テニス ストローク

ストローク

速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始めよう

相手のストロークが鋭い、なかなか付いていけない。

そんなときに意識したいのは・・・何ですか?

無理やり焦っても、テニスはどんどんポイントが進行していく。

事前に策を持っておかないと、あっという間に試合は終わってしまいますよ。

 

速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始めよう

ベースライン1歩下がって、少しフォアハンド側を空ける

まず、ポジションを調整しましょう。

ベースラインより少し下がって、バックハンドをケアするようにしてフォアハンドを空ける。

基本ですね・・・やはりバックハンドはリーチが短い、狙われやすいので、ポジショニングからケアしていく必要があります。

そして、しっかり相手が打つ瞬間にはスプリットステップで「着地」しているように。

相手が打つときに飛び上がる、ではもう遅い。

試合で強い相手はストロークのタイミングも速い。

スプリットステップは、少し速めに着地する、くらいの感覚でいきましょう!

 

相手の「得意コース」は必ずある、と自覚しよう

テニスは、どこにでも打てるボールって実は少ない。

そして、相手には必ず得意なコースがある、ということを自覚しましょう。

この自覚があれば観察にも意欲が湧く。

相手も同じ大会に出ている、同じ選手。

フォアハンドのストレート、クロス、バックハンドのストレート、クロス、この4パターンはどこかに偏る傾向がある。

そこを見抜いて予測する、ことで突破口が見えるはずです。

 

相手を「気持ち良く打たせない為に、出来ること」から考える

焦って自分も「攻撃しないと!」となるのが、一番危険。

まずは相手に、崩れてもらう、調子を乱してもらうことを考えて、攻撃はその後で良い。

打点を低くする、前に引っ張り出す、ムーンボールをバックハンド側に送ってみる。

ほとんどの選手は、この3パターンくらいでストロークのリズムを崩してくれるでしょう。

そもそも、ストロークのラリーで付いていけていないのは、「アナタ自身の返球スピードも速過ぎる」ことがほとんど。

自分が振り回されているのに、「えいや!」と速いショットを打って相手を助けてはいませんか?

自分の試合の動画、一度見返してみると良いでしょう。

 

相手に振り回されている・・・ようで、実は自分が相手を助けていることは多い。

最後に書きましたが、戻れないのはアナタが打つボールが速過ぎて、自分のフットワークが追い付いていないから。

ペースを戻すのには、遅いボール、スライスやムーンボールが絶対に必要です。

 

今回のまとめ

ポジショニングと返球スピードで、ストロークのラリーはペースを調整しよう!

 

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント

    テニスコートは長方形で、ネットはセンターが低い。だからこそ、シ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをストロークで足元に沈めるのは、技術的に難しい

    ダブルスの試合では特に、相手の足元にストロークを沈める機会が多い。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「相手が浅いボールを拾う時」、それはつないで来る可能性が大!

    浅いボールの処理、テニスの試合では実力が一番現れると言っても良いでしょ…

特集記事

  1. テニス
  2. テニス フットワーク
  3. テニス
  4. テニス トレーニング
  5. テニス 防寒
  1. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない
  2. ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識し…
  3. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に
  4. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスでは、「ラケットとボールが喧嘩しない柔らかさ」を意識していけばタッチが良く…
  5. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?
PAGE TOP