テニス 戦術

シングルス

シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。

パッと見てまずはっきり分かるのは、スライスを使う選手かどうか、でしょう。

シングルスの試合では、特にバックハンドを片手スライスでしのぐようなプレーが得意な選手、ベテランの男性選手にも多いように思います。

こういった選手にシングルスの試合で対抗するのに、アナタはどういう作戦で挑みますか?

まずはシンプルに、相手に得意のプレーをさせないようにしたい。

その為には、ネットプレーというアクセントが必ず必要になります。

シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

 


 

■相手のバックハンドのスライス、厄介ですね・・・

安定感のあるスライスは、それだけで脅威になります。

せっかくバック側にボールを集めても、ヒョイヒョイと楽にスライスで返球される。

結果的に自分が無理してアウトやネットが増え、気が付けばスコアが離されている・・・という経験、ありませんか?

こういった選手を相手にしたときには、まず武器である「スライス」というショットを塞ぎたい。

スライスが打てないようなシチュエーション、考えてみましょう。

 

■ネットに出れば、パッシングショットを打たざるを得ない

相手のバック側に打って、パッシングショットを打たせてみる、ことが大事です。

スピンの精度はどうか、がここで分かるでしょう。

もしパッシングショットが打てない、ようであればロブをケアしておけばOK。

でも試合が強い選手って、スライスを使いながら相手が前に出てきたときは、ここぞとばかりにグリップを変えて打ってきたりしますよね。

そんな強敵に対抗するには・・・前に出るタイミングを少し、遅らせてみましょう。

 

■相手のスライスの癖を見抜こう

相手がスライスを打つ時の、心理状態を考えてみる。

「相手も後ろにいるし、まあスライスで大丈夫だな・・・」と思うから、スライスを選択するはず。

であれば、後ろにいるように見せかけて、実は少しだけ前にいる。

サービスライン附近でボレーをするくらいのイメージで、遅いタイミングでネットダッシュしてみましょう。

相手も、テイクバックから足が決まってその後には、スィングを変えるのが難しい。

サービスライン附近でスライスをボレー出来れば、きっと相手も慌てるはず。

この作戦、本当に有効ですのでぜひシングルスの試合で試してみて下さい。

 

相手の武器が分かっているのに、試合で対抗策を講じない人が多い。

スライスショットの弱点は、相手に読まれると攻撃されやすいこと。

ダブルスのリターンでも、そうですよね。

スライスと分かったら、ネットに詰めて攻撃する。

これで相手も、「また前に来るかも・・・スライス打ち辛いな・・・」と、考えてくれる。

心理的に優位に立つ、というのはこのことです。

ネットから少し離れた位置でのボレー、こんな作戦の為に磨いておきましょうね!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  3. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ

    シングルスの試合で、結果を出したいと考えているみなさん。まず、…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

    シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。テニスでは、相手のボール…

  5. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

特集記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「いかにも」というタイミングでネットに出ても・・・
  3. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスにおける予測とは、「相手がどこに打つか?」だけだと足りない
PAGE TOP