テニス テニススクール

テニススクール

テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強くはなれないかも知れません

テニススクールで腕を磨いている方、社会人の方でも多いと思います。

アナタのコーチ、しっかり自分自身の試合に出ていますか?

「最近出ていないですね・・・」という言葉が聞こえてきたら、黄色信号です。

 

テニススクールのコーチで、「自分が試合に出ていないコーチ」にテニスを習っても、強くはなれないかも知れません

 


 

■レクリエーションでテニスをしたいだけなら、良いかも知れませんが・・・

テニススクールには、様々な人が生徒として集まります。

コーチもまた同様で、試合に出ている人、レッスンを主としている人・・・など様々です。

テニスをするうえで、ある程度打てるようになれば楽しい、という人であれば、正直どんなコーチでも良いでしょう。

でも、アナタは違うはず。

試合に出て、勝ち進みたいと思っているのであれば、コーチは選ぶ必要があるのです。

 

■「試合に出ていない人」は、生の感覚から遠ざかってしまう

どんな選手でも昔の栄光なんて、今はあって無いようなもの。

今現在、試合の現場にいないテニスコーチに、試合で勝ちたいアナタに良いアドバイスが出来る可能性は低いと思います。

試合は生ものであり、遠ざかると感覚が鈍る。

アドバイス自体、試合で勝つということに直結していないものになっているかも知れません。

それくらい、自分が習っているコーチにも厳しい眼を向けてみましょう。

それはアナタ自身に対して、自分を厳しく見つめ直すということになるのです。

 

■テニススクールのコーチには、自ら「試合に出ている、勝ちたい」ことを伝えること

多人数で、全員に対して試合に勝ちましょうというレッスンは難しいし、不可能です。

アナタがすべきは、「私は試合に出て勝ちたい、と思っている」と、しっかり担当コーチに伝えること

勇気が必要です。

「そんな実力じゃないのに・・・」と思われるのが怖いかも知れません。

でもきっと、アナタの気持ちに応えてくれるコーチは身近にいるはず。

この一言を、しっかり勇気を持って振り絞りましょう。

 

言葉は責任感を生みます。

言葉にすることで、アナタ自身が自分に約束することになるのです。

もしかすると、楽しくやるテニスから一転して、制限のある厳しいテニスの指導が始まるかも知れません。

苦しみながら、上達していくのが試合に勝てるテニス。

まずはテニススクールの中でも、コーチとの関係を見つめ直してみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない

    最近改めて、私自身が感じていること。人にアドバイス、どこかで…

  2. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

    皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。アルバイト…

  3. テニス ボレー

    テニススクール

    知っておいて損は無い、私が考える「良いテニススクールの選び方」について

    社会人になって、テニススクールに通ってテニスを続けている方、多いですよ…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導

    以前に、アルバイトでスクールコーチをやっている学生の方から、こんな相談…

  5. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、とい…

  6. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?

    誰かに指導される、テニスレッスン。テニススクールでもそうだと思…

特集記事

  1. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  3. リターン

    リターンで動かすラケットは、30cmでちょうど良い
  4. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩き込んで、拾われてふかしてしまう人は、「チャンス」という言葉と…
PAGE TOP