テニス テニススクール

スマッシュ

後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習でも、「入ったであろうボールに危機感」を持てない生徒は成長しない

皆さんは、テニススクールでこんな経験、無いですか?

コートをネットで仕切って、2/3のコートでボレー対ストロークのような練習、ボレーの選手の後ろにはすぐネット。

「この練習、ロブ無しだな・・・」と勝手に思っていると、それって痛い目に遭う前のサイン。

試合を想定していない、出ていない選手の典型例です。

 

後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習でも、「入ったであろうボールに危機感」を持てない生徒は成長しない

 

■人数が多いクラスでは、ネットで仕切る練習は必要

賛否両論あると思いますが、私はネットで仕切るの賛成派、です。

人数が多いクラスでは、やっぱり球数をある程度確保する為にはネットで仕切って、打てる人数を増やす必要がある。

ですが・・・です。

ネットで仕切ってあるからと言って、「ロブは追わなくて良い」とかそういう問題ではない。

だってそれなら、ネットにド詰めしていれば楽ですからね。

例え後ろをネットで仕切ってあっても、この意識だと試合で勝てない、と思いませんか?

 

■ネットで仕切ってあっても、「ロブをケアする」意識を持つ

もちろん、危険は避けるのを前提、です。

ボレー側の選手は、ネットに詰め過ぎないで、しっかりロブをケア出来るポジションを意識すること。

そして、打った後にポジションを戻して、しっかりつなぐボレーを練習するのが大前提。

ハイボレー、スマッシュだって、打つ。

少しくらい下がって、しっかりロブを処理するイメージを持ちましょう。

後ろにネットがあっても、自分の頭上はしっかり守ること。

「ネットで仕切ってあるから、ロブは無し!」と勝手に決めていると、試合で反応出来なくなりますよ。

 

■テニススクールで上達出来ないのは、アナタの意識が低いから

コーチの技量、生徒のレベル、環境・・・色々、言い訳の要素はありますよね。

ですが、上達出来ないのはアナタの意識が低いから。

仕切られた場所だと、実戦的な練習が出来ない?

確かに完全な実戦形式、は無理ですが、自分が守備すべき範囲はしっかり守る、という意識が大事。

周りのせいにばかりしていても、結局は成長しないです。

 

狭い意識の中で、狙い合う。

人数が多い部活、サークルの中では大事な要素です。

無意識にただ「つなげること」だけになると、テニスの上達は止まる。

この危機感、誰にでも必要。

人数が多い中での練習、のときに再度意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意識が必要です

    スマッシュと言えば、攻撃力!ですが・・・実際の試合では、どうでしょ…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  3. スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

  4. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、いつまで経ってもスマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

    スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーで…

  6. スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス リターン

    サーブ

    「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲーム…
  2. ストローク

    「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?
  3. サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  4. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう…
PAGE TOP