テニス ストローク

スマッシュ

ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

スマッシュには決断力が不可欠。

特に低くて速いロブに対しては、打つコースを悠長に考えている時間はありません。

だからこそ、基本となるコースはしっかり決めておいて、相手が動いたら例外対応、というスタンスを身に付けておくと便利。

今回はダブルスの試合でのスマッシュ、センターセオリーの重要性について改めて確認しておきましょう。

 

ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

 


 

■ダブルスの試合、センターセオリーはスマッシュも同じ

ボレーヤーに対して、ストロークでセンター、つまりは2人の真ん中を突くのが有効なように、スマッシュも同様です。

まずどんなボールでも2人の間に打つことで、どちらかが反応するのでスペースが空きやすい。

一発で決まらなくても、その空いたコースへ打てば決まる確率は上がりますよね。

普段の練習から、そのお互いのスペースのケアはしっかり意識しないといけません。

対称物が2つある場合、どんなスポーツでもそうですが、「その2つの真ん中」は狙いやすいのです。

 

■2人の間は狙いやすい、ただし読まれる可能性も

しかもセンターは、ど真ん中でもOK。

ラインギリギリを狙うときは、紙一重でアウトとナイスショットが分れてしまいますが、センターを狙った場合にはど真ん中から少し左右にずれくくらいは充分ナイスショット。

ですのでつい、センターばかりを狙ってしまいがちになりますが、ここには落とし穴も・・・。

ダブルス巧者のテニスプレイヤーは、必ずセンターに打たせた後のカウンターを準備しています。

スマッシュを打っても、ブロックで返されて良いロブで反撃されてしまうかも知れません。

大事なのは、次に常に備えて打ち終わった後の構え直しを意識すること。

隙さえ見せなければ、アナタ側ペアの優位は崩れないはずです。

 

■コースを狙うコツは、打つ方向を最後まで見ないで顔を残すこと

センターへのスマッシュ、多少威力は弱くても飛ぶコースだけはしっかり間違いのないようにしたい。

その為には、顔を残して、インパクトに集中すること。

身体が開かないように、ラケットを持っていない腕を胸の前にもってきて打ち終わることだけを意識しましょう。

窮屈なフォームにスマッシュを調整したほうが、次への構え直しも速い!

普段の球出し練習では、少し早いタイミングでどんどんボールを出してみて、シンプルでコンパクトなフォームを自然と出来るようにしておきましょう。

 

ダブルスでスマッシュをポイントにつなげることが出来るペアは、このセンターセオリーがすごく丁寧。

しっかり深く打って、スマッシュを打っていないペアはしっかりと低い態勢でネット下に隠れて、次のボールを仕留める準備をしている。

一発で決めないけど、そつのない怖さがある・・・ペアって、やっぱり嫌ですよね。

ぜひセンターセオリーを磨いて、試合で勝ち切れるペアになっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

    スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。でもそ…

  2. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには?

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  3. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

    スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。何気…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    「スマッシュを打ちこまれても慌てない!」返球スキルを上げる4つのポイントとは?

    ダブルスの試合では、ロブ対スマッシュの構図が試合の場面では頻繁にありま…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

特集記事

  1. サーブ

    サーブの強化とは、多様性
  2. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確…
  3. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」…
  5. ボレー

    ネットに近いほど、ドロップボレーは山なりで!
PAGE TOP