ボレー

ネットに近いほど、ドロップボレーは山なりで!

目次

相手の前のスペースを使う、ドロップボレー。

これは、相手に触らせるだけでも充分に効果的ですが、出来れば余裕は与えたくないですよね。

ネットに詰めたら、より厳しい軌道にしてドロップボレーの精度を高めていくには。

自分のポジションに応じて、軌道をどう変えるのか。

それが何より、大事です。

 
 

ドロップボレー、にこだわろう!

なぜ、こだわるのか?

その答えは、シンプルです。

周りとの差を付けやすい、ライバルを引き離すチャンスだからです。

そもそも、使わない人も多いですよね。

だからこそ、ドロップボレーはまず使うことは大事。

ただ、それだけだとその先、にいけないんですよね。

こだわってこそ、自分に厳しくなってこそ、成長があるんです。

触らせる、と反撃される相手もいる

当然、レベルが上がれば相手も強い。

足も速いし、ラケットが届けば精度が高い返球、カウンターがある。

「触らせてOK」なレベルの相手、だけじゃないですから。

テニスの試合では、勝ち上がっていけば相手は強くなる。

ドロップボレーにこだわりを持てない人は、どこかの境目で「反撃される相手」に勝てなくなってくるんです。

こだわるのは、その軌道

ドロップボレーの軌道、それは何が違うのか。

ネットと自分の距離感、近いのか、それとも遠いのか。

両方の場面で、ドロップボレーは必要です。

だからこそ、軌道を変えて、より相手に触られにくい強力なドロップボレーに仕上げていく。

ここに、こだわりをしっかり持ちましょう。

 
 

山なりにすれば、相手の脅威になる

相手に向かわない軌道、が最高!

ネットの近くで、山なりなドロップボレーが打てれば。

それはもう、相手への脅威になります。

山なりなボールは、バウンド後も相手に向かっていかない。

ネットを越えて、そのままバウンドして…浅いところで2バウンド目。

これこそ、相手への脅威ですよね。

ネットから近い場所、でドロップボレーならこれが打てるはずです。

ネットから遠い場所からは?

例えば、サービスライン付近。

並行陣の後衛、のあたりのポジションからの場合はどうでしょう。

ネットから遠い場所から山なりなボールを打つと、ネットを越えた時点では相手のチャンスボール、になりますよね。

だから、私ならネットから遠い場所からのドロップボレーは少しだけ直線的。

そして、出来るだけアングルのコースを狙う。

ドロップボレーなんだけど、そのままコートの外側に2バウンド目がいく、ようなイメージで打てると非常に効果的です。

ドロップボレーでも、ここまで差を付けて考えて良い。

私は、こう思います。

大事なのは、相手の脅威になること

しっかり、使い分けて相手の脅威になること。

自分の中で、どの場所からは、どういう軌道にするのか。

どういう軌道なら、相手は嫌なのか。

山なりで相手に2バウンド目を近づけたくない、でもそのボレーが打てない時にはどうするのか。

ドロップボレーを使わない、という発想になるともったいないですから。

しっかり、自分で考えて軌道を準備しておくことを意識してみて下さい。

   

お勧めの練習法

詰めてドロップボレー、を日常的に

例えば、ボレー対ストローク。

この練習でも、ボレー側の選手が前に詰めてドロップボレー、を使っていく。

これが、大事です。

練習のテーマとしてやるので、ストローク側の選手が練習台になってあげるような感じでOK。

ボレー側の選手は、2~3球ラリーが続いたら前に詰める、そして前に山なりな軌道でドロップボレーを落とす、ことを意識してみて下さい。

サーブ&ボレー&ドロップボレー

これは、私が試合でよくやるパターンですが。

ファーストボレーの後のセカンドボレー、は並行陣の後衛のポジションからドロップボレーを打ってしまう。

アングルのコースに打てれば最高、相手を前に引っ張り出すようなイメージですね。

もう、サーブを打つ前からセカンドボレーではドロップ、と決めておきます。

普段のサーブ&リターンの練習、1対1のクロスでの勝負から使ってみて下さい。

ネットの超近くでショートラリー

あえて、やってみましょう。

ネットの近く、至近距離でショートラリー。

相手の前にバウンドさせるには、タッチ感覚が必要になります。

スライス、ボレーを打ちやすい薄いグリップで、お互いに相手の前にバウンドさせてみる。

ちょっと、遊びながらの雰囲気で。

浅いボールを、浅く山なりに返すのは、簡単なようで難しいですよ。



ネットに詰めて、山なりに打つ。

これは、2バウンド目が反則になるテニスのルールでは、非常に大事な発想。

どうすれば、ドロップボレーをより強力に仕上げられるのか。

ぜひ、意識して考えてみて下さい!


★読者アンケートご協力のお願い

現在、テニスの動画とプロ選手に関するアンケ―トを実施させて頂いております!

数分で終わるアンケートですので、ぜひみなさんご協力をお願いします。

→アンケートはコチラから

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 【初開催】5/29(水)~30(木) T-PRESS プレミアムキャンプ in千…
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケットヘッドの立て方で使い…

    ボレーに代表されるネットプレー、「この人上手い!」と思わせるようなプレ…

  2. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘う…

    相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うと…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  4. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボール」のさばき方につい…

    足元のボール、特にネットプレーやサービスライン近くにいるときに、テニス…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い

    ボレーで無理している人は、意外と試合で多いように思います。特に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットを振り抜けない君へ」テニスの試合では早めの準備で迎えに行こう
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる
  3. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  5. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
PAGE TOP