テニス 評価

メンタル

試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

試合が始まる前は、やる気に満ち溢れているのに・・・終わってみると、ボロボロの人。

こういう人って、みなさんの周りにも多いと思います。

当然、試合では何が起きるか分からない、だから楽しいし怖くもある。

でも、毎回こんな感じで落ち込んでいるなら、それはちょっと考えないといけない。

目標の立て方、から変えていきたいですね。

 

試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?

 

1.目標は、二重で設定すること

試合の前に、考えて欲しいこと。

私はいつも、これを意識しています。

最低と理想、この2つをしっかり自分の中で設定しておく。

対戦相手のレベルにも寄りますが、例えば「おそらく、勝てるだろう」という相手と対戦するときには、どうでしょう。

最低の目標は、まず勝つこと。

そして理想の目標としては、例えばネットプレーを5回以上得点に結びつける、みたいな感じです。

どんな設定方法、でも良いと思います。

大事なのは、「最低側の目標」を考えておくこと、です。

 

2.強い相手なら、設定も変わる

「勝つのが最低の目標って、厳しいよ」と、思いますよね。

強い相手なら、当然設定も変わって来ます。

私なら、最低の目標は「ポーチに5回以上出る」に設定して、理想は「1ブレイクで勝つこと」のような感じで設定する。

どうでしょう、少しだけ楽になりませんか?

試合前に、目標が「とにかく勝つ!」だけになると、やっぱりしんどいじゃないですか。

この最低限やる目標、を用意しておけば、気負わないで試合に入っていける。

ちょっとした工夫ですが、私はすごく大事だと思いますよ。

 

3.T-PRESSでもし、目標を考えるなら・・・

ちょっと、これについて考えてみました。

私自身、T-PRESSを運営しながら、何を目標にしていくのか。

良い機会ですので、みなさんにもお伝えしておきたいと思います。

T-PRESSの最低限の目標は、みなさんを強くして、テニスの試合に勝てるようになってもらうこと。

でも、それだけじゃない。

理想の目標は、テニスを通じて自己実現を出来る人を増やし、社会問題を解決していきたい。

「テニス一つ、人生にあって良かったな」と思える人を、一人でも多く増やしていきたい。

そのために、試合に出るということは手段でしかないんですよね。

試合に勝つ、ということを経験してもらいながら、理想に近づいていきたい。

壮大かも知れませんが、私は実現出来ること、だと思っています。

 

ちょっと、話が大きくなってしまいましたが・・・。

この二重目標、という考え方は試合でも非常に使えます。

ほとんどの場合、最低限の目標を達成出来れば、それは理想に大きく近づいている、ということ。

ぜひ、意識して準備してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

    何度か書いてきたテーマですので、またか・・・と思う方もいるでしょう。…

  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう

    「メンタルが弱くて、試合で負けている」この意識がある人は、もっ…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に

    テニスの試合って、他のスポーツよりも心理戦、の要素が強いと思う。…

  4. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上

    試合の中で、プレッシャーを感じる。それは、ある意味当然のことな…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い

    テニスの試合、気持ちが昂るのは当たり前。でも、つい昂りが「焦り…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

    3月は節目の時期。それは、学生さんだけじゃない、私たち大人にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    テニス選手なら自分で考えておきたい、「ストロークを飛ばすパワーの種類とその割合」…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
  3. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「俺がやらないと!」と気負ってしまった時点で厳しくなる
  5. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ
PAGE TOP