ストローク

なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

テニスの試合で使う、ドロップショット。

このショット、何度か記事で書いて来ましたが、みなさん改めてどんなイメージですか?

「難しい」「上手い人のショット」「横着に見える」な感じ、ありますよね。

これって、日本のテニス界が作り出した幻想。

プロになっても、上手い選手がそう多くないのには理由があります。

 

なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

 


 

1.そもそも日本では、推奨されない

私も学生時代、よく怒られたものです。

ドロップショットを打つと、「しっかり打てよ!」と。

しっかり打っても決まらない、相手が下がっているから打ったショットなんですけど・・・ネットを越えないでミスになると、「それ見たことか」と怒られる。

同じような経験、したことのある方多いでしょう。

日本では、ドロップショットは推奨されない、教わる機会が少ない。

まず、この大前提が現実だと思います。

 

2.テニススクールでも・・・教わりますか?

教わるとしても、ドロップボレーくらいじゃないでしょうか。

ベースライン付近からドロップショット、テニススクールでも教わる機会は少ないはずです。

少なくとも、全体テーマとして指導が出来るスクールは少ないはず。

理由は、これまた簡単。

コーチ自体が、ちゃんと打てないからです。

自分も試合で使わないし、イマイチ自信が無い。

だから生徒に教えることも、語ることも出来ないんですよね。

 

3.独学で良い、打ってみよう!

ですので、私は独学で研究しました。

ベースラインから打つドロップショット、トップ選手は使うじゃないですか。

まともに打ち合って勝てる相手が少ないんなら、まともじゃない何かをしないといけない。

ベースライン付近から打つドロップショット、今では私の大きな武器になっています。

上手い下手、じゃないんです。

試合で使うかどうか、の問題。

使えば使うだけ、しっかり使える武器に育ってくれる。

あとはアナタ自身が、どう考えて鍛えていくか、でしょう。

 

4.打っている選手が少ない=希少種

以前に書いた、「希少種は強い」という話。

私自身、ドロップショットに関しては希少な部類に入ると思います。

特にシングルスの試合では、使いまくります。

ネット付近の戦いに持ち込んだ方が、自分としてやりやすいですからね。

「教わっていないから、出来ない」なんて小学生の言い訳みたいなもの。

出来ないなら、自分で研究する。

そうやって磨いた技術は、絶対に試合で使える武器になります。

 

みんながやらないこと、やりそうにないこと。

ここに、試合で勝てるチャンスがあります。

ベースラインからのドロップショット、確かに難しいですよ。

でも、本当に難しいのは練習を始める第一歩目だけ。

そこから先は、どんどん進んでいけますから、安心してください。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ストローク

    テニス選手として自立したいなら、「自分に合ったストローク」は自分で見つけ出していこう

    テニスが上手い人って皆同じストロークの打ち方をしているかって言うと、微…

  2. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?

    ストロークで押されて失点する時は、ほとんどバックハンド。バック…

  3. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されません

    この人、ストローク安定しているな・・・上手いな・・・と感じる人の共通点…

  4. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

    もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ

    ストロークでスピンがしっかりかからない。スピン系のショットが安…

  6. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケー…
  2. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本
  3. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  4. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について…
PAGE TOP