テニス メンタル

テニススクール

千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

何でもそうだと思います。

テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、人生でも。

アドバイスを聞く姿勢は、確かに大事。

でもそれ以上に、アナタ自身がどう動いていくのか、の方が大事です。

 

千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

 

1.テニススクールで200人の生徒を受け持って、感じたこと

15年くらい前に、アルバイトでコーチをしていた頃のこと。

だいたい、生徒さんの人数としては毎週1回、レギュラーで約200人を担当していました。

試合に出ている人もいれば、ただボールを打ちたくて来ている人もいる、もちろんそれがスクールですから。

アドバイスを繰り返していて気付いたのは、当たり前ですけど、やっぱりみなさん「失敗」はしたくないんですよね。

失敗と言っても、ネットを超えないとかアウトするとか、そういう小さいこと。

それすらしたくない、だから何かを変えるようなことが難しい。

「あんまり変わってないな・・・」と思いながらも、生徒さんとラリー出来るのは3分くらいですから、何となくで終わってしまう。

週1回、年で50回くらいでしょうか。

20年続ければ、千回同じようなアドバイスになる。

こういう光景って、どこのレッスンでもあると思うんですよね。

 

2.本気の失敗、本当に怖い?

私は、やってしまった方が良いと思いますよ。

本気の失敗、本当に自分を変えていく失敗。

失うモノ、も確かにあるでしょう。

でもそれって、一瞬です。

何かを変えても、ダメなら戻せば良い。

何かを変えると戻せない、と思い込んでいる人が、テニス界には多いような気がします。

もちろん、戻さないくらいの強い意志で変えることが大前提。

ですが、「ずっと変わらないでいること」の方が、よっぽど怖い。

と、私は思います。

 

3.ほとんどのコーチのアドバイスは、もしかしたら無意味かも

これも、私がコーチ時代に感じたこと、です。

恥ずかしながら、私自身がそうでした。

生徒さんの為を想ってアドバイス、しているつもりが、結局自分の為なんですよね。

スクールの方針、それから当たり障りの無いようなアドバイス、に終始してしまう。

反論されることが怖くて、「もっともらしいこと」を言って逃げるような場面も、たくさんありました。

だからこそ、典型的な効果の無い千回のアドバイス、になっていたように思います。

信頼関係が気付けていない、と感じるような生徒さんとは、距離を保ちたいと思ってしまいがち。

ですので、一概に全て生徒さんが悪い、とも言えない。

キーワードは、「一緒に失敗すること」だと思います。

 

4.コーチだって、自信を持ってアドバイスしている訳じゃない

本当に信頼関係を築けていて、良いアドバイスがしたい。

そう思っていても、なかなか全てのアドバイスが上手くいくとは限らない。

ぜひ、みなさんも「一緒に本気で、失敗する」という覚悟と心意気を持って欲しいんです。

自分一人で失敗する、じゃない。

コーチも一緒に、たくさんチャレンジして失敗する。

こういう姿勢があれば、どんどん上達していけるはず。

「誰かと一緒に、取り組んでいる」と思えば、ちょっとやそっとの失敗ではめげないですから。

一人でやろうとしたら、やっぱり孤独だし無難なテニス、から出たくはなくなる。

もし、アナタ自身が今誰かにテニスを教わっているなら、一緒に出来る本気の失敗、を重ねていって欲しい。

きっとコーチも、望むところだと思いますよ!

 

こういう姿勢は、試合でこそ活きます。

まず、何かが上手くいかない、ということに慌てなくなりますしね。

度胸も付くし、しぶとさも付く。

そして何より、「あんなに苦労して作ってきたショットだから」と、自信と愛着も生まれる。

アナタ自身、ぜひ意識してみて下さい。

きっと練習に対する姿勢から変わる、と思います。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス サイト
  2. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

  3. テニス ガット
  4. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

    最近私もテニススクールに通っていて、改めて思うことがあります。…

  6. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて

    みなさんも、テニススクールでこんなアドバイスを受けたこと、ありません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!
  2. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと
  3. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
  4. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう
PAGE TOP