テニス ストローク

ストローク

「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。

トッププロ選手のバックハンドストロークは、その展開力にも優れ強力なダウンザラインでエースも獲れる。

ですが、実際に一般プレイヤー、特に社会人からテニスを始めた方にはダウンザラインへのストロークの展開を苦手にしている方も多いようです。

ちょっとしたコツを掴めば、両手の良さを活かしたバックハンドストロークが身に付きます。

 

「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

 


 

1.「細かいフットワーク」を駆使してしっかりボールの後ろに入る

両手のストロークはリーチが短い。

だからこそ、細かいフットワークと早い準備は必須事項になります。

早くボールの後ろに入り、構えを相手に見せることでコースを隠して相手を惑わすことが大切。

意識して早く、ラケットを引いた状態でボールの後ろに入るようにしましょう。

 

2.「身体の開きを抑える為」に、必ず打点に目線を1.0秒残す

ダウンザラインへのショットは、ネットも高くつい打ったボールを気にして目線を早く前に移しがち。

ここはしっかり我慢して、打った後にボールを見ない=打点に目線を残すようにしましょう。

しっかりと、1.0秒、自分の中で時間を持つようにしてください。

「次の準備をしなきゃ!」と思った方、その通りです。

ですがまずフォームをしっかり固める為には、「バランスの良い打ち終わり」を身に付ける必要があります。

 

3.「今、自分が打っている位置」を正確に把握する

シングルスならシングルスのサイドライン、ダブルスならダブルスのサイドラインより内側にいるのか、外側にいるのか。

それによって打つコースが逆クロス気味にもなるケースもあります。

ダウンザライン=必ずベースラインと垂直な直線、ではないのです。

初中級者の方は、とにかく逆クロスの方向(右利きのバックハンドであれば左方向)にいかないように、少し甘くクロス気味に入っても最初はOK。

狙い過ぎてのサイドアウトのミスはもったいないので、注意しましょう。

 

4.「打点を落とさない」で、ライジングショットが打てるとより効果的

錦織選手の得意ショット、ダウンザライン方向へのバックハンドのライジングショット。

これは難しい技術ですが、アナタがテニスの試合で勝ちたいのであれば、身に付けておくべきショットです。

左利きのサーブのリターンにも有効ですし、早いタイミングで捕えることで、相手から時間を奪ってエースにすることができます。

決して、パワーは必要ありません。

高い打点で、しっかりと前で捕えることを意識して練習しましょう。

 

ストロークのラリーを展開するうえで大切なのは、「ストレートアピール」です。

クロスラリーをしていても、「いつかストレートに打って来そうだな・・・」という空気を、相手に感じさせること。

強い対戦相手から、そんな雰囲気を感じたことはありませんか?

しっかり練習してこの「ストレートへの展開アピール」ができるようになると、面白いことにクロスラリーでも相手が警戒することで主導権を握りやすくなります。

もちろん、アピールだけではなく、実際に打ててこそ相手にダメージを与えられるショット。

試合で勝ちたいなら、必須のこのダウンザラインの武器を磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合でストロークを置きにいってしまう人は、「打点をなるべく身体から離してみる」と修正が効く

    どんなボールスポーツでも、「置きにいく」という言葉がある。緊張…

  2. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫!

    強い相手と対戦すると、前後左右に走る機会が多くなる。もはやこれ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。…

  4. テニス シングルス

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、「どこかスウィングの途中で調整」しようとしている人が多い

    社会人からテニスを始めた人、に多いのがこの傾向。安定したストロ…

  5. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく

    「これからトレーニングを頑張ります!」そう言ってきた高校生の選…

  6. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる
  3. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げ…
PAGE TOP