テニス 予測

テニススクール

テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしていますか?

学生時代の部活やサークルと違い、性別や年齢、立場も色々。

試合に出ている人も、出ていない人もいる。

アルバイトコーチを経験していた方もいると思いますが、私が今回お伝えしたいテーマはこれです。

 

テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

 


 

1.担当テニスコーチの立場になって考えてみる

コーチはテニスを教えるのが仕事。

テニスを通じて、テニススクール自体の経営に貢献しないといけないので、まずは生徒さんの継続が一番。

その中で新規会員を増やしていく、当たり前のことを大事にしています。

そう考えると、アナタに対しての接し方は、「お客様」になる。

レッスンを、今のクラスを継続してもらえるように、を第一に考えての指導になると・・・どこか、物足りなくなるのも当然ですね。

 

2.試合に出ている人は、「脱・お客様」でいこう!

コーチにしっかり、自分の意志を伝えることは大事です。

試合に出ている、勝ちたい、もっと強くなりたいという意志を伝えれば、そこからコーチも意識が変わる。

1対1で教えてもらう時間、少しならレッスン内で確保出来るはず。

ラリー練習の中でも、視点を変えてのアドバイスが急に始まるはずです。

何も新しい指導が始まらない、変わらないようならスクールを変えた方が良い。

試合に出ている人を教えることが出来るって、テニスコーチからしたら最高にやりがいがあるし楽しいことなんですから。

 

3.テニスコーチの力を引き出すのも、アナタ自身です

「試合に出て、勝ちたいんです!」と伝えたときから、テニススクールであってもコーチとの関係は変わります。

変わらないと、おかしい。

そこからは、お互いで一つの方向を向いていく関係になるので、お客様として遠慮はいらない。

若いコーチであれば、実は育てていくのはアナタ自身です。

育てていく、というよりも引き出していく。

試合に出ている選手兼コーチは、自分の感覚をどう伝えようか・・・アナタに必死に考えながら教えてくるでしょう。

アナタをきっかけに、大きくコーチも成長出来るのです。

私自身が、そうやって成長させてもらいました。

 

皆さんからたくさんの質問を頂くたびに、私も毎日力の無さを痛感しています。

勉強しながら、自分の感覚を思い出して言葉にしながら・・・の、試行錯誤の連続です。

誤字脱字、たくさん読みにくい内容もあると思います。

ですが少しでも読んで頂いている方、試合に出て勝ちたいという方がいる限り、私も頑張ります。

テニススクールで頑張っている皆さんも、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう

    みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさ…

  2. テニススクール

    1対n の教育では、強くなれない

    テニスの試合に強くなりたい。指導してもらっているのに、なかなか…

  3. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、卒業していきましょう

    ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。ある程度テ…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です

    最近私もテニススクールに通っていて、改めて思うことがあります。…

  5. テニス シングルス

    テニススクール

    「趣味としてスクールでテニス」も良いけど、部活で頑張りたいその理由について

    今日は初めて、西部ドームに野球観戦に行ってきました。埼玉県にあ…

  6. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  2. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ…
  3. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖
  5. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
PAGE TOP