テニス サーブ

シングルス

シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。

でも、どうでしょう・・・シングルスの試合。

実際に、そう簡単に相手はミスしてくれない、ですよね。

1回戦、2回戦、ならアナタの期待通りの展開もあるかも知れません。

でも、3回戦以降は違う。

淡い期待、は持たないに越したことはありません。

 

相手は簡単にミスしない、の精神で試合に入ること

 

1.相手に「ミスして欲しい」という期待、を抱くということ

実際に、どこかで期待してしまう。

ラリーが始まった瞬間に、「先にミスしてくれ・・・」と願っている自分、いませんか?

良いんです、それが人間ですから。

私だって、シングルスの試合では「早くミスしてくれよ・・・」と思ってしまう。

でも、その期待は毎回裏切られる、ことも知っています。

だからこそ、期待はしない。

ミスを引き出すには、時間がかかる、それがテニスですから。

 

2.ミスを引き出すのは、簡単じゃない

相手だって、勝ち進んでいけば試合慣れしている相手。

簡単にミスしてくれるほど、甘くはありません。

でも、こういう相手に勝っていかないといけない、ですからね。

「ミスを引き出すのは、簡単じゃない」ですけど、「簡単じゃないけど、必ず引き出せる」という考え、で挑みましょう。

実際に、試合の中盤から後半、にいかに相手からミスをもらうのか、が試合の勝敗に直結しますから。

考えて欲しいのは、自分から相手にかけるプレッシャーを「重ねていくこと」です。

 

3.相手が考え出してくれたら、ミスの予兆有り!

きっと、シングルスの試合、アナタも経験あると思います。

相手が悩んでいる、ような雰囲気になってくると、ミスがもらえる。

私はいつも、サーブ&ボレーやリターンダッシュ、を入れてまず「最初のタッチ」を迷わせることを意識しています。

相手が前に出て来るのか、後ろでステイしているのか、分からない状態に陥れる。

さらに、前に出て来た後にも、深いボレーだけじゃなくてドロップボレーもいきなり打ってみる、姿勢を見せる。

こういう、二重、三重、のプレーの幅で迷わせていく。

どうでしょう、ここまでやれば強い相手でも考えてミスしてくれる、ように思いませんか?

こういうプレーは、シングルスの試合でこそ、必要なんです。

 

4.相手のミスが少ないなら、それはアナタのプレーが単調だから

シングルスの試合って、どうしても「単調」になりがちなんです。

こうなると、相手も一定のリズムに慣れてミスが減る。

なかなか相手がミスしないのは、アナタ自身のプレーが単調だから、です。

淡い期待を持っているのに、相手がミスしてくれない。

その原因は、アナタ自身にあるでしょう。

きっと、ここに気付かないと、シングルスの試合では勝てないですよ。

 

相手の調子が良いと負ける、悪いと勝てる。

こういう試合、無くしていきましょう。

実力が同じくらいの相手なら、間違いなくミスが少ない選手が勝ちます。

シングルスの試合、期待せずにしっかり準備する。

二重、三重、とプレッシャーを準備しておく。

序盤に相手のミスが少ないからといって、焦らないことですね。

シングルスの試合、今年も頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  2. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!

    ストロークでの、ダウンザラインへの展開。シングルスでは、不可欠…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

  4. テニス サーブ
  5. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからでも、…

  6. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 食事

    その他

    「常勝テニス部は、ココが違う」細かい部分に出る差は何かを考える
  2. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  3. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです
  4. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
PAGE TOP