テニス メンタル

ストローク

ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。

よくあるケース、ですよね。

こういう時には、速いテイクバックが一番有効ですが、もう少し突っ込んで変えてみるのも有りです。

ラケットの先、ラケットヘッドを意識して速くテイクバック、してみましょう。

きっと、自然とコンパクトなストロークに戻せると思いますよ。

 

ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

 

1.男性にありがちな、力で対抗しようとする愚行

私も経験、あります。

相手のストロークに押され出すと、負けまいとより力が入る。

速くテイクバックしているつもりでも、ボールが深いし、力んでいるから結局ミスが増えてばかり。

こういう時には、一旦冷静になりましょう。

コンパクトなストロークに変えていくには、ラケットの先、ラケットヘッドから後ろにテイクバック。

そして、早めにラケットダウンしてボールの下にラケットを入れる。

こうすれば、スピン回転で振り遅れることは無いはず。

一番まずいのは、肘からテイクバックしている時、ですね。

 

2.肘からテイクバック、危険です

特に速いラリー戦になったら、なかなか対抗できないでしょう。

ゆったりしたボールを打つ時には、多少誤魔化しが効きますけどね。

肘から引いてラケットを前に残した状態、から素早く振っていくストロークは、危険です。

男性で結構この打ち方、が多いような気がします・・・往年の名選手、サンプラス選手のフォアハンドのイメージが強いせいかも知れません。

まずは、シンプルにラケットヘッドから引いてみる。

そうすると、自然とグリップはあまり後ろにいかない、身体の横に残ると思いませんか?

 

3.グリップ位置までテイクバックしてしまうと、振り遅れる

自分のラケットを握る手、グリップ。

これが後ろにいってしまうと、もう手遅れです。

速いラリーには、到底ついていけないでしょう。

自分のグリップは、引き過ぎない。

そう意識すれば、自然とラケットの先から後ろに引く、シンプルな形になっていくはずです。

試合の現場、でこれが出来るかどうか。

アナタの勇気、が試されていると思って下さい。

 

4.力には技で対抗する、ことで勝機が見えて来る

これは絶対に、そうです。

私の経験上、力がある相手にパワーで対抗しようと思ってもミスするだけ。

下手したら、怪我します。

速い準備、グリップを前に残してラケットヘッドから引いて早めにラケットダウン、スピンで対抗する。

言葉で書くと難しそうですが、ゆっくり素振りしてみて下さい。

きっと、相手のパワーショットにも対抗出来るイメージが湧いてくるはず。

ボレーヤーを相手にした時、にも使える基本テクニックですからね。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

 

まずは、焦らないことです。

相手がどんなに押し込んで来ても、そこで何かを変えて対抗する。

シングルスの試合なら、自分一人で気付かないと試合はどんどん進んでいきますからね。

きっと、アナタなら大丈夫。

頭をパッと整理出来るように、事前に準備して試合に臨みましょう!

■ウェイトボールを使った素振り、が効果的です!

 

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

    どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミング」を合わせてみよ…

    「早く準備すること」を第一に考えていても、リズムが取れなくて良いストロ…

  3. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人が多い

    社会人からテニスを始めた人、に多いのがこの傾向。安定したストロ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?

    ストロークのバックハンドを両手で打っている人、男性でも女性でも多いと思…

  5. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認

    シングルスでもダブルスでも、高い軌道のストロークのつなぎ合いはよくある…

  6. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使えるようになる!

    ストロークでトップスピンを打つときのラケット面、どのくらい下を向けてい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に
  3. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!…
  5. その他

    テニスの試合は、「総得点数」で劣っても勝てるという事実に目を向けよう
PAGE TOP