テニス サーブ

サーブ

テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか?

当然セカンドサーブは入らなければ失点になりますから、確率重視。

スピードは少し抑えめだと思いますが、ラケットの振り方自体が大きく変わってしまうと・・・それは調整が難しい。

プロ選手のサーブを観てみると、実はスウィングスピード自体はそんなに差が無い。

「プロ選手だから、出来ることでしょ・・・」と思わず、まずは意識を変えていきましょう。

セカンドサーブこそしっかり振って、回転量をボールに与えていく必要があるのですから。

 

テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

 


 

■同じ動作を繰り返すから、人の動作は安定する

スマートフォンを操作するときに、アナタは「フリック入力」を使っていますか?

パソコンであればブランドタッチ、無意識に使っている方が多いと思います。

これは、「同じ動作を繰り返す」から、難無く実践出来る技能。

サーブにしても、自分でトスを上げてボールを打つ、この動作を繰り返し同じ動作にして安定させたい。

と考えれば、ファーストサーブとセカンドサーブは、ほとんど変えないのが理想なのです。

 

■グリップと打点は変えるけど、スィングスピードは変えない

セカンドサーブでは、多少軌道を山なりにして、回転量を増やします。

スピンでもスライスでも、ラケットをしっかり振って打つことに変わりはありません。

加減しながらセカンドサーブを入れにいく・・・のは、初中級レベルのテニス。

アナタ自身、ステップアップして試合に勝ちたいのなら、しっかり振り切るセカンドサーブ、ファーストサーブとの差を無くしていくことを意識していかないといけません。

変えるのは打点とグリップのみ、です。

 

■薄いグリップで、打点は少し身体の近くに調整する

セカンドサーブでは、ファーストサーブよりもグリップをより薄く握る。

コンチネンタルグリップで打点を少し身体の近く、頭の上から後ろ側に上げて、軌道を山なりにしましょう。

私はいつも、セカンドサーブではボール1個分打点の高さも落とします。

その1個分をしっかり上にこすり上げるようにして打つことで。より多くの回転がかかるように意識しています。

是非、一度皆さんも試してみて下さい。

 

同じ動作を繰り返す、ことが難しいのが試合。

実際に緊張した場面では、セカンドサーブでなかなかラケットを振る切るのが難しくなりますよね。

ストロークしかりボレーしかり、難しくしているのはいつも自分自身。

なるべく毎回、同じような打ち方の繰り返しで練習通りに打てるようにしたい。

その為に、まずは自分のリズムで打てるサーブから、しっかり磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

  2. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう

    試合が怖い、サーブが打ちたくない・・・。ダブルフォルトの恐怖は…

  3. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値

    昨日、学生リーグ戦の試合を観戦して来て、一番感じたこと。上を目…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに自信の無い選手でも、「40-0になったファーストサーブ」では厳しいコースを狙っていこう

    サーブはメンタルが大事・・・。試合に出ている人なら、痛いほど経…

  5. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  6. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽

    試合の中で、相手のボディにサーブを打つ。これ、上を目指す選手…

特集記事

  1. サーブ

    スネをラケットで打ったなら、それは「変えろ」のサイン
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本
  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をか…
  4. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない
PAGE TOP