ストローク

なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

テニスの試合で使う、ドロップショット。

このショット、何度か記事で書いて来ましたが、みなさん改めてどんなイメージですか?

「難しい」「上手い人のショット」「横着に見える」な感じ、ありますよね。

これって、日本のテニス界が作り出した幻想。

プロになっても、上手い選手がそう多くないのには理由があります。

 

なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

 


 

1.そもそも日本では、推奨されない

私も学生時代、よく怒られたものです。

ドロップショットを打つと、「しっかり打てよ!」と。

しっかり打っても決まらない、相手が下がっているから打ったショットなんですけど・・・ネットを越えないでミスになると、「それ見たことか」と怒られる。

同じような経験、したことのある方多いでしょう。

日本では、ドロップショットは推奨されない、教わる機会が少ない。

まず、この大前提が現実だと思います。

 

2.テニススクールでも・・・教わりますか?

教わるとしても、ドロップボレーくらいじゃないでしょうか。

ベースライン付近からドロップショット、テニススクールでも教わる機会は少ないはずです。

少なくとも、全体テーマとして指導が出来るスクールは少ないはず。

理由は、これまた簡単。

コーチ自体が、ちゃんと打てないからです。

自分も試合で使わないし、イマイチ自信が無い。

だから生徒に教えることも、語ることも出来ないんですよね。

 

3.独学で良い、打ってみよう!

ですので、私は独学で研究しました。

ベースラインから打つドロップショット、トップ選手は使うじゃないですか。

まともに打ち合って勝てる相手が少ないんなら、まともじゃない何かをしないといけない。

ベースライン付近から打つドロップショット、今では私の大きな武器になっています。

上手い下手、じゃないんです。

試合で使うかどうか、の問題。

使えば使うだけ、しっかり使える武器に育ってくれる。

あとはアナタ自身が、どう考えて鍛えていくか、でしょう。

 

4.打っている選手が少ない=希少種

以前に書いた、「希少種は強い」という話。

私自身、ドロップショットに関しては希少な部類に入ると思います。

特にシングルスの試合では、使いまくります。

ネット付近の戦いに持ち込んだ方が、自分としてやりやすいですからね。

「教わっていないから、出来ない」なんて小学生の言い訳みたいなもの。

出来ないなら、自分で研究する。

そうやって磨いた技術は、絶対に試合で使える武器になります。

 

みんながやらないこと、やりそうにないこと。

ここに、試合で勝てるチャンスがあります。

ベースラインからのドロップショット、確かに難しいですよ。

でも、本当に難しいのは練習を始める第一歩目だけ。

そこから先は、どんどん進んでいけますから、安心してください。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  2. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認

    シングルスでもダブルスでも、高い軌道のストロークのつなぎ合いはよくある…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコツ

    ストロークを武器にしたい、強化したい人は、まずこの技術をレベルアップさ…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    集中力を高めて、ミスを減らすには?
  2. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  3. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  5. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて…
PAGE TOP