テニス サーブ

サーブ

テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか?

当然セカンドサーブは入らなければ失点になりますから、確率重視。

スピードは少し抑えめだと思いますが、ラケットの振り方自体が大きく変わってしまうと・・・それは調整が難しい。

プロ選手のサーブを観てみると、実はスウィングスピード自体はそんなに差が無い。

「プロ選手だから、出来ることでしょ・・・」と思わず、まずは意識を変えていきましょう。

セカンドサーブこそしっかり振って、回転量をボールに与えていく必要があるのですから。

 

テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

 


 

■同じ動作を繰り返すから、人の動作は安定する

スマートフォンを操作するときに、アナタは「フリック入力」を使っていますか?

パソコンであればブランドタッチ、無意識に使っている方が多いと思います。

これは、「同じ動作を繰り返す」から、難無く実践出来る技能。

サーブにしても、自分でトスを上げてボールを打つ、この動作を繰り返し同じ動作にして安定させたい。

と考えれば、ファーストサーブとセカンドサーブは、ほとんど変えないのが理想なのです。

 

■グリップと打点は変えるけど、スィングスピードは変えない

セカンドサーブでは、多少軌道を山なりにして、回転量を増やします。

スピンでもスライスでも、ラケットをしっかり振って打つことに変わりはありません。

加減しながらセカンドサーブを入れにいく・・・のは、初中級レベルのテニス。

アナタ自身、ステップアップして試合に勝ちたいのなら、しっかり振り切るセカンドサーブ、ファーストサーブとの差を無くしていくことを意識していかないといけません。

変えるのは打点とグリップのみ、です。

 

■薄いグリップで、打点は少し身体の近くに調整する

セカンドサーブでは、ファーストサーブよりもグリップをより薄く握る。

コンチネンタルグリップで打点を少し身体の近く、頭の上から後ろ側に上げて、軌道を山なりにしましょう。

私はいつも、セカンドサーブではボール1個分打点の高さも落とします。

その1個分をしっかり上にこすり上げるようにして打つことで。より多くの回転がかかるように意識しています。

是非、一度皆さんも試してみて下さい。

 

同じ動作を繰り返す、ことが難しいのが試合。

実際に緊張した場面では、セカンドサーブでなかなかラケットを振る切るのが難しくなりますよね。

ストロークしかりボレーしかり、難しくしているのはいつも自分自身。

なるべく毎回、同じような打ち方の繰り返しで練習通りに打てるようにしたい。

その為に、まずは自分のリズムで打てるサーブから、しっかり磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 走力
  2. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大

    サーブを打つ時に、実力を測るには「下半身の土台」が一つの指標になる。…

  3. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!

    みなさんは、「勝負どころでのサーブ」を持ってますか?サーブの力…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    周りが苦手なことを、「自分も苦手」に決め付けていないか?

    例えば、サーブ。皆さん、の周りにサーブが得意な人、試合で武器に…

  5. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみ…
  2. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
  4. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について
  5. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って
PAGE TOP