テニス サーブ

サーブ

「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

試合に出ている人は、気付いているはず。

「自分のサーブ」を改良していかないと、このままでは勝つのが難しいこと。

私自身、そうです。

今でも研究の毎日ですが、今まで私が意識して「少しでも改善できた」ポイントを、まとめてみたいと思います。

 

「入ればOK」のサーブから、試合で勝てるサーブへのステップアップ術4つ

 


 

1.思い切ってグリップを変えてみる

もしかしたら、細かい変更よりも思い切ってグリップを変えてみるのが良いかも知れません。

まだまだ、多くの方が「ストロークに近い、厚い」グリップでサーブを打っている。

その方が、ペタンとしたサーブは打ちやすいですからね。

でも、厚いグリップでは回転系のサーブは打てない、この現実にしっかり向き合いましょう。

ラケットを上から包丁のように握る、そこから更に、少しだけ薄く調整したコンチネンタルグリップ、に変えてみる。

最初は難しいと思いますが、回転をかけるサーブを意識してグリップを変えてみましょう。

 

2.トスを低くする

トスの安定感とは、低さを出すこと、です。

高いトスはそもそも安定しないし、風に弱いし高く上げるだけで疲れてしまう。

低いトス、で自分からしっかりボールを上方向に打ちにいく意識、アナタにはありますか?

低いトスを少し前に上げて、ジャンプしてコート内に着地する。

この意識で低めのトス、に慣れていってみて下さい。

 

3.センターを狙う意識を持つ

サーブは入れればOK、なんて甘えです。

自分で狙う意識、があるから修正出来るし進歩出来る。

まずは、ネットの高さが低いセンターストラップ付近を通して、センターを狙う。

この意識を、強く、強く持つことが大事です。

多少ずれても良い、狙ったコースに何となく飛ぶ、ことからサーブのステップアップは始まるのです。

 

4.相手リターンからの展開を考える

サーブを打って、その次のボール。

相手のリターンがどの辺りに来て、それをどう展開していくのか。

想定で良いので、ここまでは考える癖を付けておくようにしましょう。

「入れればOK」からの違いは、この3球目に現れる。

3球目を意識することで、サーブを逆算出来るようになる。

レベルが足りない、と言っているアナタは逃げているだけです。

初心者の方でも、サーブを返されたらどうしようか?については、考えられるはずです。

 

基本的なことですが、まずは「変えていくこと」が大事。

自分の中で、サーブで当たり前になっている部分、常識を疑ってみる。

変えられないだろうなと思っていることを変える時、それが本当に、アナタがステップアップしていく瞬間です。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「パッと見、凄いサーブだけど実は試合で使えない」残念なサーブの特徴5つ

    テニス選手の実力、観察したときにまず目に付くのは「サーブ」力。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  4. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

    サーブをコントロール出来る自信が無い、というみなさんへ。私が過…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから
  2. テニス

    フットワーク

    他のスポーツを経験してきて「あの癖」が抜けない人は、どうすれば良い?
  3. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ
  4. スマッシュ

    スマッシュは腕全体を振るのではなく、「手首を折る形で、上で打ち終わる」と試合でミ…
  5. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい
PAGE TOP