テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改めて。

スマッシュは、その人のテニスの実力を如実に現している。

シンプルにすることで、まだまだアナタはスマッシュをレベルアップ出来ますよ!

 

スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

 


 

1.打つ、というより弾く感覚に近い

バドミントンのスマッシュ、をイメージしてみましょう。

上手く手首を使って、腕全体を下まで振り下ろす、ことは無いですよね。

テニスも一緒です。

ある程度は手首を上手く使って、「パチン!」と弾くようなスマッシュが打てると試合では有効。

スウィングの幅が小さいから打点も安定するし、パンチ力も出る。

上で打ち終わって、サッと次の構えに移行出来るスマッシュを練習していきましょう!

 

2.打った後にまたすぐロブ!でも対応出来ますか?

スマッシュがコンパクトに、試合向きなショットになっているかどうか。

それは、こんな球出し練習ですぐに分かります。

アナタが打った後に、すぐにロブを上げられたとして、それに対応出来ますか?

テンポを上げた球出し、をスマッシュ練習でやってみると、その人がいかに大きなフォームで打っているかが分かるはずです。

打っても打っても、ボールを出されても出されても、小さいスウィングの振り幅でパンパン打てる。

これが実戦的なスマッシュ、です。

 

3.スマッシュに威力がある人は、結局コントロールが良い

「すごいスマッシュだな・・・」と、アナタが舌を巻くような相手は、どんなスマッシュを打ってますか?

きっと、バウンドがすごく高く弾んで、触れない。

そんな軌道のスマッシュですよね。

これを生み出しているのは、腕力じゃない。

しっかりどこに弾ませるかを考えて、計算し尽くされたスマッシュなんですよ。

見て圧倒されて、力で対抗しようとするのは愚かです。

コンパクトに弾いて、何球でも打ち終わるスマッシュこそ、本当の意味で「威力のあるスマッシュ」です。

 

スマッシュを変えれば、テニスは変わります。

大げさな・・・と思うかもしれませんが、スマッシュに自信が持てると「相手がロブを打つ、まで追い詰めれば良いんだ」と思えるようになるから。

一緒にそんなスタイル、目指しませんか?

 

今回のまとめ

スマッシュは小さい振り幅でコンパクトに、することで試合で威力を発揮する

 

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  2. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう

    スマッシュは、結果的にポイントを獲れるかどうか。速さや威力、も…

  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習になっているから

    皆さん、練習の中でスマッシュ練習、どの程度時間を割けていますか?…

  5. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  6. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール
  2. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある
  4. テニス リターン

    ストローク

    「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている
  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識す…
PAGE TOP