テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。

でも、どうでしょう・・・シングルスの試合。

実際に、そう簡単に相手はミスしてくれない、ですよね。

1回戦、2回戦、ならアナタの期待通りの展開もあるかも知れません。

でも、3回戦以降は違う。

淡い期待、は持たないに越したことはありません。

 

相手は簡単にミスしない、の精神で試合に入ること

 

1.相手に「ミスして欲しい」という期待、を抱くということ

実際に、どこかで期待してしまう。

ラリーが始まった瞬間に、「先にミスしてくれ・・・」と願っている自分、いませんか?

良いんです、それが人間ですから。

私だって、シングルスの試合では「早くミスしてくれよ・・・」と思ってしまう。

でも、その期待は毎回裏切られる、ことも知っています。

だからこそ、期待はしない。

ミスを引き出すには、時間がかかる、それがテニスですから。

 

2.ミスを引き出すのは、簡単じゃない

相手だって、勝ち進んでいけば試合慣れしている相手。

簡単にミスしてくれるほど、甘くはありません。

でも、こういう相手に勝っていかないといけない、ですからね。

「ミスを引き出すのは、簡単じゃない」ですけど、「簡単じゃないけど、必ず引き出せる」という考え、で挑みましょう。

実際に、試合の中盤から後半、にいかに相手からミスをもらうのか、が試合の勝敗に直結しますから。

考えて欲しいのは、自分から相手にかけるプレッシャーを「重ねていくこと」です。

 

3.相手が考え出してくれたら、ミスの予兆有り!

きっと、シングルスの試合、アナタも経験あると思います。

相手が悩んでいる、ような雰囲気になってくると、ミスがもらえる。

私はいつも、サーブ&ボレーやリターンダッシュ、を入れてまず「最初のタッチ」を迷わせることを意識しています。

相手が前に出て来るのか、後ろでステイしているのか、分からない状態に陥れる。

さらに、前に出て来た後にも、深いボレーだけじゃなくてドロップボレーもいきなり打ってみる、姿勢を見せる。

こういう、二重、三重、のプレーの幅で迷わせていく。

どうでしょう、ここまでやれば強い相手でも考えてミスしてくれる、ように思いませんか?

こういうプレーは、シングルスの試合でこそ、必要なんです。

 

4.相手のミスが少ないなら、それはアナタのプレーが単調だから

シングルスの試合って、どうしても「単調」になりがちなんです。

こうなると、相手も一定のリズムに慣れてミスが減る。

なかなか相手がミスしないのは、アナタ自身のプレーが単調だから、です。

淡い期待を持っているのに、相手がミスしてくれない。

その原因は、アナタ自身にあるでしょう。

きっと、ここに気付かないと、シングルスの試合では勝てないですよ。

 

相手の調子が良いと負ける、悪いと勝てる。

こういう試合、無くしていきましょう。

実力が同じくらいの相手なら、間違いなくミスが少ない選手が勝ちます。

シングルスの試合、期待せずにしっかり準備する。

二重、三重、とプレッシャーを準備しておく。

序盤に相手のミスが少ないからといって、焦らないことですね。

シングルスの試合、今年も頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?

    対戦相手には、色々なタイプがある。とにかくバンバン打ってきて、…

  3. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる

    シングルスの試合、コートは広いようで意外と打つコースは限られている。…

  4. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
  3. テニス ダブルス

    水分補給

    「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!
  4. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
  5. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
PAGE TOP