テニス テニススクール

スマッシュ

後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない

皆さんは、テニススクールでこんな経験、無いですか?

コートをネットで仕切って、2/3のコートでボレー対ストロークのような練習、ボレーの選手の後ろにはすぐネット。

「この練習、ロブ無しだな・・・」と勝手に思っていると、それって痛い目に遭う前のサイン。

試合を想定していない、出ていない選手の典型例です。

 

後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない

 


 

1.人数が多いクラスでは、ネットで仕切る練習は必要

賛否両論あると思いますが、私はネットで仕切るの賛成派、です。

人数が多いクラスでは、やっぱり球数をある程度確保する為にはネットで仕切って、打てる人数を増やす必要がある。

ですが・・・です。

ネットで仕切ってあるからと言って、「ロブは追わなくて良い」とかそういう問題ではない。

だってそれなら、ネットにド詰めしていれば楽ですからね。

例え後ろをネットで仕切ってあっても、この意識だと試合で勝てない、と思いませんか?

 

2.ネットで仕切ってあっても、「ロブをケアする」意識を持つ

もちろん、危険は避けるのを前提、です。

ボレー側の選手は、ネットに詰め過ぎないで、しっかりロブをケア出来るポジションを意識すること。

そして、打った後にポジションを戻して、しっかりつなぐボレーを練習するのが大前提。

ハイボレー、スマッシュだって、打つ。

少しくらい下がって、しっかりロブを処理するイメージを持ちましょう。

後ろにネットがあっても、自分の頭上はしっかり守ること。

「ネットで仕切ってあるから、ロブは無し!」と勝手に決めていると、試合で反応出来なくなりますよ。

 

3.テニススクールで上達出来ないのは、アナタの意識が低いから

コーチの技量、生徒のレベル、環境・・・色々、言い訳の要素はありますよね。

ですが、上達出来ないのはアナタの意識が低いから。

仕切られた場所だと、実戦的な練習が出来ない?

確かに完全な実戦形式、は無理ですが、自分が守備すべき範囲はしっかり守る、という意識が大事。

周りのせいにばかりしていても、結局は成長しないです。

 

狭い意識の中で、狙い合う。

人数が多い部活、サークルの中では大事な要素です。

無意識にただ「つなげること」だけになると、テニスの上達は止まる。

この危機感、誰にでも必要。

人数が多い中での練習、のときに再度意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める」決断力が大事です

    プロ野球の外野選手、高く上がったフライの捕球を観ているといつも感じます…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

    スマッシュの決定力は、反応次第。相手のロブにいかに早く気付けて…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる…
  2. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い
  3. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
  4. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
PAGE TOP