テニス ボレー

ボレー

テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない」意識を持てていますか?

ネットプレーが得意な選手は、細かいポジショニングが上手い。

アングルボレーで切り返すのが上手いのは、テニスのラケット操作はもちろんそのポジショニングが大事なのは言うまでもありません。

特に現代テニスではストローク力が強く、そのショートクロスをいかにふさぐか・・・が、試合を優位に進める上で肝になってきます。

 

テニスにおけるネットプレーで、「ショートクロスはネットに詰めることで、打たせない」意識を持てていますか?

 


 

■ストローク全盛期の今、ショートクロス対策は必須

ショートクロスの名手が、ここ数年で急増したような気がします。

女性でもジュニア選手でも、しっかりラケットを振って短く落とすショットが出来ている。

軽くて反発力があるラケット素材と技術の進歩に対抗するには、多少のリスクは冒してポジションを積極的に前にしていくことが大切。

そう、テニスにおいてはネットに詰めればクロスのボールは触りやすくなるのです。

 

■相手の武器を塞ぐには、リスクは伴うと覚悟する

当然、前に詰めれば後ろは空きます。

ここは思い切って、捨てましょう。

そこで相手がトプスピンロブに切り返してきたら、それは相手の駆け引きの勝利。

とはいえ、「しっかりショートクロスはふさいだからね」というメッセージは相手に植え付けましょう。

この植え付けが、試合の後半ではジャブのように効いてきます。

 

■相手に気付かれずに、前に行きたい・・・その秘策とは?

出来るだけ、相手に自分のポジションの調整は気付かれたくないもの。

上手い選手はしっかりボールを引き付けるので、実際に全てを隠すのは難しいですが、「気付かれない工夫」は必要です。

お勧めは、低い態勢で移動すること。

ネットの高さくらいにしっかり膝を曲げて、目線を落としてササッ!と移動してみて下さい。

多少なりとも、相手に気付かれにくく、そのまま低い態勢でボレーできますので成功率もアップ!

ドロップボレーも決まりやすいでしょう。

ダブルスでは絶対に、お勧めです。

 

ネットの真ん中、は高さが低いことは確実に意識しておいて下さい。

ほぼ試合中のラリーは、この上を通過すると考えてOK。

ショートクロスもコート端に飛ぶイメージが強いですが、実際にネットの上はこの真ん中付近を通過していく。

だからこそ、しっかり事前にポジションを調整して、ふさいでおきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

    グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。スライ…

  3. ボレー

    ハイボレーが苦手な人は、決断が遅過ぎ

    ボレーの中でも、自分の顔の位置より高い打点。ハイボレー、みな…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

  6. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がな…

    テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。…

特集記事

  1. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!
  2. 戦術

    アナタ自身の武器、が生まれる瞬間とは?
  3. テニス ボレー

    その他

    「あぁ・・・助かるなぁ」と、試合中に感じた相手のプレーをまとめておくと参考になる…
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
  5. テニス ダブルス

    その他

    「試合前の5分間のウォーミングアップ」で確認しておくべき、相手の特徴4つ
PAGE TOP