGE TOP