テニス 調子

テニススクール

「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っているみなさん。

もしかしたら、和気あいあいとしたクラスの中だと少し「浮いた存在」かも知れませんね。

ちょっと気まずい、真剣にやっているのがどうなんだろうと、悩んでいる方もいるでしょう。

ですが、これだけは言えます。

テニススクール、「浮いてなんぼ」です。

試合に勝ちたいなら、和気あいあいに・・・なんて、出来ない。

もちろん、クラスの仲間は尊重し、自分勝手なことはしない、コミュニケーションもしっかり取る。

でも、ネットを挟んでボールを打ち合うなら、そこにしっかり対抗心が無いと。

今回は、あくまでテニススクールで強くなる、試合に勝てる選手になる為に、必要な心構えについてまとめてみました。

 

「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

 

1.打てるボールは300球くらい

これは、球出しからラリー、まで通じて、大体生徒10人でコーチ2人、のクラスでの目安です。

少ないと感じるのか、多いと感じるのか。

その中で、自分の血となり肉となるのが、何球あるのか・・・を、常に考えましょう。

もっと言えば、1回3,000円のレッスンなら、1球10円ですね。

ここまでがめつくいくのもどうかと思いますが、大事なのは「限られた球数」で自分は上達していくんだという意識。

テニスの質を高めて、試合に勝てるようになっていくんだと。

強く決意を持つ、ところから全ては始まります。

試合に強くなるということは、数字や具体的なモノ、に強くなるということ。

ボールを打てる数は300球、試合ではもっと少ないですからね。

本当に全てのボールをコントロールしていく、ことをしっかり実践していきましょう。

 

2.周りの成長に合わせない

同じクラスの仲間、の成長スピードに合わせないこと。

つい、仲の良いクラスになると周りと合わせたくなる、それが人情です。

でも、それではテニスの試合に強くなれない。

周りよりも、一歩でも二歩でも先にいく。

試合形式、ゲーム形式では絶対に負けない、という強い意識を持ちましょう。

切磋琢磨していけるクラスメイト、を早く見つけたい。

もし見つけられなくても、一番のライバルは自分ですよ。

先週の自分、先月の自分を越えていく。

レッスンは週に1回でも、終わる段階では先週の自分を越えていないとダメ。

それくらい強い意志を持って、毎回のレッスンには臨みましょう。

 

3.レッスンも練習も、慣れたら終わり

何となくレッスンが慣れて来る、練習が分かって来ると・・・これは、黄色信号と自覚しましょう。

試合では、全てがハプニングであり非日常。

練習やレッスンに慣れるって、怖いんです。

試合とますますかけ離れていくし、自分の成長を阻害する。

もし、レッスンに慣れたなと感じたら、しっかり自分で「ここは全部、ノーミスでいこう」とミッションを課す。

そして、ラリーでも自分でテーマを設定して、相手を揺さぶる、プレッシャーをかける。

出来るだけ試合に近いこと、をレッスンの中で自分で実践していく。

ただ受け身、になっていると、何でも慣れますよ人は。

テニス選手として、しっかりテニススクールでも成長していくには、自分と戦う意識が何より大事です。

 

4.新しいことにこそ、貪欲であれ

テニススクールでは、通常毎期テーマが設定されるはず。

今週はこれ、今期はこれ、といった感じで、その日その日でテーマがあるはずです。

そこに対して、ぜひ貪欲であって欲しい。

特に、自分にとって新しい技術、アイデアに対してこそ、どんどん飲み込んでいく位の姿勢が欲しいんです。

よく生徒でも、「これは自分は苦手だから」「好きじゃないから」と、選り好みする人がいますよね。

これでは、自分の可能性を狭めているだけ。

試合に勝てない人、成長しない人の典型例です。

せっかくテニススクールでレッスン、を受けている訳ですから。

新しいことにこそ、自分から貪欲に学んでいく姿勢を持ちましょう。

きっと2年、3年経ったころに、こういう部分って大きな差になっていると私は思いますよ。

 

5.狭い範囲でも、最後までボールを追う

テニスは、2バウンドしたら失点。

自分のコートに入ったボールは、最後まで追わないといけません。

でも、テニススクールでは人数も多いし、仕切ってラリーしているときは危ないような場面もありますよね。

この辺りは瞬時の判断、ですが、基本的には絶対に諦めない。

2バウンドして何となく返球、なんて絶対にしない。

普段の練習の癖が、試合でも出ますから、テニスは。

2バウンドを簡単に許しているようでは、試合で絶対に鴨にされますよ。

自分の配球、ポジショニング、しっかり見直していく。

毎回のラリー練習の中でも、自分のミスや失点でなるべく終わらないこと。

こういう小さい積み重ねが、全て大事な試合の現場で起きることになるのですから。

 

6.生徒同士のラリーこそ、真剣勝負

よく、いるんですよ。

コーチとのラリー、でしか頑張らない人。

これって、昔学校で「先生が見ているときしか、頑張れない人」と一緒です。

生徒同士のラリーは全て適当、みたいな人は本来、テニスを学ぶ場にふさわしくない。

だからこそアナタは反面教師として、生徒同士のラリーこそしっかりやる、真剣勝負でミスしない、しっかり自分のテニスを磨くこと。

これって、当たり前のようでなかなか出来ないんですよね。

ネット裏、のような狭い場所でのボレーボレー、もそうですよ。

ただ、ダラダラやっても意味は無い。

しっかり真剣に、お互いの練習にしていかないといけない。

「いや、周りがそういう雰囲気じゃないんですよ」という方も、多いでしょう。

でも、そんな雰囲気もアナタの行動や仕草から、変えていけるかも知れませんよ。

人は本当に真剣な人を目の前にすると、やっぱり何かを感じるもの。

急には難しいかもしれませんが、アナタ自身が変えていくくらいのつもりで、ぜひ生徒同士でも熱いラリー、挑んでみて下さい。

 

7.同じクラスの仲間の変化には、敏感になろう

私は何度も書いてきましたが、試合では観察力が大事。

初対面の相手でも、どういうショットが得意なのか、性格は・・・?という部分を、試合の序盤で把握していかないと勝てない。

このトレーニングって、まずはアナタの一番近いクラスメイトから。

毎週のレッスンの中で、何か気付くことは無いのか?を気にしてみる。

何となくやる気が無さそうな人がいたら、「何かあったのかな?」と考えてみる。

話しかけてみるのも良いと思いますよ。

シューズが新しかったり、ラケットやガットを変えたり、小さい変化を見逃さない。

こういう癖を付けることって、すごく「試合向きな選手」になるということ。

普段一緒にいる仲間の変化を観察出来ていないで、試合で初対面の相手の変化に気付ける訳無いですからね。

繰り返しますが、全ては試合につながっていく。

それがテニスです。

 

8.担当コーチには、本音で接しよう

何も、憶する必要はありません。

アナタの考えが、合っている、間違っているということも無い。

ただ、本気で接して欲しいんです、担当コーチと。

何を考え、何がしたいのか。

そして、試合に勝ちたいんだという想いをしっかり伝える。

そこに、「言葉を選ぶ」必要なんてないと思いますよ。

上手く話そう、伝えようと思わなくて良い。

拙い、ということが、最大の魅力だと思って下さい。

もし私が担当コーチだったら、最高に嬉しいですけどね、そんな話をされたら。

だって自分のことを、本気で信頼して信じてくれようとしている訳じゃないですか。

ほとんどのテニススクールの生徒とコーチは、お互いに何も情熱を持たないままに、離れていく。

せっかくですから、壁をぶち破って欲しい。

そこに必要なのは、少しの勇気と行動力、だけです。

 

9.今いる仲間の中で、まずは一番になる

これがしっかり、イメージ出来るかどうか。

同じクラスのメンバーの仲間、の中でまずは一番になる。

まずはここからです。

「自分の周りには、試合に出ている人も上手い人もいない・・・」と嘆く前に、誰が見てもハッキリ、一番上手くて強い選手になりましょう。

目標が分かり易くて良いじゃないですか。

そして確実にナンバーワンになったら、そのクラスをしっかり離れること。

そして次のステップを、しっかり自分で探して見つけていく。

テニススクールのような「用意された場」から、本当に自分で旅に出るつもりで、環境を探していきましょう。

テニス選手としてのタフさ、は自分自身の行動力でしか養えない、ですからね。

 

10.テニススクールを、否定しない

これは、私の願いでもありあす。

何度か記事で書いている中で、「テニススクールでは、試合に強くなれないんですね」という声も、よく頂きます。

そうじゃない、と思います。

当たり前ですが、要は自分次第。

テニススクールでも、しっかり上達していける人は上達していく。

ただし、テニススクール通いだけ、だと限界があるでしょう。

外での環境も必要でしょうし、新しい環境にチャレンジしていくことも大事。

でも、テニススクール自体ダメなんだ、ということでは決してありません。

アナタ自身が諦めるのは簡単ですけどね。

でも、きっとそういう人は、さっきも書きましたがコーチと本音でコミュニケーション出来ていないんじゃないですか?

勝手に自分で、見切りを付けている。

気持ちは分かります、私もテニススクールなんて・・・と思うことは、あります。

でも、もう一回しっかり自分と向き合いましょう。

今自分がいるスクール、で何が出来るのか。

きっとそうやって自問自答している限り、テニスは強くなるはず。

テニススクール、まだまだ捨てたもんじゃないと私は思いますよ。

 

せっかく、テニスを学ぼうと頑張る場、ですからね。

そこには温度感も実力も、考え方も違う人ばかりでしょう。

でもアナタ自身は、強い意志を持って臨むこと。

色々なモノに疑問の眼を向けつつ、素直な心を持って新しいことを学んでいく。

綺麗ごとかも知れませんが、その意識があればテニススクールに通いながら、試合にも強くなれる。

私はまだまだ、テニススクールの可能性、信じています。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  2. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本です

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  3. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  4. テニス 部活
  5. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと

    たくさんの学生の方から、「将来テニスコーチになりたいです!」という言葉…

  6. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で
  4. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
PAGE TOP