テニス ストローク

ストローク

沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

並行陣相手の試合が増えると、必ずこのショットが求められます。

ボレーヤーの足元に、沈めるショット。

これを打たれて苦しんでいる方も、多いかも知れませんね。

男性の方でも、どこか強引な感じになっている方が多いので今日はこのテーマで。

見た目以上に、実は「被せていない」んです。

 

沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと

 

1.上手い人のショットは、「被せている」ように見えるだけ

結構、この印象強いですよね。

フォアハンド、相手の足元に沈めるときにはラケット面を被せるようにして打つ、のが正しいように思います。

でも、ちょっとだけ違うんです。

打った後にラケット面が下を向いて、低い位置でフィニッシュしているから「被せているように見える」だけ。

実際にインパクトの瞬間は、しっかりボールを下から上にとらえています。

フォロースルーの流れで、被せているように見えるだけ、なんですね。

まずはココの基本、しっかり確認しておきましょう。

 

2.縦回転のスピンをかけるには、しっかり肘を高く打ち終わること

被せようとすると、どうしてもこねるような打ち方になります。

そうなると、厳しい。

肘が低い位置でこねても、ボールは飛んでくれない。

しっかり高い位置に肘を持って来る、ことだけ意識すると良い縦回転がかかります。

その後、打った後はラケットを自然に、腰の位置くらいに落としていく。

肘は顔の前くらいに残る、感じで良いでしょう。

しっかりボレーヤーの足元に沈む、良い回転がかかるはずです。

 

3.こするのではなく、しっかり潰して打つ!

この基本、もう一度確認しましょう。

こするような回転では、ボールは沈まない。

それに、相手にとってもプレッシャーのかかったボールにはならない。

しっかりボールを潰すようにして打つ、ことが大前提。

こねるような打ち方では、こすっているのと同じ。

どうしても、浮きたくないから被せてしまうんですけどね・・・これだと、相手の思うツボ。

並行陣って、こうやってミスを誘う陣形ですからね。

 

4.並行陣の術中にはまってはいけない

沈めようとしてネット、これこそ並行陣の醍醐味。

こすってネット、被せてネット、を誘う陣形が並行陣。

アナタ自身、試合できっとこのパターンにはまっていること、多いと思います。

しっかりラケット面を被せないで、振って沈めていく。

練習から、コレを意識してみて下さい。

浮くのが怖い、ことよりも被せてネットの方が怖い、ですから。

ぜひ、意識してみて下さいね。

 

こねるような打ち方、ラケット面を被せる打ち方は続きません。

怪我しますし、ミスも多い。

相手ネットプレイヤーが怖い、気持ちは分かりますが・・・良い機会ですので、どんどん変えていきましょう。

ラケット面を被せる、のは打った後に自然にそう見えるだけ。

これだけで、かなりストロークは変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショット

    デビスカップ、残念ながら2日目のダブルスの結果をもって、日本の敗退が決…

  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる

    テニスの試合、いつも前を向いてショットが打てるとは限らない。そ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう

    ストロークで相手を動かす、攻撃する。こういう時に必要なのは・・…

  4. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう

    アプローチショット、と肩に力を入れる必要はありません。しっかり…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」があ…

  6. テニス ストローク

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップ、ボールは斜めに持つのが基本
  2. テニス メンタル

    その他

    「こんな人、ちょっと嫌・・・」と思ってしまう、テニス選手5つの特徴
  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
  5. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよ…
PAGE TOP