テニス ストローク

ストローク

「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。

トッププロ選手のバックハンドストロークは、その展開力にも優れ強力なダウンザラインでエースも獲れる。

ですが、実際に一般プレイヤー、特に社会人からテニスを始めた方にはダウンザラインへのストロークの展開を苦手にしている方も多いようです。

ちょっとしたコツを掴めば、両手の良さを活かしたバックハンドストロークが身に付きます。

 

「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

 


 

1.「細かいフットワーク」を駆使してしっかりボールの後ろに入る

両手のストロークはリーチが短い。

だからこそ、細かいフットワークと早い準備は必須事項になります。

早くボールの後ろに入り、構えを相手に見せることでコースを隠して相手を惑わすことが大切。

意識して早く、ラケットを引いた状態でボールの後ろに入るようにしましょう。

 

2.「身体の開きを抑える為」に、必ず打点に目線を1.0秒残す

ダウンザラインへのショットは、ネットも高くつい打ったボールを気にして目線を早く前に移しがち。

ここはしっかり我慢して、打った後にボールを見ない=打点に目線を残すようにしましょう。

しっかりと、1.0秒、自分の中で時間を持つようにしてください。

「次の準備をしなきゃ!」と思った方、その通りです。

ですがまずフォームをしっかり固める為には、「バランスの良い打ち終わり」を身に付ける必要があります。

 

3.「今、自分が打っている位置」を正確に把握する

シングルスならシングルスのサイドライン、ダブルスならダブルスのサイドラインより内側にいるのか、外側にいるのか。

それによって打つコースが逆クロス気味にもなるケースもあります。

ダウンザライン=必ずベースラインと垂直な直線、ではないのです。

初中級者の方は、とにかく逆クロスの方向(右利きのバックハンドであれば左方向)にいかないように、少し甘くクロス気味に入っても最初はOK。

狙い過ぎてのサイドアウトのミスはもったいないので、注意しましょう。

 

4.「打点を落とさない」で、ライジングショットが打てるとより効果的

錦織選手の得意ショット、ダウンザライン方向へのバックハンドのライジングショット。

これは難しい技術ですが、アナタがテニスの試合で勝ちたいのであれば、身に付けておくべきショットです。

左利きのサーブのリターンにも有効ですし、早いタイミングで捕えることで、相手から時間を奪ってエースにすることができます。

決して、パワーは必要ありません。

高い打点で、しっかりと前で捕えることを意識して練習しましょう。

 

ストロークのラリーを展開するうえで大切なのは、「ストレートアピール」です。

クロスラリーをしていても、「いつかストレートに打って来そうだな・・・」という空気を、相手に感じさせること。

強い対戦相手から、そんな雰囲気を感じたことはありませんか?

しっかり練習してこの「ストレートへの展開アピール」ができるようになると、面白いことにクロスラリーでも相手が警戒することで主導権を握りやすくなります。

もちろん、アピールだけではなく、実際に打ててこそ相手にダメージを与えられるショット。

試合で勝ちたいなら、必須のこのダウンザラインの武器を磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆

    私がつい最近、改めて感じた事。試合の中で崩れていく・・・ときの…

  2. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから

    テニスを始めたばかりのころは、楽しくて仕方なかったフォアハンドストロー…

  3. ストローク

    走らせ甘いボールを引き出す、決める

    甘いボールを引き出して、決める。テニスの試合は、攻撃は基本これ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器になる!

    ストロークにおけるアナタの武器、何ですか?私は昔から、フォアハ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークが弱過ぎる・・・と悩む、女性やシニアのみなさんへ

    ストローク力を高めたい。でも、なかなか身体を大きく使って打てな…

  6. ストローク

    浅いボールの打ち込みも、軌道は山なり

    試合で浅いボールを、相手コートに打ち込んでいく。この何気ない…

特集記事

  1. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スピン回転のスマッシュ」を覚えておくと、厳しい態勢からでもラケッ…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    真のダブルスペアなら、「1回や2回の失敗」で絶対にくじけてはいけない
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない
  5. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法
PAGE TOP