テニス メンタル

ストローク

ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

試合の中で、ストロークで押され始めて、焦ってしまう。

よくあるケース、ですよね。

こういう時には、速いテイクバックが一番有効ですが、もう少し突っ込んで変えてみるのも有りです。

ラケットの先、ラケットヘッドを意識して速くテイクバック、してみましょう。

きっと、自然とコンパクトなストロークに戻せると思いますよ。

 

ストローク戦で振り遅れが目立つ時には、ラケットヘッドからのテイクバックに変えてみよう

 

1.男性にありがちな、力で対抗しようとする愚行

私も経験、あります。

相手のストロークに押され出すと、負けまいとより力が入る。

速くテイクバックしているつもりでも、ボールが深いし、力んでいるから結局ミスが増えてばかり。

こういう時には、一旦冷静になりましょう。

コンパクトなストロークに変えていくには、ラケットの先、ラケットヘッドから後ろにテイクバック。

そして、早めにラケットダウンしてボールの下にラケットを入れる。

こうすれば、スピン回転で振り遅れることは無いはず。

一番まずいのは、肘からテイクバックしている時、ですね。

 

2.肘からテイクバック、危険です

特に速いラリー戦になったら、なかなか対抗できないでしょう。

ゆったりしたボールを打つ時には、多少誤魔化しが効きますけどね。

肘から引いてラケットを前に残した状態、から素早く振っていくストロークは、危険です。

男性で結構この打ち方、が多いような気がします・・・往年の名選手、サンプラス選手のフォアハンドのイメージが強いせいかも知れません。

まずは、シンプルにラケットヘッドから引いてみる。

そうすると、自然とグリップはあまり後ろにいかない、身体の横に残ると思いませんか?

 

3.グリップ位置までテイクバックしてしまうと、振り遅れる

自分のラケットを握る手、グリップ。

これが後ろにいってしまうと、もう手遅れです。

速いラリーには、到底ついていけないでしょう。

自分のグリップは、引き過ぎない。

そう意識すれば、自然とラケットの先から後ろに引く、シンプルな形になっていくはずです。

試合の現場、でこれが出来るかどうか。

アナタの勇気、が試されていると思って下さい。

 

4.力には技で対抗する、ことで勝機が見えて来る

これは絶対に、そうです。

私の経験上、力がある相手にパワーで対抗しようと思ってもミスするだけ。

下手したら、怪我します。

速い準備、グリップを前に残してラケットヘッドから引いて早めにラケットダウン、スピンで対抗する。

言葉で書くと難しそうですが、ゆっくり素振りしてみて下さい。

きっと、相手のパワーショットにも対抗出来るイメージが湧いてくるはず。

ボレーヤーを相手にした時、にも使える基本テクニックですからね。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

 

まずは、焦らないことです。

相手がどんなに押し込んで来ても、そこで何かを変えて対抗する。

シングルスの試合なら、自分一人で気付かないと試合はどんどん進んでいきますからね。

きっと、アナタなら大丈夫。

頭をパッと整理出来るように、事前に準備して試合に臨みましょう!

■ウェイトボールを使った素振り、が効果的です!

 

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスをしっかり浅い場所に角度を付けて打てる、ようになれば上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打っ…

  3. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  4. テニス リターン
  5. テニス スライス
  6. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

    ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?多いと思う…

特集記事

  1. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール
  2. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    練習中から「しんどいアピール」、試合中もそのアピールは続いていく
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブの練習量、絶対的に足りないのは明らか
PAGE TOP