テニス ボレー

ボレー

テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない」意識を持てていますか?

ネットプレーが得意な選手は、細かいポジショニングが上手い。

アングルボレーで切り返すのが上手いのは、テニスのラケット操作はもちろんそのポジショニングが大事なのは言うまでもありません。

特に現代テニスではストローク力が強く、そのショートクロスをいかにふさぐか・・・が、試合を優位に進める上で肝になってきます。

 

テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない」意識を持てていますか?

 


 

■ストローク全盛期の今、ショートクロス対策は必須

ショートクロスの名手が、ここ数年で急増したような気がします。

女性でもジュニア選手でも、しっかりラケットを振って短く落とすショットが出来ている。

軽くて反発力があるラケット素材と技術の進歩に対抗するには、多少のリスクは冒してポジションを積極的に前にしていくことが大切。

そう、テニスにおいてはネットに詰めればクロスのボールは触りやすくなるのです。

 

■相手の武器を塞ぐには、リスクは伴うと覚悟する

当然、前に詰めれば後ろは空きます。

ここは思い切って、捨てましょう。

そこで相手がトプスピンロブに切り返してきたら、それは相手の駆け引きの勝利。

とはいえ、「しっかりショートクロスはふさいだからね」というメッセージは相手に植え付けましょう。

この植え付けが、試合の後半ではジャブのように効いてきます。

 

■相手に気付かれずに、前に行きたい・・・その秘策とは?

出来るだけ、相手に自分のポジションの調整は気付かれたくないもの。

上手い選手はしっかりボールを引き付けるので、実際に全てを隠すのは難しいですが、「気付かれない工夫」は必要です。

お勧めは、低い態勢で移動すること。

ネットの高さくらいにしっかり膝を曲げて、目線を落としてササッ!と移動してみて下さい。

多少なりとも、相手に気付かれにくく、そのまま低い態勢でボレーできますので成功率もアップ!

ドロップボレーも決まりやすいでしょう。

ダブルスでは絶対に、お勧めです。

 

ネットの真ん中、は高さが低いことは確実に意識しておいて下さい。

ほぼ試合中のラリーは、この上を通過すると考えてOK。

ショートクロスもコート端に飛ぶイメージが強いですが、実際にネットの上はこの真ん中付近を通過していく。

だからこそ、しっかり事前にポジションを調整して、ふさいでおきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーすることが大事です

    ネットプレー、ボレーでなかなかイメージ通りのプレーが出来ない人は、もし…

  2. テニス スライス

    ボレー

    ハーフボレーは、先に〇〇を作って完成!

    試合で意外と使える、ハーフボレー。ネットに近づけない、ロブを警…

  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    頭の真上のボレー、はフォア?バック?

    みなさんは試合の中で、正面の頭上のボレー、どうやって打ってますか?…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  5. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  6. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「刺激を求め続ける選手であれ」テニスの試合を勝ち抜くには、現状に満足しない向上心…
  3. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
  4. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能
  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ
PAGE TOP