テニス ストローク

ストローク

速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始めよう

相手のストロークが鋭い、なかなか付いていけない。

そんなときに意識したいのは・・・何ですか?

無理やり焦っても、テニスはどんどんポイントが進行していく。

事前に策を持っておかないと、あっという間に試合は終わってしまいますよ。

 

速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始めよう

1.ベースライン1歩下がって、少しフォアハンド側を空ける

まず、ポジションを調整しましょう。

ベースラインより少し下がって、バックハンドをケアするようにしてフォアハンドを空ける。

基本ですね・・・やはりバックハンドはリーチが短い、狙われやすいので、ポジショニングからケアしていく必要があります。

そして、しっかり相手が打つ瞬間にはスプリットステップで「着地」しているように。

相手が打つときに飛び上がる、ではもう遅い。

試合で強い相手はストロークのタイミングも速い。

スプリットステップは、少し速めに着地する、くらいの感覚でいきましょう!

 

2.相手の「得意コース」は必ずある、と自覚しよう

テニスは、どこにでも打てるボールって実は少ない。

そして、相手には必ず得意なコースがある、ということを自覚しましょう。

この自覚があれば観察にも意欲が湧く。

相手も同じ大会に出ている、同じ選手。

フォアハンドのストレート、クロス、バックハンドのストレート、クロス、この4パターンはどこかに偏る傾向がある。

そこを見抜いて予測する、ことで突破口が見えるはずです。

 

3.相手を「気持ち良く打たせない為に、出来ること」から考える

焦って自分も「攻撃しないと!」となるのが、一番危険。

まずは相手に、崩れてもらう、調子を乱してもらうことを考えて、攻撃はその後で良い。

打点を低くする、前に引っ張り出す、ムーンボールをバックハンド側に送ってみる。

ほとんどの選手は、この3パターンくらいでストロークのリズムを崩してくれるでしょう。

そもそも、ストロークのラリーで付いていけていないのは、「アナタ自身の返球スピードも速過ぎる」ことがほとんど。

自分が振り回されているのに、「えいや!」と速いショットを打って相手を助けてはいませんか?

自分の試合の動画、一度見返してみると良いでしょう。

 

相手に振り回されている・・・ようで、実は自分が相手を助けていることは多い。

最後に書きましたが、戻れないのはアナタが打つボールが速過ぎて、自分のフットワークが追い付いていないから。

ペースを戻すのには、遅いボール、スライスやムーンボールが絶対に必要です。

 

今回のまとめ

ポジショニングと返球スピードで、ストロークのラリーはペースを調整しよう!

 

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. ストローク

    精度の高いドロップショットは、ココが違う

    試合でドロップショットを使っていくとき、その精度も大事になる。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為のポイント4つ

    両手バックハンドストロークに悩んでいる方、この冬にしっかり練習して来年…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり

    左利きの方なら、右手、ですね。とにかく、ラケットを持っていない…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「踏み込む着地は、かかとから」安定したストロークを身に付ける!

    ボールを打つのはラケットだけど、パワーを生むのは足である。腕力…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試合で使おう!

    最近は男女共に日本チームが活躍している、世界卓球の試合を観ている方、た…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」がまだまだ高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

特集記事

  1. サーブ

    ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回の…
  2. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブに力が無くてもキープに導く、前衛の心得5つ
  4. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は…
PAGE TOP