その他

「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい目標設定の方法

一年の計は新春にあり。

皆さんもそれぞれ、テニスの目標を立てて今年一年頑張っていこう!という機運になっているんじゃないでしょうか。

私も昔は壮大な目標を立てては挫折し、夏前には「あれ?どんなこと考えてたかな・・・」というのを思い出す始末。

そこで今回は、テニス以外にも活かせる正しい目標設定の立て方について、考えてみましょう。

 

「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい目標設定の方法

 


 

■細かく達成できる目標を、数多く設定

大きな目標も、細かい積み重ねの一歩ずつから。

この小さなステップの達成を繰り返していくことが、アナタ自身の大きな目標に向かっての近道になります。

だからこそ、細かい達成を自分で確認していけるような環境にしておくこと。

例えば腹筋を20回を1週間でも達成できたら、しっかり達成したことを分かるように壁に書いておく、ノートに書いておく。

小さいご褒美を、自分に与えるのも良いと思います。

とにかく積み重ねていける工夫を、アナタ自身眼に見えるように可視化してみて下さい

 

■誰かに勝つ、のでは無く、どう行動するかを具体的に

テニスの目標で陥りがちな間違いが、「○○君に勝つ!」という目標。

もちろん最終的にはライバルや県の上位選手に勝っていかないといけませんが、それは目標とは少し異なります。

あくまで目標は、実行できるかどうか。

その結果として勝敗がある訳で、勝敗から先に目標に落とし込んでしまうと、相手が体調不良でたまたま勝ったり・・・というので、達成という感じにもなってしまいます。

もちろんその勝利も大事な勝利ですが、そこまでのプロセスが一番重要。

継続して、どういう練習をするのか、トレーニングをするのかを一番の大切なポイントとして目標に落とし込みましょう。

 

■成功の法則は、すき間時間に有り!

トレーニングや練習、これ以上増やすのは難しい・・・と考えている人、多いですよね。

そんな人こそ、1日の中ですき間時間を活用しましょう。

電車通学の中で読書する、動画を観る、ノートを見返してイメージトレーニングしてみる。

授業の開始3分前には席に着いて、股関節や腕・指関節のストレッチを行う・・・など、まだまだ出来ることはたくさんあります。

こういった細かい積み重ねは、一番のメンタルトレーニングにもなるのです。

計画的に実行できて1ヶ月が経ったときには、しっかり自分を褒めて何かご褒美をあげてみて下さい。

 

細かい達成癖を付けることで、テニスの上達は測れます。

この積み重ねが、大きな大会での勝利やライバルを打ち負かす為の試金石になるのです。

目標を立てる、ということは「行動指針」を決めて実践していくこと

行動をするかしないかは、アナタ自身で決めることができます。

そして、まずは目標を立てて行動を始めることが出来るかどうか、それもアナタ次第。

さぁ、まずはテニスノートにどんなことを実践できるか、したいか、まとめてみましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ラグビー
  2. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた

    毎日、暑い日が続きますね・・・。本当にみなさん、身体の健康が第…

  3. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点

    漫画「ベイビーステップ」で、改めて見直されている「テニスノート」。…

  4. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

    テニスの試合、大会は、誰もが平等に扱われる真剣勝負。本当に、そ…

  5. その他

    【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。この度、表題の…

  6. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

特集記事

  1. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です
  2. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします
  3. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく
  4. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている
PAGE TOP