テニス ボレー

サーブ

サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。

このハードルを高めてるのって、「サーブを打って素早く前に走る」こと、だと思います。

確かに、書いているだけで難しそうですよね・・・。

でも、みなさん大丈夫、焦る必要は全くありませんから。

 

サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

 


 

1.まず良いサーブ、が無いと話にならない

サーブ&ボレーも、まずは良いサーブ、が基本。

良いサーブとは、サーブ&ボレーの場合特にコントロールですね。

コースのコントロール、センターかワイドか、くらいはハッキリさせてしっかり狙いたい。

ダブルスなら、パートナーにも共有してありますからね。

コントロールの良いサーブ、をまず打つことに集中する。

前に走り出すのは、その打った後、で充分です。

 

2.打ちながら前、は結果的にそう見えるだけ

でも、上手い人のサーブ&ボレーを見ていると、まるで打ち可ながら前に出ているように見える。

でも、それはあくまで結果論。

トスアップが前、ネットに近いので、打ちながら前への動き出しがスムーズなんですよね。

しっかり打つ、ことが出来たうえで、その余韻で前に走っていく感じでしょう。

それも、走るといっても全力じゃなくて良いはず。

ここが、サーブ&ボレーの肝になる部分ですから。

 

3.全力で走ったら、止まるの難しくない?

と、私は思いますよ。

前に全力で走ったら、止まるのって難しくないですか?

相手がリターンするときにも、前に走っている状態になっては返球が難しいですよね。

だから、言ってしまばジョギングくらいで良いんです。

前に入る、といっても、サービスラインの手前で全然良い。

ここで止まると思えば、そんなに前に必死で走らなくても良い。

全力でサーブを打って、全力で走って、出来るだけ前に入って正確にボレー・・・なんて、超人でもない限り出来ないですよ。

 

4.「足下に打たれたら、どうするの?」のご質問には

確かに、早く止まればネットから距離がある。

当然、足下に打たれるようなケースは増えるでしょう。

でも、長いボレーを打って良いのがファーストボレーですから、焦る必要はありません。

本当の足下、は確かに難しい技術が求められますが、ワンバウンドさせても良いし、ハーフボレーでも長く返すことが出来ればアウトのプレッシャーも少ない。

何より、しっかり止まって良い態勢、で打てれば結構ボレーって返球出来ますよ。

一番多いサーブ&ボレーのミスって、サーブを打ちながらサーブも乱れる、そして焦って前に出るから止まれない、という感じ。

これを無くすだけで、安定感は確実にアップするでしょう。

 

ゆったり、しっかり止まる、無理しない。

もしかしたら、見ている人からすると「手を抜いてるんじゃない?」と思うかもしれませんね。

でも、サーブからファーストボレー、まではそれくらいリラックスしておいて良い。

サーブ&ボレーの並行陣、強い人ってそんな感じじゃないですか?

焦らずにまずは、良いサーブを打つこと。

それから必要最低限の動き、で止まることを意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  3. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります

    ダブルスの試合で、険悪なムードになる。まぁ、サーブが入らないと…

  4. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!

    サーブの指導は難しい。何が難しいって言うと、とりあえず個性的な…

  5. テニス サーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う
  3. テニス ストローク

    ストローク

    今年こそ自分のストロークを「試合で使えるストローク」に変えていく為に、意識したい…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    チャンスボールを叩く、という危険な発想
PAGE TOP