テニス 目

その他

「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。

その何気ない風景を、「テニス目線」で見てみたらどう映るでしょうか。

「何を言っているのか、意味が分からない・・・」という方、今回は少し深い話になりますが、ぜひお付き合いください。

 

「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

 


 

■プロ野球中継を観ていて気付いたこと

何年か前に、どうしてもテニスが強くなりたい、試合に勝ちたいともがき続けていた頃がありました。

必死にコートで練習しても、トレーニングしてもなかなか結果の出ない日々が続き、もう頑張るの疲れたな・・・と。

そんなときに、意識が180度変わるような出来事があったのを覚えています。

たまたまテレビで観ていた野球の盗塁のシーンを見て、何かを感じたのです。

「これは、テニスでの前衛のポーチに活かせる!」と、なぜか叫んでしまいました。

野球の盗塁は、ピッチャーの隙をみて次の塁へ進行を試みる、少しギャンブル的な要素もある作戦。

テニスも同じで、相手の心理を読んで隙を突く、もちろんリスクも冒す。

スポーツの世界って、実は共通する上達の鍵やコツがあるんじゃないか・・・と、色々と考えて見るようになりました。

 

■テニスに活かせないモノは、この世に存在しない

スポーツの次は、普段の買い物にもテニス目線を取り入れるようになりました。

試合で勝つ為には、相手の心理を読む必要があります。

「このお店は、どういうお客さんを想定してるのかな・・・」

「買ってもらう為の駆け引き、この店員さんは上手だな・・・」

何てことない部分かも知れませんが、テニスの試合でも共通する部分が多いのです。

ダブルスのペアに気持ち良く動いてもらう、対戦相手には常にイライラしていてもらうことが大切ですよね。

普段の生活の中で、人とどう関わっていくか・・・を、テニス目線を持つことで非常に深く考えられるようになりました。

 

■自分で発見したことは、自分自身の財産になる

テニスとうスポーツは、「テニスコーチ」という言葉が浸透していることもあり、「誰かに教えてもらうもの」という意識が根強いように感じます。

確かに、人から教わることは多くありますし、優秀な指導者の方は数多くいます。

しかし、気付いて欲しいのは、一番のアナタの一番の指導者であり理解者であるのは、アナタ自身だということです。

だだし、それは受け身な姿勢で漠然と毎日を過ごしていたのでは、活躍してくれないのです。

何でもテニス目線を持って、普段の生活から向上心を高めてみるようにしてみて下さい。

電車で向いに座った人がいれば、「この人はテニスをやるとしたら、どんな感じかな・・・」と考えてみる。

仕事の中で工夫した作業があれば、「何かテニスの技術に活かせないかな・・・」と探ってみる。

こういうの、楽しくありませんか?

アナタ自身で発見したことは、きっと試合の中で助けになってくれるはずです。

 

実際にトーナメントを勝ち抜く人は、私がお会いしてきた限り皆さん「工夫が大好き」な方が多いです。

工夫が好きだから、料理や園芸、写真や旅行など、本当に多趣味な人が多い。

テニス以外で感じたことを、またテニスに活かしているような人たちなのです。

ちょっとした視点を変えるだけで、テニスに対して気付くことは増えるはずです。

肩肘を張らずに、少しだけ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想

    綺麗なフォームこそ、上級者の証?いえ、それは「そういう人もいる…

  2. テニス ウェア

    その他

    「テニスウェアは着れれば何でも良い!」と思っていると、社会人になって「痛い人」になります

    特に男性の方は、思い当たる方も多いんじゃないでしょうか。「誰に…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い

    テニスの試合、私はいつも危機感を覚えている。他の競技よりも、試…

  5. テニス セルフジャッジ

    その他

    「打つコースをしっかりコントロールできるテニス」を身に付ける為に必要な練習意識とは?

    テニスをやる人は誰しも、「思ったところにボールをコントロールしたい」と…

  6. その他

    「試合に出続けながら苦しもう」スペインテニス界のトーナメント事情

    スペインのバルセロナで練習していた時、月に3大会ほどのペースで大会に出…

特集記事

  1. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント
  3. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
  4. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  5. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブを、しっかりリターンするコツ5つ
PAGE TOP