テニス ボレー

サーブ

シングルスの試合でのファーストサーブがフォルトすることの意味を、アナタはまだ真剣に考えられていない

シングルスの試合、自分一人での戦い。

出来るだけ、ムダな体力の消耗は避けていきたいですよね・・・でも。

みなさん、実は平気でファーストサーブをバン!と打ってフォルトしている。

これって、ダブルスの試合より致命的になると思いませんか?シングルスの試合だと。

当然、自分のコートにも自分一人、相手側も相手一人。

そうなると・・・もう、お分かりですよね。

 

シングルスの試合でのファーストサーブがフォルトすることの意味を、アナタはまだ真剣に考えられていない

 

1.フォルトしたボールを処理するの・・・大変!

ファーストサーブがネットにかかり、パサッと前に落ちる。

そのボール、拾うのは誰ですか?

シングルスの試合ですから、当然打った自分、になります。

この作業って・・・みなさん、すごく負担が大きいと思いませんか?

ファーストが入らなくて落ち込んでいるのに、ボール拾いをしてまたポジションについて、時間が空いた状態でセカンドサーブ、を打たないといけない。

そんなことの繰り返しで、サービスゲームを安定させろという方が無理、です。

相手側のオーバーフォルトも一緒。

少しモタモタして、ボールの処理に遅れると・・・イライラしてしまうこと、ありませんか?相手に。

「速く打たせろよ・・・セカンドを・・・」と。

それくらい、シングルスの試合でのファーストサーブのフォルトって、サーブ側にとって致命的なんです。

 

2.ダブルスなら前衛がいるから、スムーズに進んでいるだけ

ダブルスの試合では、お互いに前衛がいますからね。

ネット近くのフォルトは処理してくれる、ボールも拾ってくれたり、避けてくれる。

これが無い、シングルスの試合って、残酷です。

全部を自分がやらないといけないですからね・・・。

ファーストサーブの後は、出来るだけ早く、セカンドサーブを打ちたい、じゃないですか。

そのリズム、乱しているのは自分です。

シングルスの試合でファーストサーブをフォルト、モタモタして、セカンドサーブを打って・・・入らない。

そんな人、どのレベルにもゴロゴロいますよ。

 

3.それでももし、フォルトしたら・・・

私なら、逆にしっかり間を空けます。

焦ってセカンドを打つのではなく、ボールをしっかり避けて、それからまたボールを下に突いて・・・で良い。

時間を作ることが出来た、くらいに考えておきましょう。

ファーストサーブを全部、入れるのはさすがに厳しいですからね。

たまにあるフォルトは、ちょっとした息抜き、気分の切り替え、に使う。

強引な考えですが、そんなのも自分の意識次第ですからね。

 

4.ファーストサーブは、オーバーフォルトを増やせば良い!

そしてオススメは、この考え方です。

とにかく、フォルトでもネットを越える。

自分のコートの側、に落ちないようにすれば、少なくともそれを拾いに行く動作はしなくて良い。

相手側にボールがある、状態でプレーすることが出来ればそれで良いと思います。

オーバーフォルトが増えると、それはある程度調整が効く。

まずいのはとにかくネットを越えないフォルト、ですね。

調整的にも、気分的にも、体力的にも・・・。

同じフォルトでも、特にシングルスの試合では差があると私は思いますよ。

 

試合に勝つ人って、動作が美しい。

試合の間、みたいなものも、やっぱり意識してると思うんです。

シングルスの試合だと、ボール拾い、処理、等にそれがよく現れるでしょう。

私自身、だからこそシングルスの試合はファーストサーブを入れたい、多少威力を落としてでも。

みなさんも意識すると、きっとサービスゲームのリズムが変わると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人は、とにかく空に目線を残すことを意識しよう

    自分のサーブに伸びが無い人は、上方向へ力が伝わっていないケースが多い。…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?

    試合の中でのセカンドサーブ。このセカンドサーブから、いかに自分…

  3. テニス 団体戦

    サーブ

    サーブを打つ時のボールチョイス、しっかりやろう!

    試合のときに、サーブを打つボールを選ぶ。「そんなの、プロ選手だ…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルスの試合で必須な「センターへのサーブ」を身に付けてテニスの試合を勝ち抜く4つのコツ

    テニスにおいてダブルスの試合では、センターへのサーブが増えます。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ

    サーブが得意!と、自信を持って言える方。女性のみなさんには特に…

  6. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。メン…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を観て動く、その判断スピードが前衛には欲しい
  2. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスコーチからよりも、本気の試合相手から受けるレッスンが一番
  4. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
PAGE TOP