テニス サーブ

サーブ

「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

試合に出ている人は、気付いているはず。

「自分のサーブ」を改良していかないと、このままでは勝つのが難しいこと。

私自身、そうです。

今でも研究の毎日ですが、今まで私が意識して「少しでも改善できた」ポイントを、まとめてみたいと思います。

 

「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

 


 

1.思い切ってグリップを変えてみる

もしかしたら、細かい変更よりも思い切ってグリップを変えてみるのが良いかも知れません。

まだまだ、多くの方が「ストロークに近い、厚い」グリップでサーブを打っている。

その方が、ペタンとしたサーブは打ちやすいですからね。

でも、厚いグリップでは回転系のサーブは打てない、この現実にしっかり向き合いましょう。

ラケットを上から包丁のように握る、そこから更に、少しだけ薄く調整したコンチネンタルグリップ、に変えてみる。

最初は難しいと思いますが、回転をかけるサーブを意識してグリップを変えてみましょう。

 

2.トスを低くする

トスの安定感とは、低さを出すこと、です。

高いトスはそもそも安定しないし、風に弱いし高く上げるだけで疲れてしまう。

低いトス、で自分からしっかりボールを上方向に打ちにいく意識、アナタにはありますか?

低いトスを少し前に上げて、ジャンプしてコート内に着地する。

この意識で低めのトス、に慣れていってみて下さい。

 

3.センターを狙う意識を持つ

サーブは入れればOK、なんて甘えです。

自分で狙う意識、があるから修正出来るし進歩出来る。

まずは、ネットの高さが低いセンターストラップ付近を通して、センターを狙う。

この意識を、強く、強く持つことが大事です。

多少ずれても良い、狙ったコースに何となく飛ぶ、ことからサーブのステップアップは始まるのです。

 

4.相手リターンからの展開を考える

サーブを打って、その次のボール。

相手のリターンがどの辺りに来て、それをどう展開していくのか。

想定で良いので、ここまでは考える癖を付けておくようにしましょう。

「入れればOK」からの違いは、この3球目に現れる。

3球目を意識することで、サーブを逆算出来るようになる。

レベルが足りない、と言っているアナタは逃げているだけです。

初心者の方でも、サーブを返されたらどうしようか?については、考えられるはずです。

 

基本的なことですが、まずは「変えていくこと」が大事。

自分の中で、サーブで当たり前になっている部分、常識を疑ってみる。

変えられないだろうなと思っていることを変える時、それが本当に、アナタがステップアップしていく瞬間です。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない

    サーブのトスアップについて、もったいないなと感じること。なかな…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない

    試合中、結構前でリターンしてくる相手、いますよね。特にダブルス…

  4. テニス ボレー

    サーブ

    テニスにおけるサーブ&ボレーの基本は、「自分がサーブを打った方向に詰めていく」ポジショニング…

    サーブ&ボレー、の基本を見直すと、攻撃的なテニスが可能になる。…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリー練習が、「ミスばかりで全く続かない」チームが意識すべきこととは?
  2. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「脱ダブルフォルト!」テニスの試合で悩んでいる全ての人へ
  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  5. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を
PAGE TOP