テニス ダブルス

ダブルス

決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

ダブルスペアで、いまいち信頼関係が築けていないと感じている方へ。

やはり、この基本となる部分が出来ていない、と思います。

「何だよ・・・」とペアに対して思ってしまうのは、ミスしたときとか、そういうのじゃないはず。

決めたことは、必ずやる。

このスタンス、を大事にするだけで、ダブルスの雰囲気は変わると思いますよ。

 

決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく

 


 

1.決めたことは、必ず動く、やり切る

例えば、ダブルスの試合なら、前衛のポーチ。

出ると決めて打ち合わせしたら、しっかり出る。

クロスの厳しいボール、も必ず前衛が触ることが大事。

良いんです、結果的に失点になっても。

決めたのに動かなかった、クロスのボールを後衛に任せてしまった、ということが起きてしまうのが、何より怖い。

動くこと、やり切ることは誰にでもできるはず。

でもこれが、なかなか試合では出来ないんですよね。

 

2.「しっかりと決める」ことが大事

よくあるのが、「出れたら出るね」というような、曖昧なパターン。

これでは、何も決まっていない。

大抵、こういう時の前衛は動けないですから。

みなさんも経験、あると思います。

しっかり決める、ことって、ダブルスでは意外と出来ないんですよ。

何となく、フワッとした打ち合わせ、でポイントに入ってしまう。

決めることが出来ない人、は結局ダブルスでも信頼関係が築けない。

負ける試合、が自然と多くなるはずです。

 

3.決めたことを実行する、それだけで成功!

ですから、試合では。

決めない、決まらない、実行できない、ことがミスであり失敗。

決めたことを実行して、後の結果は正直どうでも良いでしょう。

ポイントを取っても、取られても、信頼関係は築けていく。

パートナーを信じて、次も動こう!となるはずですから。

決めたことを実行して失点して、落ち込む必要なんて全くないですよ。

 

4.「遂行責任」は、初心者の方にも存在する

だからこそ、私はこれを徹底したい。

テニスの試合に出始めたばかり、初心者の方でも、しっかり自分で意志を持つ。

パートナーと話して、「前衛で動いてみよう!」と決めたら、動く。

結果はどうなっても良い、ただし、やり切ること。

その遂行責任は、必ず背負っていることを忘れないでおいて欲しいんです。

これは、勉強でも仕事でも一緒ですよね。

現場の社員は、とにかくやり切ること、だけには責任がある。

やらないで終わる、意志の無いプレーをすることは、許されない。

テニスの試合でも、ダブルスの信頼関係はここから築かれていくんです。

 

決めたことをやる、自分で決める、パートナーと共通認識を持つ。

これが出来れば、ダブルスって自然に勝てるようになるんですよ。

何となく、でしかお互いを信じられないようなペア、多いじゃないですか。

だからこそ、アナタ自身は差を作るチャンス。

決めたことをやる、当たり前のことを徹底していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?

    ダブルスの前衛のポジション、ただ前にいれば良いと思っていませんか?…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  4. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です

    ダブルスの試合、強くなっていくには何が必要か。せっかくコート上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識する…
  3. リターン

    クロスへの強烈なリターン、をまず消そう
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で…
  5. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう
PAGE TOP