テニス ストローク

メンタル

試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。

すごく意識高く、大事なことではありますが、じゃあ「得点していたのは、どういうパターン?」と聞くと、意外と出て来ない。

「あれはたまたま、相手のミスで・・・」という感覚は、絶対に成長につながりません。

ミス一つでも、それはアナタが誘発させている可能性が高い。

他にも、「どうやってポイントを獲ってきたのか?」を客観視して、試合後に振り返ることが出来るようになって欲しい。

そうすれば、良いセルフイメージがどんどん蓄積されていくでしょう。

 

試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

 


 

■試合中に、得点パターンを覚えられてますか?

試合中に、自分のどういうプレーがポイントに繋がっているのか。

それを探りながら、試行錯誤していくのがテニスの試合です。

試合が始まってただ打ち合って、ミスした、エースになった・・・で、何となくポイントが進んでいくような感じになってはいませんか?

「効いた攻撃、決まったポイント」をしっかり自分で言葉にして、頭に留めておくことが大事。

ダブルスであれば、ペアで共有してコミュニケーションを取っていく。

基本的なことですが、つい試合の中では「失点、悪いこと」にだけ、意識を取られがちかも知れません。

 

■試合後の反省は、全て客観的に

試合後の反省は、つい後ろ向きになりがち。

「やっぱり練習不足だな・・・」

「若者には、体力勝負では勝てないな・・・」

という感じで、自分が勝てない理由を並べて、どこか慰めようと必死になっている。

これでは次の試合でも、同じような試合を繰り返すだけ。

自分からどう試合を動かそうとしたのか、ポイントを獲ろうとした作戦は?

その振り返りを忘れていては、成長はありません。

 

■「自分を褒める」ことも、ときには大事

自分を認めて上げる、自分を信じてあげることも、試合に勝つには大事な要素。

否定してばかりでは、自信を無くして当然。

まずは客観的にシンプルに、「こうやったら、結構ポイント獲れていたな・・・」というデータを溜めましょう。

ちょっとしたこと、共通点に気付くはずです。

「やっぱりファーストサーブが入っていたら、キープ出来ていた」

とか、そんなシンプルなことかも知れませんね。

難しい言葉、結論は必要無いのです。

 

自分のテニス、好きですか?

好きな部分はありますか?

全く無い・・・という方は、ちょっと謙遜し過ぎか恥ずかしがり過ぎ。

ぜひ言葉にして、今日寝る前にテニスノートに書いてみて下さい。

きっと成長のヒント、そこにあるはずです。

恥ずかしがらずに・・・さぁ、今すぐ書いてみましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. + POWER CUP について
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  2. テニス 雪

    メンタル

    普通の人がやり辛いと感じる環境で、普通にプレー出来れば勝てる

    タフな試合に、勝ち切れるようになる。それは、対戦相手がタフで粘…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  5. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質

    ぜひ、試合では勝負師になってほしい。これに必要なのは、何かを捨…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    何度やられても、「繰り返す力がある」選手が強い

    テニスの試合では、忍耐力が求められる。自分がこうと決めたこと、…

特集記事

  1. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」って・・・
  2. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない
  3. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  4. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれ…
PAGE TOP